龐悳(ほうとく。龐徳)

【この記事をシェアする】

【姓名】 龐悳(ほうとく) 【あざな】 令明(れいめい)

【原籍】 南安郡(なんあんぐん)狟道県(かんどうけん)

【生没】 ?~219年(?歳)

【吉川】 第182話で初登場。
【演義】 第058回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・龐悳伝』あり。

あくまで劉備(りゅうび)には降らず、曹操(そうそう)への忠義を全う

父母ともに不詳。息子の龐会(ほうかい)は跡継ぎで、ほかにも多くの息子がいたことがうかがえる。

龐悳は若いころ郡吏となり、のち州の「従事(じゅうじ)」に転じた。初平(しょへい)年間(190~193年)、馬騰(ばとう)に付き従い、反乱を起こした羌族(きょうぞく)や氐族(ていぞく)を討伐。たびたび戦功を立てて昇進を重ね「校尉(こうい)」となった。

202年、曹操が黎陽(れいよう)の袁譚(えんたん)と袁尚(えんしょう)を攻撃すると、袁譚は郭援(かくえん)や高幹(こうかん)らを遣り、河東(かとう)を攻略しようとした。

これを受け曹操は、鍾繇(しょうよう)に関中(かんちゅう)の諸将をひきいて迎撃させる。龐悳は馬超(ばちょう)に付き従い、平陽(へいよう)で敵を防いだ。このとき龐悳は先鋒を務めて敵を散々に討ち破り、自ら郭援の首を斬る。功により「中郎将(ちゅうろうしょう)」に任ぜられ「都亭侯(とていこう)」に封ぜられた。

のち黄巾(こうきん)の張白騎(ちょうはくき)が弘農(こうのう)で反乱を起こすと、龐悳は再び馬騰に付き従い討伐にあたり、東西の殽山(こうざん)の間で撃破した。戦うたびに敵陣を陥れ、その武勇は馬騰の軍中でも第一だったという。

208年、馬騰が朝廷に召されて「衛尉(えいい)」となると、そのまま龐悳は槐里(かいり)にとどまり馬超に仕える。

211年、曹操が渭南(いなん)で馬超を討ち破ると、龐悳は馬超とともに漢陽(かんよう)へ逃げ込み、冀城(きじょう)に立てこもった。

214年、馬超に付き従い漢中(かんちゅう)へ逃げ、張魯(ちょうろ)に属した。この年、馬超は成都(せいと)で劉璋(りゅうしょう)を包囲していた劉備のもとへ奔ったが、龐悳は一緒に行けなかった。

翌215年、曹操が漢中を平定すると、龐悳は配下の軍勢とともに降伏。曹操は平素から彼の武勇について聞いていたため、「立義将軍(りつぎしょうぐん)」に任じ「関門亭侯(かんもんていこう)」に封ずる。封邑(ほうゆう)は300戸だった。

218年、侯音(こうおん)と衛開(えいかい)らが宛(えん)で反乱を起こすと、翌219年、龐悳は曹仁(そうじん)とともに宛を攻め落とし、ふたりを斬る。そのまま南下して樊(はん)に駐屯し、劉備配下の関羽(かんう)と対峙(たいじ)した。

樊の諸将は、兄(従兄)の龐柔(ほうじゅう)が劉備に仕えていたことから、龐悳に大きな疑いを抱く。

だが、いつも龐悳は言っていた。

「私は国恩をお受けしているので、道義から言っても死を捧げねばならない。だから私自身で関羽をたたくつもりである。今年、私が関羽を殺さなければ、関羽が私を殺すに違いない」

のち言葉どおり自ら関羽と戦い、彼の額に矢を命中させる。龐悳は常に白馬を用いたので、関羽軍から「白馬将軍」と称されて恐れられたという。

次いで曹仁の命を受け、龐悳は樊の北10里(り)に駐屯する。ちょうど10余日にわたって雨が降り続き、急に漢水(かんすい)が氾濫した。樊では平地に5、6丈(じょう)も水がたまり、龐悳も諸将と水を避け堤に上がる。

そのへ関羽が船を出して攻撃をかけ、四方から堤に向かい矢を射させた。龐悳は鎧(よろい)を着け、弓を手に反撃したが、無駄矢を射ることはない。将軍の董衡(とうこう)や部隊長の董超(とうちょう)らが降伏しようとすると、みな捕らえて斬り捨てた。

夜明けから力戦を続け、やがて日が傾き始める。いよいよ関羽の攻撃は激しく、矢が尽きると剣をもっての白兵戦へ移行した。

龐悳は督将(とくしょう)の成何(せいか)に言った。

「良将は死を恐れいい加減に生き延びようとはせず、烈士は節義を失ってまで生を求めないと聞いている。今日こそ私が死ぬ日なのだ!」

ますます彼の意気は盛んだったが、水勢が増してくると軍吏や兵はみな降伏してしまう。

龐悳は配下の部将ひとりと五伯(ごはく。班長)ふたりとともに、弓に矢をつがえ、小舟に乗って曹仁の軍営へ帰ろうとする。しかし小舟が転覆し、龐悳は弓矢を失った。

ただひとり舟底を抱いて水中にいるところ、ついに捕らえられる。龐悳は関羽の前に引き据えられてもひざまずかず、あくまで降伏を拒んで処刑された。曹操は話を聞いて涙を流し、彼の息子ふたりを「列侯(れっこう)」に封ずる。

220年、曹丕(そうひ)が「魏王(ぎおう)」を継ぐと、龐悳の墓に使者を遣わし「壮侯(そうこう)」の諡号(しごう)を追贈。さらに息子の龐会ら4人を「関内侯(かんだいこう)」に封じ、それぞれの封邑を100戸とした。

管理人「かぶらがわ」より

馬騰と馬超を経て張魯、そして曹操と。各地の群雄のもとを渡り歩いて戦い続けた龐悳ですが、特に曹操への忠義の尽くし方が激烈でした。よほど恩を感じていたのでしょうね。

関羽に降ったことで、それまでの評価が一変してしまったのが于禁(うきん)なら、龐悳は降らなかったことで、その名を歴史にとどめたと言えましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】