全尚(ぜんしょう)

【姓名】 全尚(ぜんしょう) 【あざな】 ?

【原籍】 呉郡(ごぐん)銭唐県(せんとうけん)

【生没】 ?~258年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第113回で初登場。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク

落日の一族にとどめを刺した失言

父母ともに不詳。全琮(ぜんそう)とは同族。妻は孫峻(そんしゅん)の姉の孫氏(そんし)。全紀(ぜんき)という息子がおり、娘の全氏は孫亮(そんりょう)の皇后(こうごう)となった。

252年、孫亮の即位に伴い娘の全氏が皇后に立てられると、全尚も城門校尉(じょうもんこうい)に任ぜられ都亭侯(とていこう)に封ぜられた。

その後、全尚は滕胤(とういん)に代わって太常(たいじょう)・衛将軍(えいしょうぐん)に任ぜられ永平侯(えいへいこう)に爵位が進み、録尚書事(ろくしょうしょじ)となる。

このころ全氏一族から侯に封ぜられた者が5人も出て、それぞれ兵馬を預かり、ほかの者も侍郎(じろう)や騎都尉(きとい)として孫亮の側近の地位を占める。呉の建国以来、これほどの勢力を誇った外戚は例がなかった。

しかし257年、魏(ぎ)の諸葛誕(しょかつたん)が寿春(じゅしゅん)で反乱を起こすと、諸葛誕の要請を受け呉の援軍として派遣されていた全懌(ぜんえき)・全端(ぜんたん)・全禕(ぜんい)・全儀(ぜんぎ)らが魏に投降する。

また、全熙(ぜんき)も陰謀が漏れたため殺害され、こうしたことから全氏一族は衰亡へ向かうことになった。

翌258年、孫亮は孫綝(そんりん)の専横が目に余るとし、全尚や黄門侍郎(こうもんじろう)の全紀、将軍の劉丞(りゅうじょう。劉承〈りゅうしょう〉と同一人物か?)とともに、孫綝を誅殺するため密議した。

ところが(息子の全紀から孫亮の意向を聞いたともいう)全尚がこの話をうっかり妻の孫氏に漏らすと、孫氏は同族である孫綝に危険が迫っていることを伝えてしまう。

先手を打った孫綝は自ら兵士をひきいて全尚を捕らえ、別に弟で武衛将軍(ぶえいしょうぐん)の孫恩(そんおん)に命じ、蒼龍門(そうりょうもん)の外で劉丞を攻め殺す。

そのうえで宮門に大臣たちを呼び集めると、孫亮を退位させ会稽王(かいけいおう)とする旨を一方的に宣言した。

孫亮と皇后の全氏は会稽へ護送され、全尚は一族とともに零陵(れいりょう)に強制移住させられたが、全尚のほうはこの年のうちに殺害されたという。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫亮伝)と『三国志』(呉書・孫亮全夫人伝〈そんりょうぜんふじんでん〉)、および『三国志』(呉書・孫綝伝)とその裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く虞溥(ぐふ)の『江表伝(こうひょうでん)』によるものです。

257年の諸葛誕がらみの一件で全氏一族の勢いはだいぶ衰えていましたが、翌258年に全尚が孫亮の密謀を妻に話してしまったのは大失態ですよね。このことが原因で孫亮のみならず、息子の全紀の命まで縮めることになってしまいましたから……。

2年後の260年、孫亮は会稽郡に広まった流言がもとで会稽王から候官侯(こうかんこう)に位を貶(おと)され、任地へ向かう途上で自殺(異説もある)してしまいますが、妻の全氏は候官で暮らし続け、280年に晋(しん)によって呉が平定されたあと内地へ戻り、永寧(えいねい)年間(301~302年)に亡くなったということです。

このあたりの経緯については、孫亮の個別記事全氏の個別記事もご覧ください。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました