孫亮(そんりょう)

【姓名】 孫亮(そんりょう) 【あざな】 子明(しめい)

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 243~260年(18歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第108回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・孫亮伝』あり。

呉(ご)の第2代皇帝

父は孫権(そんけん)、母は潘氏(はんし)。

孫登(そんとう)・孫慮(そんりょ)・孫和(そんか)・孫霸(そんは)・孫奮(そんふん)・孫休(そんきゅう)は、みな兄。孫魯班(そんろはん)や孫魯育(そんろいく)など、ほかに姉妹もいた。

250年11月、先に兄の孫和が廃位されたことに伴い、末子ながら「皇太子(こうたいし)」に立てられる。

252年4月、父の孫権が崩じたため帝位を継ぐ。

257年4月、自ら政治を執り、大将軍(だいしょうぐん)の孫綝(そんりん)の専横に抵抗。

258年9月、孫綝の誅殺に失敗して帝位を追われ、「会稽王(かいけいおう)」に貶(おと)される。

260年、会稽郡に広まった流言がもとで、兄の孫休から「候官侯(こうかんこう)」に位を貶される。その後、任地へ向かう途上で自殺(異説もある)した。

主な経歴

-243年(1歳)-
この年、誕生。このとき父の孫権はすでに62歳になっており、最年少の息子として特に寵愛を受けた。

-250年(8歳)-
?月、兄で皇太子の孫和が廃位され故鄣(こしょう)に幽閉される。同じく兄で魯王(ろおう)の孫霸は孫権から死を賜る。

11月、孫権から「皇太子」に立てられる。

-251年(9歳)-
5月、母の潘氏が孫権の「皇后(こうごう)」に立てられる。

12月、孫権が、大将軍の諸葛恪(しょかつかく)を「太子太傅(たいしたいふ)」に、会稽太守(かいけいたいしゅ)の滕胤(とういん)を「太常(たいじょう)」に、それぞれ任じ、皇太子の補佐を命ずる。

-252年(10歳)-
4月、孫権が崩御(ほうぎょ)。帝位を継いで大赦を行い「神鳳(しんほう)」を「建興(けんこう)」と改元。

閏4月、諸葛恪を「太傅」に、滕胤を「衛将軍(えいしょうぐん)」に、それぞれ任じ「尚書(しょうしょ)」を兼任させ、上大将軍(じょうだいしょうぐん)の呂岱(りょたい)を「大司馬(だいしば)」に任ずる。

併せて、もろもろの文武の官にある者の爵位を進め恩賞を下賜し、一般の官吏もそれぞれ昇級させる。

10月、太傅の諸葛恪が軍勢をひきいて巣湖(そうこ)へ向かい、その地で魏軍(ぎぐん)の侵出を押しとどめたうえ東興(とうこう)に城を築く。そして、将軍の全端(ぜんたん)を西城の守備に、都尉(とい)の留略(りゅうりゃく)を東城の守備に、それぞれ充てた。

12月、強風が吹き雷も鳴る。魏は将軍の諸葛誕(しょかつたん)や胡遵(こじゅん)らに歩騎7万で東興を包囲させ、将軍の王昶(おうちょう)には南郡(なんぐん)を攻めさせ、毌丘倹(かんきゅうけん)には武昌(ぶしょう)への進軍を命じた。

12月、諸葛恪が大軍をひきい、魏の侵攻に対抗するため出発。

12月、諸葛恪の軍勢が東興に到着。ここで魏軍を大破し、魏の将軍の韓綜(かんそう)と桓嘉(かんか)らを討ち取る。

12月、雷雨があり、武昌の端門(たんもん。宮城の南の正門)が落雷によって焼ける。端門を作り直したところ、今度は内殿で火災が起こる。

-253年(11歳)-
1月、全氏(ぜんし)を「皇后」に立てたうえ大赦を行う。

1月、呉に侵攻していた魏の王昶らが軍勢を引き揚げる。

2月、呉軍が東興から凱旋(がいせん)し、封爵や恩賞の沙汰を盛大に行う。

3月、諸葛恪が軍勢をひきいて魏の討伐に向かう。

4月、諸葛恪が魏の合肥新城(ごうひしんじょう)を包囲。しかし、このとき疫病が大流行したため呉兵の大半が死んでしまう。

8月、諸葛恪が軍勢をまとめ、魏の合肥新城から撤退。

10月、「大饗(たいきょう)の礼(先王の祭祀)」を執り行う。

10月、武衛将軍(ぶえいしょうぐん)の孫峻(そんしゅん)が、宮中に潜ませた兵士を使って諸葛恪を殺害。大赦を行い、孫峻を「丞相(じょうしょう)」に任じたうえ「富春侯(ふしゅんこう)」に封ずる。

11月、春申(しゅんしん)に5羽の大きな鳥が現れる。これを受け、翌年から「建興」を「五鳳(ごほう)」と改元することを決める。

-254年(12歳)-
夏、洪水が起こる。

秋、呉侯の孫英(そんえい)が孫峻の暗殺を企てたものの、発覚したため自殺。

9月、魏の曹芳(そうほう)が廃位され、曹髦(そうぼう)が帝位を継ぐ。

11月、彗星が斗宿(としゅく。いて座の中央部。南斗六星〈なんとろくせい〉)と牛宿(ぎゅうしゅく。やぎ座)の辺りに現れる。

-255年(13歳)-
1月、魏の鎮東大将軍(ちんとうだいしょうぐん)の毌丘倹と前将軍(ぜんしょうぐん)の文欽(ぶんきん)が、淮南(わいなん)の軍勢を挙げて魏に背く。ふたりは西方へ進攻し、楽嘉(らくか)で魏軍と交戦する。

閏1月、孫峻が、驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)の呂拠(りょきょ)と左将軍(さしょうぐん)の留賛(りゅうさん)とともに軍勢をひきいて魏の寿春(じゅしゅん)へ向かう。しかし東興まで進んだところで、文欽らが敗れたとの知らせが届く。

閏1月、呉軍が橐皋(たくこう)まで進むと、文欽が孫峻のもとに投降し、残っていた淮南の軍勢数万も呉軍に合流。その後、魏の諸葛誕が寿春城へ入ると、孫峻は軍勢をまとめて引き揚げる。

2月、呉軍が魏将の曹珍(そうちん)と高亭(こうてい)で遭遇し、その軍勢を討ち破る。一方で留賛は、魏の諸葛誕の別動隊をひきいた部将の蔣班(しょうはん)に菰陂(こひ)で敗れる。留賛は将軍の孫楞(そんりょう)や蔣脩(しょうしゅう)らとともに殺害された。

3月、鎮南将軍(ちんなんしょうぐん)の朱異(しゅい)に命じ魏の安豊(あんぽう)を攻めさせたものの、陥すことができず。

7月、将軍の孫儀(そんぎ)・張怡(ちょうい)・林恂(りんじゅん)らが孫峻の暗殺を企てたものの発覚。孫儀は自殺し、林恂らは処刑された。

?月、陽羨(ようせん)の離里山(りりざん。離墨山〈りぼくざん〉)にあった大きな岩が起ち上がる。

?月、衛尉(えいい)の馮朝(ふうちょう)に命じて広陵(こうりょう)に城を築かせる。また、将軍の呉穣(ごじょう)を「広陵太守(こうりょうのたいしゅ)」に、留略を「東海太守(とうかいのたいしゅ)」に、それぞれ任ずる。

12月、「太廟(たいびょう。始祖の孫堅〈そんけん〉の廟)」を建てる。

この年、ひどい干ばつに見舞われた。

この年、馮朝を「監軍使者(かんぐんししゃ)・督徐州諸軍事(とくじょしゅうしょぐんじ)」に任じた。

この年、民衆が飢え兵士も不満を抱き、その心が呉から離れた。

-256年(14歳)-
1月、「太祖廟(たいそびょう。孫権の廟)」を建てる。

2月、建業(けんぎょう)で火災が起こる。

8月、孫峻が征北大将軍(せいほくだいしょうぐん)の文欽の計を用い、魏の征伐を計画。そこで、まずは文欽と驃騎将軍の呂拠、車騎将軍(しゃきしょうぐん)の劉纂(りゅうさん)、鎮南将軍の朱異、前将軍の唐咨(とうし)らの軍勢を動かし、江都(こうと)から淮水(わいすい)・泗水(しすい)流域への進入を命ずる。

9月、孫峻が死去。このため孫峻の従弟で偏将軍(へんしょうぐん)の孫綝を「侍中(じちゅう)・武衛将軍・領中外諸軍事(りょうちゅうがいしょぐんじ)」に任じ、先に出撃していた呂拠らには帰還命令を出す。しかし呂拠は、孫綝が孫峻の跡を継いで朝廷の実権を握ったと聞き、ひどく腹を立てた。

9月、大司馬の呂岱が死去。

9月、太白星(たいはくせい。金星)が南斗(なんと)を犯す。呂拠・文欽・唐咨らから上表があり、衛将軍の滕胤を「丞相」に任じてほしいと乞われたものの、孫綝がそれを許さず。

9月、滕胤を「大司馬」に任じ、亡くなった呂岱に代わり武昌に駐屯するよう命ずる。一方、呂拠が軍勢をひきいて帰還し孫綝を討とうと謀った。孫綝は孫亮の詔書を使い、文欽と唐咨らに呂拠を捕らえるよう命じた。

10月、孫綝が孫憲(そんけん。孫慮〈そんりょ〉)・丁奉(ていほう)・施寛(しかん)らを遣わし、水軍を使い江都で呂拠を迎え撃つ。また別に将軍の劉丞(りゅうじょう)を遣わし、歩騎で滕胤を攻めさせる。滕胤は敗れ、その一族が皆殺しにされた。

10月、大赦を行い、「五鳳」を「太平(たいへい)」と改元。

10月、呂拠が新州(しんしゅう。建業近くにあった長江〈ちょうこう〉の中洲〈なかす〉)で捕らえられる(自殺したともいう)。

11月、孫綝を「大将軍」に任じて「仮節(かせつ)」を授けたうえ、「永寧侯(えいねいこう)」に封ずる。

11月、孫憲(孫慮)が将軍の王惇(おうとん)と謀り孫綝の暗殺を企てたものの発覚。孫綝は王惇を殺害し、孫憲を自殺させる。

12月、五官中郎将(ごかんちゅうろうしょう)の刁玄(ちょうげん)を蜀(しょく)へ遣わし、呉で反乱が起きたことを伝えさせる。

-257年(15歳)-
2月、大雨が降り雷も鳴る。

2月、雪が降り厳しい寒さとなる。

?月、長沙郡(ちょうさぐん)の東部を分割して「湘東郡(しょうとうぐん)」を、同じく西部を分割して「衡陽郡(こうようぐん)」を、それぞれ設置。さらに、会稽郡の東部を分割して「臨海郡(りんかいぐん)」を、豫章郡(よしょうぐん)の東部を分割して「臨川郡(りんせんぐん)」を、それぞれ設置。

4月、正殿に出御(しゅつぎょ)し大赦を行い、初めて自ら政治を執る。孫綝の意見に対して反対や反論をし、聞き入れないことが多くなる。

また、兵士の子弟で15~18歳の者から3千人以上を選抜し独自の特別部隊を編成。主だった部将たちの子弟から年が若くて勇気と力のある者を選び、その部隊の指揮官とする。

5月、魏の征東将軍(せいとうしょうぐん)の諸葛誕が、淮南の軍勢をひきい寿春城に立てこもる。

諸葛誕の使者として将軍の朱成(しゅせい)が到着し、「呉の臣下」と称して上疏。魏から寝返るので援軍を送ってほしい旨を伝えたうえ、息子の諸葛靚(しょかつせい)と長史(ちょうし)の呉綱(ごこう)、さらに側近の子弟を人質として送ってくる。

6月、文欽・唐咨・全端らに命じ、歩騎3万をひきいて諸葛誕の救援に向かわせる。また、朱異が虎林(こりん)から軍勢をひきいて夏口(かこう)を攻めたところ、夏口督(かこうとく)の孫壱(そんいつ)が魏に逃亡した。

7月、孫綝が軍勢をひきい寿春の諸葛誕の救援に赴く。孫綝が鑊里(かくり)に軍勢を留めるうち、夏口から朱異が到着。孫綝は朱異を「前部督(ぜんぶとく)」に任じ、丁奉らとともに介士(かいし。重武装の兵)5万を指揮して寿春の包囲を突破するよう命ずる。

8月、会稽郡の南部で反乱が起こり、都尉(会稽郡の南部は都尉が治めていた)が殺される。

また、鄱陽(はよう)・新都(しんと)の両郡でも反乱が起こり、廷尉(ていい)の丁密(ていみつ)、歩兵校尉(ほへいこうい)の鄭胄(ていちゅう)、将軍の鍾離牧(しょうりぼく)に、それぞれ軍勢をひきいて討伐にあたらせた。

9月、孫綝が、朱異が兵糧の欠乏により軍勢をまとめて帰還したことに激怒。鑊里で朱異を殺害する。

9月、孫綝が鑊里から建業へ帰還。

9月、大赦を行う。

11月、全緒(ぜんしょ)の息子の全禕(ぜんい)と全儀(ぜんぎ)が母を連れ魏へ逃げ込む。

12月、全端や全懌(ぜんえき)らが、寿春城から魏の司馬昭(しばしょう)のもとへ赴く。

-258年(16歳)-
1月、寿春城内で対立した諸葛誕が文欽を殺害。

3月、魏の司馬昭が寿春を陥す。諸葛誕は側近とともに戦死し部将や軍吏らはみな降伏した。

7月、兄でもとの斉王(せいおう)の孫奮を「章安侯(しょうあんこう)」に封ずる。

7月、州郡に詔(みことのり)を下し、宮殿建設用の材木を伐採させる。

8月から、雲が垂れ込めながら雨が降らない日が40日余りも続く。このころ孫綝の専横が目に余るとして、太常の全尚(ぜんしょう)や将軍の劉丞とともに孫綝誅殺の謀(はかりごと)を巡らせる。

9月、孫綝が兵を差し向け全尚を捕らえたうえ、さらに弟の孫恩(そんおん)を遣わし、劉丞を蒼龍門(そうりょうもん。建業の東門)の外で攻め殺す。その後、孫綝は大臣たちを宮門に呼び集め、「孫亮を退位させ『会稽王』とする」と宣言。

10月、兄の孫休が帝位に即き、大赦を行ったうえ「太平」を「永安(えいあん)」と改元。

-260年(18歳)-
この年、会稽郡で「会稽王の孫亮が都(建業)に還り、天子(てんし)になるだろう」との流言が広まる。これに加え孫亮に仕える宮人が、「孫亮さまは巫(みこ)に祈とうを行わせ、呪いの言葉を発しておられます」と告発した。

このことが担当官吏から孫休に上聞されたため、孫亮は「候官侯」に位を貶され、任地へ向かうよう命ぜられた。ところが、その途上で孫亮は自殺してしまい、護送にあたっていた役人が処刑された。

『三国志』(呉書・孫休伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く張勃(ちょうぼつ)の『呉録(ごろく)』によると、孫休が鴆毒(ちんどく)で孫亮を殺害した、との異説もある。

管理人「かぶらがわ」より

わずか10歳で即位したあと、諸葛恪、孫峻、孫綝と、呉の実権は転々としますが、孫亮の手にはありませんでした。魏の曹芳と似ていますね。

これでは駄目だと15歳にして自ら政治を執り、孫綝の専横への対抗を試みます。ほどなく全尚(娘が孫亮の皇后だった)らと孫綝の誅殺を計ったものの先手を打たれ、退位に追い込まれてしまいました。

退位後も会稽で穏やかに暮らせるはずはなく、言いがかりをつけられて亡くなることに……。

孫亮は聡明でしたから、兄のうち誰が孫権の跡を継いだとしても、彼の身に波乱が起きていたのかもしれません。まぁ、末子が父の跡を継がなくてはならないという状況が、呉の行く末を予感させていますよね。

本伝の裴松之注に引く胡沖(こちゅう)の『呉歴(ごれき)』および虞溥(ぐふ)の『江表伝(こうひょうでん)』には、鼠(ネズミ)の糞(ふん)にまつわるふたつの逸話が載せられています。

「孫亮が西苑に出御したときのこと、生の梅の実を食べようと思い、黄門(こうもん。宦官〈かんがん〉)に倉庫から蜂蜜(ハチミツ)を持ってくるよう命じた。ところが、その蜂蜜の中に鼠の糞が入っていた」

「倉庫の役人を呼んで詰問したが、役人は黄門に蜂蜜を渡していないと答え、黄門は確かに受け取ったと言い張った。侍中の刁玄と張邠(ちょうひん)は、ふたりの言い分が食い違っていたため、裁判を行い事実を糾明するよう孫亮に進言した」

「しかし、孫亮はこの場で蜂蜜の中に入っていた糞を割ってみるよう命じた。糞の内部は乾いていた」

「孫亮は笑って刁玄と張邠に言った。『もし糞がもとから蜂蜜の中に入っていたのなら、その糞は外も内も湿っているはずだ。だが、この糞は外側が湿っているものの内側は乾いている。黄門の仕業に間違いない』。ついには黄門も事実を認めた。孫亮に付き従っていた者たちはその知恵に驚き、また畏れもした」。これが『呉歴』の記事。

そして、もうひとつは『江表伝』の記事。

「あるとき孫亮が黄門に命じ、銀の椀(わん)に蓋(ふた)をして持たせ、交州(こうしゅう)から献上された『甘蔗糖(かんしょとう。砂糖)』を取ってこさせた」

「その黄門は以前から倉庫の役人に恨みを抱いていたので、椀の甘蔗糖の中に鼠の糞を入れたうえ、倉庫の役人は職務怠慢だと訴えた」

「孫亮は、倉庫の役人に甘蔗糖を収めている器を持ってくるよう命ずると、こう尋ねた。『この器には蓋があるし、覆いまでかぶせてあるから鼠の糞など入るはずがない。黄門はお前に恨みを持っているのではないか?』」

「すると倉庫の役人は叩頭して言った。『以前、黄門が私に宮中で用いる莞(ガマ)の席(しきもの)を横流しするよう言ってきたことがありましたが、数が決まっているため応じませんでした』」

「孫亮はそのことが原因だと考え、黄門を尋問したところすべて白状した。そこで目の前で黄門の髪を切り、鞭打ちを加え、奥向きの仕事から外した」

で、ふたつの話はこれで終わらず、裴松之が自分の考えを付け加えています。

「鼠の糞が新しいものなら、(蜂蜜の中に入っていなくても)外から内まで湿っている。黄門が新しい糞を用いていたら、その悪事を暴くことはできなかったのである。たまたま糞が乾いたものであったため、孫亮の頭の良さが示されることになった」

「しかし(このふたつの中でも)『呉歴』のいうところは、『江表伝』のいうところが事実に近いことに及ばないと思われる」と。

つまり、『江表伝』の記事のほうが『呉歴』の記事より事実に近いだろう、と感じていたわけですね。逸話の中身もなかなかおもしろかったのですが、この件を掘り下げた裴松之の視点にも興味を引かれました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】