張魯(ちょうろ) ※あざなは公祺(こうき)、五斗米道(ごとべいどう)の3代目教主、魏(ぎ)の閬中原侯(ろうちゅうのげんこう)

【姓名】 張魯(ちょうろ) 【あざな】 公祺(こうき)

【原籍】 沛国(はいこく)豊県(ほうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第082話で初登場。
【演義】 第016回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・張魯伝』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「五斗米道(ごとべいどう)」の3代目教主、曹操(そうそう)に降り教義を後世に伝える、閬中原侯(ろうちゅうのげんこう)

父は張衡(ちょうこう)だが、母は不詳。張衛(ちょうえい)は弟。息子の張富(ちょうふ)は跡継ぎで、ほかに4人の息子がいたことがうかがえる。曹操の息子の曹宇(そうう)に嫁いだ娘もいた。

張魯の祖父の張陵(ちょうりょう)は蜀(しょく)に身を寄せ、鵠鳴山(こくめいざん)へ入って道術を学び、それらに関する書物を著し人々を惑わせた。彼の下で道術を学ぼうとする者はそのお礼として5斗の米を出したので、世間では彼らのことを「米賊(べいぞく)」と呼んだ。

張陵が亡くなると息子の張衡が跡を継ぎ、同じように道術を行った。そして張衡が亡くなると息子の張魯が跡を継いだ。

張魯は、益州牧(えきしゅうぼく)の劉焉(りゅうえん)から督義司馬(とくぎしば)に任ぜられ、別部司馬(べつぶしば)の張脩(ちょうしゅう)とともに軍勢をひきい、漢中太守(かんちゅうたいしゅ)の蘇固(そこ)を攻めた。こうして蘇固を殺害したあと、さらに張魯は張脩を襲撃して殺害し、その配下の軍勢を奪い取った。

194年、劉焉が死去すると息子の劉璋(りゅうしょう)が跡を継ぐ。

205年、劉璋は張魯が命令に従わないという理由で、その母や家族を皆殺しにした。劉璋と仇敵(きゅうてき)になった張魯はそのまま漢中を占領し、妖術を用いて民衆を導き、自ら師君(しくん)と号す。

初め道術を学びに来た者はみな鬼卒(きそつ)と呼ばれ、本格的に道術を授けられ信心するようになった者は祭酒(さいしゅ)と呼ばれた。それぞれの祭酒は一団の信者をひきいており、配下の数が多い者を特に治頭大祭酒(ちとうだいさいしゅ)と呼んだ。

「誠実であれ」とか「人を騙(だま)すな」などと教え、病にかかった者には自己の過失を告白させた。こういったことはほぼ黄巾(こうきん。張角〈ちょうかく〉の「太平道〈たいへいどう〉」を指す)と同じだった。

祭酒たちは義舎(ぎしゃ)を建てたが、それは今(陳寿〈ちんじゅ〉の言う当時)の亭伝(ていでん。駅舎)と似たものだった。義舎には米や肉が備えてあり、旅人は無料で食べることができた。たが、もし必要な量を超えて食べた場合は、たちまち妖術が病をもたらすと考えられてもいた。

何らかの規則に違反した者は3度までは許され、そのあと初めて処罰を受けた。長吏(ちょうり。県の高官)を置かずにすべてを祭酒が治めたため、庶民も蛮民も喜んだという。このようにして30年ほどの間、「五斗米道」は巴(は)と漢(かん)の一帯を押さえて覇を唱えた。

後漢(ごかん)の末期、朝廷には討伐する力がなかったため、張魯のもとへ使者を遣って鎮民中郎将(ちんみんちゅうろうしょう)・漢寧太守(かんねいのたいしゅ)に任じ、貢ぎ物を献ずる義務だけを課すという恩寵を与えた。

このころ地中から玉印を掘り出して献上した民がいたので、張魯は群臣に漢寧王(かんねいおう)を称するよう勧められた。しかし、張魯は功曹(こうそう)の閻圃(えんほ)の意見に従い思いとどまる。

211年、韓遂(かんすい)と馬超(ばちょう)が乱を起こすと、関西(かんぜい。函谷関〈かんこくかん〉以西の地域)に住む数万戸の民が、子午谷(しごこく)を通って張魯のもとへ逃げ込んできた。

215年3月、曹操が散関(さんかん)から武都(ぶと)へ出て張魯討伐に向かい、7月には陽平関(ようへいかん)に到着。張魯は漢中を挙げ降伏しようと考えたが、弟の張衛は承知せず、数万の軍勢をひきいて陽平関の守りを固めた。張衛らはよく戦ったものの、やがて曹操軍に撃破された。

張魯は陽平関が陥落したことを聞き再び降伏しようとしたが、ここで閻圃が進言した。

「追い詰められた状況で降っても評価されないでしょう。いったん杜濩(とこ。賨邑侯〈そうゆうこう〉。巴の七豪族のひとり)か朴胡(ふこ。蛮王〈ばんおう〉。同じく巴の七豪族のひとり)を頼られ、抵抗する姿勢を見せたあとで臣礼を執られたなら、必ずや高く評価されるでしょう」

張魯は進言に従い南山(なんざん)へ逃げ、そこから巴中(はちゅう)へ入った。

なお張魯は本拠地の南鄭(なんてい)を捨てるにあたり、側近たちの意に反し宝物や財貨が蓄えられた蔵を焼かず、それらに封印を施して立ち去った。

このあと南鄭に入城した曹操は大いに感心。張魯は本来善良な心を持っているとして使者を遣わし、慰撫(いぶ)および説得にあたらせた。

同年11月、張魯が家族を引き連れ出頭すると、曹操は出迎えて鎮南将軍(ちんなんしょうぐん)に任じ、賓客の礼をもって遇した。また、張魯を閬中侯に封じて1万戸を授け、5人の息子や閻圃らもみな列侯(れっこう)に封じた。さらに、張魯の娘が曹操の息子の曹宇に嫁ぐことも決まった。

のち張魯が死去(時期は不明)すると原侯と諡(おくりな)され、息子の張富が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

張魯の母は姓名ともにわからないので別に項目を作りませんでしたが――。『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・劉焉伝)によると、張魯の母は巫術(ふじゅつ)を使ううえに若々しい姿をしていて、劉焉の家と頻繁な行き来があったそうです。

そのため劉焉は張魯を督義司馬に任じて漢中へ派遣し、長安(ちょうあん)へ通ずる谷に架けられた橋を断ち切らせ、朝廷の使者を殺害させました。そうしたうえで劉焉は上書をし、「米賊(『五斗米道』の信者)が道路を遮断したため都への連絡手段がなくなりました」と述べておき、益州の豪族の粛清を進めて地盤を固めたのでした。

張魯自身も不思議キャラ的なところがありますけど、その母もまた小説などに向きそうな感じがしますね。何か若さを保つ秘密があったのでしょうか?

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました