劉徳然(りゅうとくぜん)

【姓名】 劉徳然(りゅうとくぜん) ※徳然はあざなかも?

【原籍】 涿郡(たくぐん)涿県(たくけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

蜀(しょく)の劉備(りゅうび)の一族

父は劉元起(りゅうげんき)だが、母は不詳。詳しい事績も不明。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。

『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・先主伝〈せんしゅでん〉)によると、「劉備が15歳で遊学した際、劉徳然も一緒に盧植(ろしょく)の下で学んだ」ということです。

ところが、その後の劉徳然の動静はまったくわかりません。劉備は黄巾(こうきん)の乱のときに仲間を集めたそうですが、彼は加わらなかったのでしょうか? 謎ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
蜀の劉氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました