魏の曹氏人物データ

曹礼(そうれい) ※魏(ぎ)の元城哀王(げんじょうのあいおう)

【姓名】 曹礼(そうれい) 【あざな】 ?

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~229年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・元城哀王礼伝(げんじょうあいおうれいでん)』あり。

スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹丕(そうひ)の息子で曹叡(そうえい)の異母弟、元城哀王

父は曹丕、母は徐氏(じょし)。

曹礼は221年に秦公(しんこう)に封ぜられ、京兆郡(けいちょうぐん)を封国とした。翌222年には京兆王に改められた。225年に元城王に移封され、229年に薨去(こうきょ)した。

231年になり、任城王(じんじょうおう)の曹楷(そうかい)の息子である曹悌(そうてい)が曹礼の跡継ぎとして立てられた。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

『三国志』(魏書・明帝紀〈めいていぎ〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』によると、「初め曹丕は曹叡を好まず、曹礼を跡継ぎにしたいとの気持ちを持っていた」といい、「このため曹叡は長い間、皇太子(こうたいし)に立てられなかったのだ」ともありました。

曹丕の意向に関する部分の真偽はわかりませんけど、曹叡が皇太子として立てられたのは226年5月のこと。これは曹丕が崩じた月でもあります。曹丕は死の間際になってから、ようやく曹叡を正式な後継者としたことは事実ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このページをシェアする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました