孫弘(そんこう)

【姓名】 孫弘(そんこう) 【あざな】 ?

【原籍】 会稽郡(かいけいぐん)

【生没】 ?~252年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

呉(ご)の孫権(そんけん)配下の中書令(ちゅうしょれい)・太子少傅(たいししょうふ)

父母ともに不詳。呉の孫権の一族なのか不明。

孫弘は242年1月に皇太子(こうたいし)に立てられた孫和(そんか)と、同年8月に魯王(ろおう)に封ぜられた孫霸(そんは)との間で後継者争いが起きた際、孫霸に付いた。

そのうち孫霸側の孫和に対する讒言(ざんげん)が効き、250年に孫和は皇太子を廃されたものの、孫霸には自殺が命ぜられた。同年11月、孫亮(そんりょう)が皇太子に立てられた。

翌251年12月、孫権が重い病にかかると、皇太子の孫亮がまだ9歳と幼かったことから、武昌(ぶしょう)にいた大将軍(だいしょうぐん)の諸葛恪(しょかつかく)を召し還し太子太傅(たいしたいふ)を兼任させた。この際、中書令の孫弘も太子少傅を兼任することになった。

翌252年4月、孫権は諸葛恪と孫弘および太常(たいじょう)の滕胤(とういん)、将軍(このときは左将軍〈さしょうぐん〉か)の呂拠(りょきょ)、侍中(じちゅう)の孫峻(そんしゅん)の5人に後事を託して崩御(ほうぎょ)した。

もともと孫弘は諸葛恪と仲が悪かったことから、自身が粛清されることを恐れた。そこで孫権の訃報を抑え、詔(みことのり)を改作し諸葛恪を排除しようと考えた。

しかし、このことを孫峻が諸葛恪に伝えた。諸葛恪は「相談がある」と言って招き、その席で孫弘は殺害された。

管理人「かぶらがわ」より

この孫弘については、『三国志』(呉書〈ごしょ〉・張昭伝〈ちょうしょうでん〉)に付された「張休伝(ちょうきゅうでん)」に、張休を讒訴(ざんそ)して自殺に追いやった話があったり。

『三国志』(呉書・朱拠伝〈しゅきょでん〉)にも、250年に「新都郡丞(しんとぐんのじょう)」に左遷された朱拠が新都郡に着かないうち孫弘が繰り返し讒言を行い、孫権が病床にあるのをいいことに詔をでっちあげ、追っ手を遣わし朱拠に自殺を命じた話があったり――。

『三国志』(呉書・孫権潘夫人伝〈そんけんはんふじんでん〉)には、252年に孫権の病が重くなった際、潘皇后(はんこうごう)が孫弘のもとに使いを遣り、漢(かん)の高祖(こうそ。劉邦〈りゅうほう〉)の妻であった呂后(りょこう)が自ら政治を行った、という先例について尋ねさせたという話もあったり――。まぁ、そういう腹黒い人だったようです。

ただ孫弘に限らず、諸葛恪・孫峻・潘皇后といったあたりも、あまりいい死に方をしていませんけどね……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました