虞氏(ぐし)

【姓名】 虞氏(ぐし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 河内郡(かだいぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹叡(そうえい)のもと正室

父母ともに不詳。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・明悼毛皇后伝〈めいとうもうこうごうでん〉)によると、曹叡が平原王(へいげんおう。222~226年)だったころの王妃。しかし、曹叡が即位したあとも皇后(こうごう)には立てられず、のち鄴宮(ぎょうきゅう)に帰されたという。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

この『三国志』(魏書・明悼毛皇后伝)には、曹叡の即位後に皇后に立てられなかった虞氏を、太皇太后(たいこうたいごう)の卞氏(べんし)が慰め励ましたときの話が載せられており、「虞氏は『もともと曹氏は身分卑しき者を皇后に立てるのがお好きで、道理に従ったことは一度もございません』などと言ったうえ、『必ずこれがもとで国が滅び、祭祀も断絶することになりましょう』とも言った。そのため虞氏は退けられ、鄴宮に帰されたのである」とありました。

虞氏の出自に関する記事はないようですけど、上の話からすると相当な名家の出身だったのでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました