吉川『三国志』の考察 第112話 「于吉仙人(うきつせんにん)」

廬江(ろこう)を攻略した江東(こうとう)の小覇王こと孫策(そんさく)は、まさに日の出の勢いだったが、先に処刑した呉郡太守(ごぐんたいしゅ)の許貢(きょこう)の食客に命を狙われ、丹徒(たんと)で狩猟中に重傷を負う。

名医の華陀(かだ。華佗)の治療により快方へ向かっていた孫策のもとに、袁紹(えんしょう)の使者として陳震(ちんしん)がやってくる。孫策は陳震を上座に迎え大宴を開いたものの、その途中で諸将が席を立ち、街に現れた于吉の姿を見に行く。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第112話の展開とポイント

(01)孫策(そんさく)の近況

呉(ご)の孫策は、ここ数年の間に実に目覚ましい躍進を遂げていた。浙江(せっこう)一帯の沿海を持つばかりでなく、揚子江(ようすこう。長江〈ちょうこう〉)流域とその河口をも扼(やく)していた。

気温が高く天産は豊饒(ほうじょう)で、いわゆる南方系の文化と北方系の文化との飽和により、宛然たる呉国色をここに画し、人の気風は軽敏で利に明るく、また進取的だった。

このあたりの説明はイマイチ文意がつかめず。「南方系の文化と北方系の文化との飽和」や「宛然たる呉国色をここに画し(原文は劃し)」という部分が引っかかる。

江東(こうとう)の小覇王こと孫策は、この時まだ27歳でしかなかったが、建安(けんあん)4(199)年の冬に廬江(ろこう)を攻略。

史実の孫策は熹平(きへい)4(175)年生まれ。彼が亡くなった建安5(200)年でも26歳だったので、ここでいう27歳は史実と合わない。

黄祖(こうそ)や劉勲(りゅうくん)などを平らげて恭順を誓わせ、予章太守(よしょうのたいしゅ。豫章太守)も下風につき降を乞うてくるなど、隆々たる勢いだった。

ここでは予章太守とだけあって名が出てこなかったが、『三国志演義(2)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第29回)によれば華歆(かきん)のこと。

孫策は、何度か張紘(ちょうこう)を許都(きょと)へ遣わしていた。献帝(けんてい)への上表文を捧げたり、朝廷への貢ぎ物を届けるためである。

孫策の目にも漢朝(かんちょう)はあったが、朝門にある曹操(そうそう)は眼中にない。彼は密かに大司馬(だいしば)の官位を望んでいたが、これを容易に許さないのは朝廷ではなく曹操だった。

曹操は孫策を手なずけることを上策とし、一族の曹仁(そうじん)の娘を彼の弟の孫匡(そんきょう)に嫁がせて姻戚(いんせき)政策を採る。

しかし、この程度のものはほんの一時的な偽装平和を彩ったにすぎず、日が経つといつとはなく、両者の間には険悪な気流がみなぎってきた。

(02)呉の本城

ある日、呉郡太守(ごぐんたいしゅ)の許貢(きょこう)の家臣が、渡江の途中で江上監視隊に捕らえられ呉の本城へ送られてくる。

このとき孫策の居城がどこにあったのかよくわからず。一応、文中にある「呉の本城」という書き方にしておく。

取り調べの結果、その家臣は許貢の密書を持っていたことがわかった。大司馬の官位を得られない孫策が恨みを抱き、兵船や強馬をしきりに準備しており、近いうちに都へ攻め上ろうとしていると密告するものだった。

怒った孫策はただちに許貢の居館へ詰問の兵を差し向け、許貢を始め妻子眷族(けんぞく)をことごとく誅殺してしまう。

その阿鼻叫喚(あびきょうかん)の中から、危うくも逃げ延びた3人の食客があった。3人は許貢の恩を感じ、敵を取ろうとともに血をすすり合い、山野に隠れて機をうかがっていた。

(03)丹徒(たんと)

狩猟が好きな孫策は大勢の家臣を連れ、その日も丹徒という部落の西から深山に入り、鹿(シカ)や猪(イノシシ)などを追っていた。するとここに、かねて狙っていた許貢の3人の食客が現れ、放たれた毒矢が彼の顔に立つ。

ここで、孫策の馬は希世の名馬で五花馬(ごかば)という名があったと言っていた。

孫策は弓を上げ浪人者のひとりを打ったが、別の一方から伸びてきた槍に太股(ふともも)を深く突かれる。落馬したものの相手の槍を奪い、即座にひとりを殺したが、後ろからほかのふたりが五体を突きまくった。

孫策が大きなうめき声を発して倒れたとき、残るふたりの浪人者もまた、急を見て駆けつけた程普(ていふ)によりズタズタに斬り殺されていた。

応急の手当てを施し、孫策の身はすぐに呉会(ごかい)の本城へと運ばれ、外部へは深く秘される。

ここでは呉の本城ではなく呉会の本城とあった。

『完訳 三国志』(小川環樹〈おがわ・たまき〉、金田純一郎〈かねだ・じゅんいちろう〉訳 岩波文庫)の訳注によると「(呉会は)地名。両説あって、呉郡すなわち(つまり)今の蘇州(そしゅう)を指すという説(『通鑑〈つがん〉』巻65、建安12年条、胡三省〈こさんせい〉の注)と、呉郡と会稽郡(かいけいぐん)の二郡を指すとの説(清〈しん〉の銭大昕〈せんたいきん〉の説、『通鑑注弁正』に見える)」があるという。また「ここ(『三国志演義』〈第29回〉)は前の説によって解すべきである」ともいう。

(04)呉(呉会)の本城

早馬により名医の華陀(かだ。華佗)が召されて20日も経つと、さすがに手を尽くした治療の効果が表れ、孫策はうっすらと笑みを浮かべるまでになった。

井波『三国志演義(2)』(第29回)では、このとき華佗は中原(ちゅうげん。黄河〈こうが〉流域)に行ってしまっており、呉に残っていた彼の弟子が治療にあたったとある。

孫策は都から戻った蔣林(しょうりん)と会い、病床で報告を聴く。

井波『三国志演義(2)』(第29回)では、許昌(きょしょう。許都)から戻ってきた張紘の使者とだけある。

その中には朝廷の者の話として、曹操が、(孫策は)今に内争を招き、名もない匹夫の手にかかって非業な終わりを遂げるかもしれない、などと言っていたというものもあった。

井波『三国志演義(2)』(第29回)では、上のような見解を曹操に語ったのは郭嘉(かくか)。

牀(しょう。寝台)から下りようとするのを人々が止めると、孫策は戦袍(ひたたれ)や兜(かぶと)を持ってくるよう命じ、陣触れせよと言いだす。

叱るがごとくなだめる張昭(ちょうしょう)。そこへ遠く河北(かほく)の地から、袁紹(えんしょう)の書を携えた陳震(ちんしん)が着く。

孫策は病中の身を押して対面し、陳震から軍事同盟の話が出ると大いに喜ぶ。彼も打倒曹操の念に燃えていたところだった。

孫策は城楼で大宴を開き、陳震を上座に迎える。配下の諸将も参列し盛んなもてなしぶりを示していた。ところが宴も半ばのうちに急に諸将が席を立ち、ざわざわと楼台から下りていく。

孫策が怪しんで左右に尋ねると、近侍のひとりが、「于吉(うきつ)仙人が来たもうたので、そのお姿を拝さんと、いずれも争って街頭へ出て行かれたのでしょう」と答えた。

孫策は楼台の欄干から城内の街を見下ろし、人々が于吉を伏し拝む様子を見る。そのうち不快な色を満面にみなぎらせると、すぐに搦(から)め捕ってこいと命じた。

命を受けた武士たちは口をそろえて諫めたが、孫策に大喝され、やむなく于吉を縛り楼台へ引っ立ててくる。

孫策は于吉を叱るが、彼は自分のやっていることがなぜ悪いのかと反問し、国主のほうこそ礼を言うべきだろうと述べた。怒った孫策は斬るよう命ずるが、進んで于吉の首に剣を加えようとする者はない。

張昭に諫められても聞こうとせず、今日のところは首枷(くびかせ)をかけ獄に下しておけと、許す気色もなかった。

この話を聞いた孫策の母は、嫁の呉夫人とともに于吉の命乞いをする。それでも孫策は聞き入れず、後閣から立ち去ってしまう。

この記事の主要テキストとして用いている新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると「呉夫人は孫策の母であり、嫁は大喬(たいきょう。喬夫人)が正しい」という。

なお井波『三国志演義(2)』(第29回)では、ここで孫策の母の呉太夫人(ごたいふじん)だけを登場させており、嫁のことには触れていない。

やがて孫策が典獄頭(てんごくのかみ)に命じて于吉を引き出させると、首枷がかけられていない。典獄を始め、牢役人の大半も于吉に帰依していたので、その縄尻(なわじり)を持つことも厭(いと)う様子だった。

孫策は剣を払い、たちどころに典獄の首を刎(は)ねる。さらに于吉を仙人と信ずる数十人の刑吏も、武士に命じてことごとく斬刑に処した。

ここへ張昭以下、数十人の重臣たちが連名の嘆願書を携え、みなで于吉の命乞いに来る。孫策はあざ笑い、かつて交州太守(こうしゅうのたいしゅ)を務めた南陽(なんよう)の張津(ちょうしん)の話を持ち出し、于吉もこのたぐいだと断じた。

井波『三国志演義(2)』(第29回)では、張津を交州刺史(こうしゅうのしし)としている。

すると呂範(りょはん)が勧める。于吉が真の神仙か、妖邪(ようじゃ)の徒か、試みに雨を祈らせてみてはどうかというのだった。

孫策はこれに同意し、吏に命じて市中に雨乞いの祭壇を造らせる。市街の広場に壇が築かれると、于吉は沐浴(もくよく)して座った。

孫策は、3日目の午(うま)の刻(正午ごろ)までに雨が降らないときは、この祭壇とも于吉を焼き殺すよう厳命していた。

井波『三国志演義(2)』(第29回)では、この日(1日目)の午の刻までとしている。

こうして3日目の朝を迎えたが、雨は一滴も降らない。地上には、伝え聞き集まった数万の群集が、それこそ雲のごとくひしめいていた。

そして午の刻になると、孫策は于吉を焼き殺すよう城楼から下知する。

于吉の姿が炎に包まれると、見る間に雷が鳴って電光がはためき、痛いような大粒の雨かと思ううち、盆を覆すような大雷雨になった。

この雨は未(ひつじ)の刻(午後2時ごろ)まで降り続け、市街は河となり、濁流に馬も人も石も浮くばかり……。

しかし、祭壇の上で于吉の大喝が空をつんざくと、はたと雨はやみ、再び耿々(こうこう)たる日輪が大空に姿を見せた。

諸将は駆け寄って祭壇から于吉を下ろし、われがちに礼拝や賛嘆してやまない。だが、車に乗り城門から出てきた孫策は、なおも斬るよう言い、自ら抜き払った剣で首を刎ねてしまった。

井波『三国志演義(2)』(第29回)では、孫策が衛兵を叱咤(しった)して于吉を斬らせていた。

日輪は赫々(かっかく)と空にありながら、また沛然(はいぜん)と雨が降りだす。人々が怪しんで天を仰ぐと、一朶(いちだ)の黒雲の中に于吉の影が寝ているように見える。

その日の夕方ごろから孫策の様子が少しおかしくなった。目は赤く血走り、熱もあるように見受けられた。

管理人「かぶらがわ」より

『三国志』には超人的な不思議キャラが数多く登場しますが、この于吉の場合はどうだったのでしょう?

統治者としては、国内に邪宗がはびこるのを警戒するのはしごく当然ですが、それが本当に神仙だったときはどうすべきなのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (05) 孔明の巻
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました