孫諝(そんしょ)

【姓名】 孫諝(そんしょ) 【あざな】 ?

【原籍】 ?

【生没】 ?~263年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

呉(ご)の孫晧(そんこう)配下の交趾太守(こうしのたいしゅ)

父母ともに不詳。呉の孫権(そんけん)の一族なのか不明。

263年5月、交趾郡の役人だった呂興(りょこう)らが反乱を起こした際、交趾太守を務めていた孫諝は殺害された。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。

『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫晧伝)によると、呂興らの反乱が起きる前、孫諝は郡内に徴用令を出し、優れた職人を1千余人も選び建業(けんぎょう)へ送っていました。

その後、察戦(さつせん。官名)の役人が交趾郡へやってくると、人々はまた徴用されるのではないかと恐れます。呂興らはこうした動揺に乗じて兵士や民衆を扇動し、異民族も誘い込んで反乱を起こしたとのことでした。
「呉の孫氏」収録人物一覧
呉(ご)の孫権(そんけん)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました