虞翻(ぐはん)

【姓名】 虞翻(ぐはん) 【あざな】 仲翔(ちゅうしょう)

【原籍】 会稽郡(かいけいぐん)余姚県(よようけん)

【生没】 164~233年(70歳)

【吉川】 第059話で初登場。
【演義】 第015回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・虞翻伝』あり。

一流の学者ながら協調性を欠き、配所で生涯を終える

父は虞歆(ぐきん)だが、母は不詳。虞シ(ぐし。氵+巳。四男)・虞忠(ぐちゅう。五男)・虞聳(ぐしょう。六男)・虞昺(ぐへい。八男)など、合わせて11人の息子がいた。

初め虞翻は会稽太守(かいけいたいしゅ)の王朗(おうろう)に仕えて「功曹(こうそう)」を務めた。

196年、孫策(そんさく)が会稽へ進軍したとき虞翻は父の喪に服していたが、喪服のまま役所の門まで駆けつける。服喪中の身で役所に入れない彼のため、王朗のほうから門前へ出ていこうとすると、虞翻は喪服を脱ぎ役所に入ってしまう。

虞翻は孫策の鋭鋒を避けるよう勧めたものの、王朗は聞き入れず、戦って敗れた末に海上へ逃げた。虞翻は王朗と合流し候官(こうかん)にたどり着く。県長は城門を閉ざして受け入れを拒んだが、虞翻の説得で翻意した。

のち虞翻が故郷に戻ると、孫策から「功曹」に任ぜられたうえ友人の待遇を受けた。そして、たびたび狩りに出かける孫策を諫めたが、そのうち虞翻は「富春県長(ふしゅんけんのちょう)」に転じた。

200年、孫策が急死すると、重臣はみな任地を離れ葬儀に参列しようとした。しかし虞翻は山越(さんえつ。江南〈こうなん〉に住んでいた異民族)が変事を起こす恐れがあるとして、富春にとどまったまま喪に服す。ほかの県でも彼に倣ったため、懸念されたような変事は起こらなかった。

のち虞翻は州から茂才(もさい)に推挙され、朝廷から「侍御史(じぎょし)」として召され、司空(しくう)の曹操(そうそう)からも招かれたが、いずれにも応じなかった。

曹操が「司空」を務めていた期間は196~208年。

やがて虞翻は孫権(そんけん)から「騎都尉(きとい)」に任ぜられる。だが、しばしば孫権の意に沿わない諫言を行い、虞翻自身も他人と協調できない性格だったため批判を浴び、丹楊郡(たんようぐん)のケイ県へ強制移住させられた。

219年、呂蒙(りょもう)が荊州(けいしゅう)の関羽(かんう)を油断させる一計を案じ、病と称し建業(けんぎょう)に帰ってくる。このとき呂蒙は医術にも通じている虞翻を同行させたいと願い出ることで、以前の虞翻の罪が許されるよう取り計らった。

こうして呂蒙が全軍を挙げ西進すると、劉備(りゅうび)配下の南郡太守(なんぐんたいしゅ)の麋芳(びほう)は戦わずに降伏した。

このとき呂蒙が城に入らず城外で祝宴を開こうとしたので、虞翻は注意を促す。

「麋将軍には二心がないにせよ、城内の者はみな信用できるとは限りません。なぜ速やかに城へお入りになり、その鍵を握られないのですか?」

すぐに呂蒙が進言を容れたため、ひそかに練られていた急襲の企てを防ぐことができた。

また、虞翻は占いにも通じており、敗走した関羽が2日のうちに処刑されると言い当て、孫権から腕前を認められた。

魏将(ぎしょう)の于禁(うきん)は(219年に)関羽に捕らえられて以来、江陵(こうりょう)で投獄されていた。孫権は牢獄(ろうごく)から出して礼遇したが、虞翻は(降伏者である)于禁の態度を非難し続け孫権の機嫌を損ねた。

221年、孫権が魏の曹丕(そうひ)から「呉王」に封ぜられ祝宴が開かれたが、その終わりごろ孫権自ら酒をついで回る。

ところが虞翻は酔いつぶれたふりをして、床に伏したまま杯を受けなかった。そのうえ孫権が自分の前を通りすぎると、身を起こし座り直す。

この様子を見た孫権は激怒して虞翻を斬ろうとしたが、大農(だいのう)の劉基(りゅうき)の執り成しで何とか思いとどまった。

あるとき虞翻が船で出かけ(先に戦わず降伏した)麋芳の船に出会う。麋芳の船には大勢が乗っており、先導の者から「将軍の船を避けよ!」と言われた。

すると、虞翻は大声でこう言い返す。

「忠や信のない者が何をもって主君にお仕えするというのか? 預かった城をふたつ(江陵と公安〈こうあん〉を指す)も傾けておきながら、将軍などと称してよいものか?」

これを聞いた麋芳は船の戸を閉じ、あわてて虞翻の船を避けさせたという。

のち虞翻が車で出かけた折、たまたま麋芳の軍営を通りかかったが、軍吏が門を閉めたので通れなかった。

すると、虞翻は怒ってこう言った。

「(城門を)閉めねばならぬときに開けて(降伏して)おきながら、(今度は陣門を)開けねばならぬときに閉めてしまう。物事の道理がわかっているのか?」

これを聞き、麋芳は大いに恥じ入ったという。

虞翻には自分の考えを押し通すきらいがあり、たびたび酒席で失態を演じた。加えて孫権と張昭(ちょうしょう)が議論していたとき、話題が神仙のことに及ぶと虞翻は張昭を指さしてこう言った。

「あいつらはみな死人だ。それなのに(死人と)神仙について語り合われるとは……。この世に仙人などいるものか!」

孫権は以前から虞翻の態度に怒りを募らせていたので、ついに交州(こうしゅう)への強制移住を命ずる。それでも虞翻は交州の地で倦(う)むことなく学問や教育に励み、常に数百人の門弟を抱えるほどだった。

また、『易経(えききょう)』や『書経(しょきょう)』に関する先人の誤った解釈を正し、『老子(ろうし)』『論語(ろんご)』『国語(こくご)』の注釈書も著したが、これらは広く世に行われた。

233年、虞翻は70歳で死去したが、柩(ひつぎ)を故郷へ運んで埋葬することが許され、併せて妻子の帰郷も許されたという。

管理人「かぶらがわ」より

経書に精通しているうえ医術の心得もあり、矛までよく遣ったという虞翻。相当ひねくれたところがあったのは確かでしょうけど、孫権はそのような彼を使いこなせなかったことで、かなり損をした感じがします。

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く虞預(ぐよ)の『会稽典録(かいけいてんろく)』にあった王朗と虞翻とのやり取りを見ると、虞翻が古今の有能な人物を実によく知っていた様子もうかがえました。

虞翻が于禁や麋芳に投げかけた皮肉も、決して的外れなものではなかったですしね……。もう少し周囲に気配りができていれば、呉の有力な三公候補だったことでしょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】