張角(ちょうかく)

【姓名】 張角(ちょうかく) 【あざな】 ?

【原籍】 鉅鹿郡(きょろくぐん)

【生没】 ?~184年(?歳)

【吉川】 第001話で初登場。
【演義】 第001回で初登場。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「太平道(たいへいどう)」の教主、天公将軍(てんこうしょうぐん)を称して黄巾(こうきん)の乱を主導

父母ともに不詳。張宝(ちょうほう)と張梁(ちょうりょう)は弟。

184年3月(2月とも)、宗教組織「太平道」の教主である張角が、配下の36方(ぽう。教区)に分かれた各地の帥(すい)らとともに一斉蜂起する。この動きに多くの地方が呼応。郡県の役所を焼き主だった役人を殺害した。

同年3月、霊帝(れいてい)が詔(みことのり)を下して河南尹(かなんいん)の何進(かしん)を大将軍(だいしょうぐん)に任じ、兵をひきい洛陽(らくよう)の都亭(とてい)に駐屯させる。さらに霊帝は八関都尉(はちかんとい)の官を置き、洛陽周辺の守りを固めた。

八関は函谷関(かんこくかん)・広城関(こうじょうかん)・伊闕関(いけつかん)・大谷関(たいこくかん)・轘轅関(かんえんかん)・旋門関(せんもんかん)・小平津関(しょうへいしんかん)・孟津関(もうしんかん)をいう。

同年3月、霊帝が党人(とうじん)を許し、党錮(とうこ)の禁を解く。党人や関係者で辺境に流されていた者の帰還が認められた。

同年3月、霊帝が三公と九卿(きゅうけい)に詔を下し、馬や弩(ど)の供出を命ずるとともに、列将の子孫および吏民で戦陣の方略に詳しい者を推挙させ、公車をもって召し寄せる。

そして北中郎将(ほくちゅうろうしょう)の盧植(ろしょく)に張角の討伐を命ずる。併せて左中郎将(さちゅうろうしょう)の皇甫嵩(こうほすう)と右中郎将(ゆうちゅうろうしょう)の朱儁(しゅしゅん)には、潁川郡(えいせんぐん)の黄巾賊を討伐するよう命じた。

同年3月、黄巾の張曼成(ちょうまんせい)が南陽太守(なんようたいしゅ)の褚貢(ちょこう)を攻めて殺害する。

張角に続く形で、黒山(こくざん)・白波(はくは)・黄龍(こうりょう)・左校(さこう)・牛角(ぎゅうかく)・五鹿(ごろく)・羝根(ていこん)・苦蝤(くしゅう)・劉石(りゅうせき)・平漢(へいかん)・大洪(たいこう)・司隷(しれい)・縁城(えんじょう)・羅市(らふつ)・雷公(らいこう)・浮雲(ふうん)・飛燕(ひえん)・白爵(はくしゃく)・楊鳳(ようほう)・于毒(うどく)らもそれぞれ蜂起した。多い者は配下の数が2、3万、少ない者でも数千を下らなかったという。

同年4月、黄巾の波才(はさい)が朱儁を撃破。

同年4月、汝南郡(じょなんぐん)の黄巾が、邵陵(しょうりょう)で汝南太守の趙謙(ちょうけん)を討ち破る。

同年4月、広陽国(こうようこく)の黄巾が、幽州刺史(ゆうしゅうしし)の郭勲(かくくん)と太守の劉衛(りゅうえい)を殺害。

ここでは劉衛が国相(広陽国相)ではなく太守となっていたものの、理由はわからず。

同年5月、黄巾の波才が長社県(ちょうしゃけん)で皇甫嵩と朱儁に大破される。この戦いでは騎都尉(きとい)の曹操(そうそう)の活躍があった。

同年6月、黄巾の張曼成が南陽太守の秦頡(しんけつ)に撃破されて斬られる。

同年6月、汝南郡の黄巾が西華県(せいかけん)で皇甫嵩と朱儁に大破される。霊帝は詔を下し、引き続き皇甫嵩に東郡(とうぐん)の黄巾賊を、朱儁に南陽郡の黄巾賊を、それぞれ討伐するよう命じた。

同年6月、張角が広宗県(こうそうけん)で盧植の包囲を受ける。ところがほどなく、盧植は小黄門(しょうこうもん)の左豊(さほう)の誣告(ぶこく)により罪に当てられる。霊帝は盧植に代え中郎将の董卓(とうたく)を遣わしたものの、張角に撃破された。

同年7月、張脩(ちょうしゅう。張衡〈ちょうこう〉ともいう)が巴郡(はぐん)で反乱を起こし郡県に侵攻。

同年8月、黄巾の卜巳(ぼくし)が倉亭(そうてい)で皇甫嵩に捕らえられる。霊帝は皇甫嵩に詔を下し、北上して張角を討伐するよう命じた。このころ張角が広宗県で病死。

同年10月、張角の弟の張梁が広宗県で皇甫嵩に捕らえられる。張角の柩(ひつぎ)は発(あば)かれ、その首が斬り落とされた。

同年11月、張角のもうひとりの弟である張宝も、下曲陽県(かきょくようけん)で皇甫嵩に斬られる。

同年11月、黄巾の孫夏(そんか)が宛城(えんじょう)で朱儁に討たれる。

管理人「かぶらがわ」より

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・張魯伝〈ちょうろでん〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『典略(てんりゃく)』には以下のようにありました。

「『太平道』というのは、巫師(みこ)が9つの節のある杖を持ってまじないをし、病人に叩頭(こうとう)させ、過失を反省させてからまじないの水を飲ませる、というものだった。病気にかかっても、短期間で快癒した場合には信心が深いということになり、快癒しなかった場合には信心が足りないと考えられていた」

確かに怪しいものではありますけど、当時の国情は張角の教えが爆発的に広まる素地を備えていたということ。このあと董卓の専横を経て本格的な群雄割拠の時代へと突入していくわけですが、黄巾の乱によって漢室(かんしつ)は一段と弱体化し、その後の流れを決定づけることになりました。
「群雄諸侯」収録人物一覧
三国志に登場する、諸侯クラスの人物の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 群雄諸侯
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました