李豊(りほう)A ※あざなは「安国(あんこく)」

【姓名】 李豊(りほう) 【あざな】 安国(あんこく)

【原籍】 馮翊郡(ひょうよくぐん)東県(とうけん)

【生没】 ?~254年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第109回で初登場。
【正史】 登場人物。

曹爽(そうそう)と司馬懿(しばい)のどちらにも付こうとせず、結局は破滅

父は李義(りぎ。一名を「李恢〈りかい〉」ともいう)だが、母は不詳。李翼(りよく)と李偉(りい)は弟。李韜(りとう)という息子がいた。

李豊は無位無官だった17、8歳のころから、住んでいた鄴(ぎょう)の周辺で清廉潔白との評判を得ていた。また、彼には人物を見分ける才能があり、みなの期待を集めた。

曹丕(そうひ)の黄初(こうしょ)年間(220~226年)、李豊は父の李義の縁故により召されて軍に入る。のち軍に付き従い許昌(きょしょう)へ移ると、彼の名声は日増しに高まったという。しかし、李義は息子のこうした状況が好ましいと思えず、門を閉ざして来客を断るよう命じた。

むかし曹叡(そうえい)が東宮(とうぐう)にいたころ(イマイチ時期はつかめず)、李豊は「文学(ぶんがく。官名)」のひとりだった。

226年に曹叡が即位した後、呉(ご)の降伏者から、魏の名士として李安国(「安国」は李豊のあざな)の名が江東(こうとう)まで伝わっていることを聞く。

このころ李豊は「黄門郎(こうもんろう)」にすぎなかったが、のち「騎都尉(きとい)・給事中(きゅうじちゅう)」に栄転した。

239年、曹叡が崩御(ほうぎょ)すると李豊は「永寧太僕(えいねいたいぼく)」に転じたものの、その後は名声が実質を上回っているとして、あまり用いられなくなってしまう。

それでも曹芳(そうほう)の正始(せいし)年間(240~249年)には「侍中(じちゅう)・尚書僕射(しょうしょぼくや)」に栄転。

だが、李豊は尚書台に所属しながらも病気を理由によく休む。当時の制度では、病欠が100日に達すると職を免ぜられることになっていた。

李豊は病欠が(100日まで)あと数十日になると、しばらく起きて出勤し、再び寝込むということを繰り返す。こうしたやり方を数年間も続けた。

のち曹爽が実権を握ると、李豊は曹爽と司馬懿のどちらにも付かず離れず、態度を明確にしなかった。

249年、曹爽が司馬懿により刑死に追いやられ、252年には司馬懿も死去する。

このころ大将軍(だいしょうぐん)の司馬師(しばし)は欠員となっていた「中書令(ちゅうしょれい)」に李豊を起用。李豊は気乗りしなかったが、自分が帝室の姻戚であることを利用し曹芳に近づこうと考え承諾。それから2年ほど経つと、たびたび曹芳は李豊ひとりを召し寄せ語り合うようになる。

李豊は司馬師に信任されていたが、実のところ太常(たいじょう)の夏侯玄(かこうげん)を慕っていた。そこで皇后(こうごう)の父である光禄大夫(こうろくたいふ)の張緝(ちょうしゅう)と結託し、夏侯玄に政治を執らせようとする。

このとき李豊は朝廷で権力を握っており、息子の李韜が斉長公主(せいちょうこうしゅ。曹叡の娘)を娶っているうえ、張緝と同じ馮翊の出身でもあった。こうしたことから張緝は李豊の計画に加担した。

李豊は、ひそかに弟の兗州刺史(えんしゅうしし)の李翼に参朝を願い出るよう伝え、その軍勢と協力して決起しようと考えた。だが、李翼の参朝は許可されない。

254年、李豊は計画を変更し、曹芳が「貴人(きじん。皇妃の位のひとつ)」の任命のために宮殿の軒先まで出御(しゅつぎょ)する機会を利用しようと考える。

その際に曹芳に決断を迫り、官僚や諸門にある近衛兵をもって司馬師を誅殺し夏侯玄と交代させたうえ、張緝を「驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)」に据えるという算段。

李豊は内密に黄門監(こうもんかん)の蘇鑠(そしゃく)、永寧署令(えいねいしょれい)の楽敦(がくとん)、ジョウ従僕射(じょうじゅうぼくや。宀+儿)の劉賢(りゅうけん)らの承諾を取りつけた。

ところが司馬師がこの陰謀を耳にし、李豊に会いたいと申し入れる。李豊が事情を知らずに出向くと、その場で殺害されてしまった。

夏侯玄や張緝らは逮捕され廷尉(ていい)のもとへ送られる。詔(みことのり)が下り、李韜と斉長公主との間に生まれた3人の子については死刑を免ぜられた。

そして、李豊・夏侯玄・張緝・楽敦・劉賢らは三族(父母・妻子・兄弟姉妹、異説もある)皆殺しとされ、残りの親族も楽浪(らくろう)へ流された。

李豊は曹叡と曹芳の2代にわたって仕えたものの、家計に配慮せず、官僚の俸給だけで暮らしていた。息子の李韜にも制約を課し、他人の財産を侵奪することを許さない。また金銭や絹を賜ると、いつも親戚に分け与えてしまう。

宮女を賜った際にも、普通なら息子や弟に与えるところ、李豊は外甥(がいせい。姉妹の子)に与えた。

李豊の死後、担当官吏が家を調べて財産を没収しようとしたが、余分な蓄えはまったくなかったという。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・夏侯尚伝〈かこうしょうでん〉)に付された「夏侯玄伝」とその裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』によるもの。

なお、『三国志』(魏書・裴潜伝〈はいせんでん〉)の裴松之注に引く同じ『魏略』では、李豊のあざなを「宣国(せんこく)」としており表記に揺れが見られます。ほかの箇所では「安国」としているので一応こちらを採りました。

もし司馬師が殺害されていたら、弟の司馬昭(しばしょう)らもいるとはいえ、やはり大きな影響が出ていたと思われます。

自身は権力を笠に着るような悪さをしなくても、どっち付かずの態度を取り続けると結局はこうなってしまう。出世してもしなくても、官僚というのもなかなか大変ですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】