厳幹(げんかん)

【この記事をシェアする】

【姓名】 厳幹(げんかん) 【あざな】 公仲(こうちゅう)

【原籍】 馮翊郡(ひょうよくぐん)東県(とうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

剣術好きから学問好きへ

父母ともに不詳。

厳幹の出身地の東県に、もともと官吏を出すような名門はなかった。彼は同県の李義(りぎ)と親しく、ふたりとも寒門(権勢のない家柄)の出ながら、性格は重厚だった。

中平(ちゅうへい)年間(184~189年)の末に等しく20余歳で、厳幹は剣術を好み、李義は葬儀を取り仕切ることを好んだという。

馮翊郡の名族である桓氏(かんし)・田氏(でんし)・吉氏(きつし)・郭氏(かくし)に加え、もと侍中(じちゅう)の鄭文信(ていぶんしん)らはふたりの重厚な人柄を認めた。

そのうち三輔(さんぽ。長安〈ちょうあん〉を中心とする地域)が動乱に巻き込まれ、人々はよそへ避難する。しかし厳幹と李義は郷里を離れず、知人らと運命をともにし、薪(たきぎ)を採って自活した。

建安(けんあん)年間(196~220年)の初めになり、ようやく関中(かんちゅう)への道路が開通。詔(みことのり)によって馮翊郡の西部の数県が分割され「左内史郡(さないしぐん)」となり、高陵(こうりょう)に郡庁が置かれる。東部の数県は本郡(馮翊郡)とされ、臨晋(りんしん)に郡庁が置かれた。

所属から見れば、厳幹も李義も西部(左内史郡)に仕えるのが当然だったが、李義は言った。

「西部の県の青二才らと席を争うわけにはいかない。今は一緒に四角の寝台でも作ろう」

こうして互いを頼りにし合い、ともに東郡(とうぐん)に仕えて重職を務めた。

ここにある「東郡」は兗州(えんしゅう)の東郡のことなのか、「左内史郡」に対する「東部の郡(馮翊郡)」のことなのかイマイチよくわからず。たぶん後者だろうが……。

厳幹は、司隷校尉(しれいこうい)の鍾繇(しょうよう)から招かれたものの行かなかった。この年(?)の終わり、郡は厳幹を孝廉(こうれん)に推挙し、李義を「上計掾(じょうけいえん)」に任じた。

のち李義は会計報告のため上京した際、そのまま都にとどめられ「平陵県令(へいりょうけんのれい)」に任ぜられる。やがて「冗従僕射(じょうじゅうぼくや)」に昇進し高官を歴任するに至った。

厳幹は「蒲阪県令(ほはんけんのれい)」に任ぜられたが、病気のため官を離れた。それでも再び至孝(しこう)に推挙され「公車司馬令(こうしゃしばれい)」となる。州の要請を受け、詔により「議郎(ぎろう)」に任ぜられると、帰郷して州の政治に参与した。

(206年に)高幹(こうかん)を捕らえる策を立てたことや、以前(202年)に郭援(かくえん)を討伐したときの功績が採り上げられ、厳幹は「武郷侯(ぶきょうこう)」に封ぜられたうえ「弘農太守(こうのうのたいしゅ)」に昇進。

211年、馬超(ばちょう)らが関中で反乱を起こすと、その勢力圏に近かったので、弘農郡の住民はバラバラになって逃げた。馬超が討ち破られた後、厳幹は「漢陽太守(かんようのたいしゅ)」に転任。

のち「益州刺史(えきしゅうのしし)」に昇進するも道路が通ぜず、曹丕(そうひ)の黄初(こうしょ)年間(220~226年)に「五官中郎将(ごかんちゅうろうしょう)」に転ずる。

曹叡(そうえい)の時代(226~239年)には「永安太僕(えいあんたいぼく)」に昇進し、数年後に死去(時期は不明)した。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・裴潜伝〈はいせんでん〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』によるもの。李義と記事がセットになっている部分はそのまま使い、無理に分けないようにしました。

また、厳幹は「弘農太守」の時に失敗(住民が四散)した後、考えを改め学問に励むようになり、特に『春秋公羊伝(しゅんじゅうくようでん)』に精通したそうで、『春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)』を愛好する司隷校尉の鍾繇と、しばしば両伝を巡って議論が交わされたのだとか。

ちなみに厳幹が学問に励むようになった時期については、原文の「幹従破乱之後、更折節学問、特善春秋公羊」の解釈が難しい感じ。ここを、薪を採って自活していたとき(190年ごろ)の話と見るのは無理がありますかね?

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】