孫慮(そんりょ)A ※孫権(そんけん)の息子

【姓名】 孫慮(そんりょ) 【あざな】 子智(しち)

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 213~232年(20歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・孫慮伝』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

呉(ご)の孫権(そんけん)の息子、建昌侯(けんしょうこう)

父は孫権だが、母は不詳。

孫登(そんとう)は兄で、孫和(そんか)・孫霸(そんは)・孫奮(そんふん)・孫休(そんきゅう)・孫亮(そんりょう)はみな弟。孫魯班(そんろはん)と孫魯育(そんろいく)に加え、劉纂(りゅうさん)に嫁いだ姉妹もいた。妻は潘濬(はんしゅん)の娘の潘氏。

孫慮は幼いころから聡明で器用だったため、孫権は才能を高く評価してかわいがった。

228年に建昌侯に封ぜられ、その2年後、丞相(じょうしょう)の顧雍(こよう)らが孫慮の聡明さを称え、爵位を進め王とするよう上奏したものの、孫権は許可しなかった。

それからしばらくして、尚書僕射(しょうしょぼくや)の存(そん。姓は不詳)が上疏し、再び孫慮の聡明さを称え、鎮軍大将軍(ちんぐんだいしょうぐん)に任ずるよう要請した。

231年、ついに孫権も意見を聞き入れ、孫慮を鎮軍大将軍に任じて仮節(かせつ)を授け、独自の府を開くことを許す。孫慮の府は半州(はんしゅう。九江〈きゅうこう〉付近)に置かれることになった。

孫慮が皇子という高い身分にあり、まだ年も若かったことから、多くの人々は彼が独断で事を運ぶのではないかと心配した。しかし、孫慮が赴任して実際の統治にあたると、法律や制度を順守し、師友の意見をよく聞き入れ、みなが期待した以上の治績を挙げた。

ところが、翌232年1月に死去。このときまだ20歳だった。息子がいなかったため封国は除かれた。

管理人「かぶらがわ」より

この孫慮も文武両道で夭折(ようせつ)が惜しまれる人物でした。人の意見を素直に聞き入れるところもあったようです。

『三国志』(呉書・孫登伝)には「孫慮の死を悲しむあまり、孫権は十分な食事を取ることができなくなった」と書かれています。

このとき孫登は武昌(ぶしょう)から昼夜兼行で駆けつけ、孫権に目通りしました。「孫登は父の様子に涙しつつも、礼の節度を越えて悲しまぬよう諫めた。すると孫権も聞き入れ、食事の量を増やした」というもの。

孫登は許しを得てそのまま建業(けんぎょう)に留まることになります。孫権の孫慮への期待の高さ、そして彼の死を受けての落胆ぶりがうかがえますね。

また、孫慮の建昌侯時代のエピソードとして、『三国志』(呉書・陸遜伝〈りくそんでん〉)には次のような話がありました。

「孫慮が表座敷の正面にある庭に闘鴨(とうおう。闘鶏の類い。アヒルを用いたもの)のための木柵を設け、いろいろと手の込んだ仕掛けを施したことがあった」

「陸遜は厳しい表情で言った。『君侯たる者、努めて経典(けいてん)を読み、いつも徳を磨くことに気を配られるべきなのに、このような物を何のために作られたのでしょうか?』。こう言われた孫慮は、すぐに闘鴨用の仕掛けを取り壊した」のだと。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました