賈逵(かき)A ※賈充(かじゅう)の父

【この記事をシェアする】

【姓名】 賈逵(かき) 【あざな】 梁道(りょうどう)

【原籍】 河東郡(かとうぐん)襄陵県(じょうりょうけん)

【生没】 174~228年(55歳)

【吉川】 第243話で初登場。
【演義】 第079回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・賈逵伝』あり。

豫州(よしゅう)の官民から慕われ、没後に石碑と祠(ほこら)が建つ

父母ともに不詳。賈習(かしゅう)は祖父。息子の賈充(かじゅう)は跡継ぎ。

賈逵はもとの名を「衢(く。賈衢)」とも言い、子どものころによく部隊の編成ごっこをして遊んでいた。祖父の賈習はそのような孫を見込み、自ら数万字に及ぶ兵法を教えたという。

初め賈逵は郡吏となり「絳邑県長(こうゆうけんのちょう)」を代行する。

202年?、袁尚(えんしょう)から「河東太守(かとうのたいしゅ)」に任ぜられた郭援(かくえん)が河東を攻めた際、その通り道になった城邑(まち)は降伏したが、賈逵だけは固守した。のち茂才(もさい)に推挙され「澠池県令(べんちけんのれい)」となる。

205年、先に曹操(そうそう)に降っていた高幹(こうかん)が幷州(へいしゅう)を挙げて反乱を起こす。

これを受け、河内(かだい)の張晟(ちょうせい)配下の1万余が崤(こう)や澠(べん)の地を荒らし回り、河東の衛固(えいこ)や弘農(こうのう)の張琰(ちょうえん)も挙兵し高幹に呼応した。

賈逵は挙兵の計画を知らずに張琰と会っていたが、そこへ事変の勃発が伝わる。賈逵は帰ろうとしたものの、この場で捕らえられてしまうことを心配。そこで同じ考えを持っているように見せかけ、張琰のために策を立てて信用させた。

このころ澠池の県庁は蠡県(れいけん)に寄留していたが、城壁や堀の守りは堅くなかった。賈逵は張琰に城壁を修理するための兵を求め、それをもって抵抗。こうして張琰を討ち破った後、祖父の死を理由に官を辞した。

のち司徒(しと)に召されて「掾(えん)」となり、「議郎(ぎろう)」として司隷校尉(しれいこうい)の軍事に参画。

211年、曹操が馬超(ばちょう)を討伐した際、弘農は西方への街道の要所であるとし、賈逵に「弘農太守」を代行させた。曹操は賈逵を召し出して相談したが、彼のことをたいへん気に入り、側近に向かいこう語ったという。

「天下の二千石(にせんせき。『太守』の意)がみな賈逵のようであったら、私は何を心配すればよいのか」

その後、兵を徴発したとき、賈逵は屯田都尉(とんでんとい)が逃亡民をかくまっているのではないかと疑念を抱いた。ところがこの屯田都尉は、自分が郡の管轄下にないことから不遜な言葉を吐く。

怒った賈逵は彼を逮捕したうえ、罪を責め立てて脚をへし折る。しかし、そのかどで自分も免職になった。それでも曹操は心中で賈逵の行いをよしとしており、改めて「丞相主簿(じょうしょうしゅぼ)」に取り立てた。

曹操が「丞相」を務めていた期間は208~220年。

219年、曹操が劉備(りゅうび)を討伐した際、賈逵は命を受けて先行し、斜谷(やこく)の情勢を探る。この道中、水衡都尉(すいこうとい)が数十人の囚人を車で運んでくるのに出会う。賈逵は軍情が厳しい折だからと、重罪のひとりを除き、ほかの者をみな釈放させた。

曹操は彼の判断を嘉(よみ)して「諫議大夫(かんぎたいふ)」に任じ、夏侯尚(かこうしょう)らとともに計略をつかさどらせた。

翌220年、曹操が洛陽(らくよう)で崩ずると、賈逵はその葬儀を取り仕切った。このころ鄢陵侯(えんりょうこう)の曹彰(そうしょう)は「越騎将軍(えっきしょうぐん)」を代行していたが、長安(ちょうあん)から駆けつけるや先王(曹操)の璽綬(じじゅ)のありかを尋ねる。

賈逵は、きっとなって言う。

「太子(たいし。曹丕〈そうひ〉。曹彰の同母兄)は鄴(ぎょう)におわし、国には世継ぎの君がございます。先王の璽綬については、あなたさまがお尋ねになることではございません」

そして、曹操の柩(ひつぎ)を奉じて鄴へ向かった。曹丕が王位を継ぐと賈逵を「鄴県令」とし、ひと月余りで「魏郡太守(ぎぐんのたいしゅ)」に昇進させる。

222年?、曹丕が大軍をひきいて親征に出ると、賈逵は「丞相主簿祭酒(じょうしょうしゅぼさいしゅ)」として随行。

この時期に「丞相主簿祭酒」という官職はなかったと思われる。「大軍が出征した」というが、222年のことを指しているわけではないのかも?

黎陽(れいよう)の津(わたし)まで来たところ、黄河(こうが)を渡る者が列を乱す。賈逵が彼らを斬り捨てたので列は整った。さらに譙(しょう)まで来たところで、賈逵は「豫州刺史(よしゅうのしし)」に任ぜられる。

このころ天下は落ち着きかけたばかりで、州郡では政治に行き渡らない点が多かった。賈逵は上奏し、州の高官が法律をないがしろにした結果、盗賊が横行しているにもかかわらず、故意に糾明していないと指摘する。

前の豫州刺史から休暇をもらった兵曹従事(へいそうじゅうじ)がいて、賈逵の着任後、数か月してようやく戻ってきた。賈逵は州の二千石以下の官吏のうち、阿諛追従(あゆついしょう)して法律に合わない者を調べ上げ、すべて免職とするよう上申。

すると曹丕は高く評価し、天下に布告して豫州のやり方を模範とさせる。賈逵は「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられた。

豫州の南は孫権(そんけん)の勢力圏と接していたため、賈逵は敵情をしっかり探らせ、武器を修理し攻守両面の備えをする。その様子に賊(孫権軍)も思い切って侵攻してこなかった。

賈逵は軍備を整える一方で民政にも努め、鄢水(えんすい)と汝水(じょすい)を遮り新たな堤を築く。また山を断ち切り、長い谷川の水をため「小弋陽陂(しょうよくようひ)」を造ったり、200余里(り)にわたる運河を通したりしたが、これは「賈侯渠(かこうきょ)」と呼ばれるようになった。

黄初(こうしょ)年間(220~226年)、賈逵は諸将とともに呉(ご)の討伐に参加し、洞浦(どうほ)で呂範(りょはん)を撃破する。功により「陽里亭侯(ようりていこう)」に爵位が進み、「建威将軍(けんいしょうぐん)」の称号を授けられた。

226年、曹叡(そうえい)が帝位を継ぐと200戸を加増され、以前と合わせて封邑(ほうゆう)は400戸となる。

このころ孫権が豫州の南方の東関(とうかん)におり、長江(ちょうこう)から400余里の距離があった。そして兵を出すときは、いつも西方は江夏(こうか)から、東方は廬江(ろこう)から侵入してくる。同じく魏が討伐軍を出すときも、必ず淮水(わいすい)や沔水(べんすい)を通った。

だが、豫州の軍勢は項(こう)にいたため、汝南(じょなん)や弋陽といった諸郡では国境を守っているだけだった。孫権は北方に不安がなかったので、東方や西方に危急があれば軍を併せて救援し合い、敗れることも少なかった。

そこで賈逵は、長江までの直通の道を開設すべきだと主張する。こうした道があれば、孫権自身が防戦に出た際に東西へは援軍を送れないから、東関の攻略も可能になるはずと考えてのことだった。

賈逵が駐屯地を潦口(りょうこう)へ移し、東関を攻め取る計略を上申したところ、これを曹叡は評価した。

この年?、呉の将軍の張嬰(ちょうえい)と王崇(おうすう)が、軍勢を引き連れ魏に降る。

228年、曹叡の詔(みことのり)により、賈逵は前将軍(ぜんしょうぐん)の満寵(まんちょう)と東莞太守(とうかんたいしゅ)の胡質(こしつ)ら4軍を監督し、西陽(せいよう)から東関へ向かう。この際、別に曹休(そうきゅう)が皖(かん)へ、司馬懿(しばい)が江陵(こうりょう)へ、それぞれ進軍した。

賈逵が五将山(ごしょうざん)まで来たところ、曹休は賊(呉)のうちに降伏を願い出ている者(周魴〈しゅうほう〉)がいると上奏。敵地深くへ進み、彼らに呼応したいと述べる。

これを受け新たな詔が下り、司馬懿は進軍を止め、賈逵は東方へ転じて曹休と合流し、さらに進むことになった。しかし賈逵は、曹休が敵地深くまで進入して戦えば必ず敗れると判断。諸将に部署を割り当てると水陸から同時に進軍する。

200里ほど進んだところで、生け捕った賊兵から曹休の石亭(せきてい)での大敗を聞き、呉軍が夾石(きょうせき)を押さえて退路を断ったこともわかった。

諸将には後続の援軍を待ちたいと考える者が多かったが、賈逵は呉軍の不意を突くほうがよいと言い、通常の倍の速度で進軍。多くの旗指物を掲げ、陣太鼓を激しく打たせて大軍に見せかけると、これを見た呉軍は引き揚げてしまう。

賈逵は夾石を占拠し兵と食糧を供給。これを受け、ようやく曹休の軍も勢いを盛り返すことができた。

この年、賈逵は病にかかって危篤となり、そのまま亡くなってしまう。このとき55歳だったという。

死に際しては側近に、孫権を斬らないうちに逝くことへの無念を述べたうえ、自分の葬儀のために決して何か新しく作ったり直したりしないよう言い残す。豫州の官民は彼を追慕し、項に石碑と祠を建てた。賈逵は「粛侯(しゅくこう)」と諡(おくりな)され、息子の賈充が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、賈逵と曹休は仲が悪く、黄初年間には以下のようなこともありました。

曹丕が賈逵に「節(せつ。権限を示すしるし)」を与えるつもりでいたところ、曹休がこう言います。

「賈逵は剛毅な性格で、日ごろ将軍たちを侮り軽んじております。『都督(ととく)』とされてはいけません」

これを聞くと、曹丕は「節」を与えるのを取りやめてしまったのだと。

にもかかわらず、深入りした曹休が夾石で危機に陥った際、賈逵は思い切った判断で曹休を救いました。まぁ、曹休ひとりのためではないのでしょうけど、こういったことから見ると、賈逵のほうが器が大きかったと言えそうです。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】