楊戯(ようぎ)

【姓名】 楊戯(ようぎ) 【あざな】 文然(ぶんぜん)

【原籍】 犍為郡(けんいぐん)武陽県(ぶようけん)

【生没】 ?~261年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・楊戯伝』あり。

『季漢輔臣賛(きかんほしんさん)』の撰者(せんじゃ)として後世に名を残す

父母ともに不詳。

楊戯は若いころ、程祁(ていき)・楊汰(ようたい)・張表(ちょうひょう)と並んで名を知られた。いつも楊戯は程祁を第一に推したが、丞相(じょうしょう)の諸葛亮(しょかつりょう)は楊戯のことを深く認めていたという。

楊戯は20余歳で州の「書佐(しょさ)」から「督軍従事(とくぐんじゅうじ)」となり、軍中の裁判をつかさどる。その判決の公平さや妥当さが評価され、丞相府に召されて「主簿(しゅぼ)」に転じた。

234年、諸葛亮が陣没すると楊戯は「尚書右選部郎(しょうしょゆうせんぶろう)」に任ぜられ、益州刺史(えきしゅうしし)の蔣琬(しょうえん)に請われ「治中従事史(ちちゅうじゅうじし)」となる。

238年、蔣琬が「大将軍(だいしょうぐん)」として将軍府を開くと、楊戯は再び召され「東曹掾(とうそうのえん)」を務めた。

のち楊戯は「南中郎参軍(なんちゅうろうさんぐん)」を経て「ライ降都督(らいこうのととく。广+來)」の副将となり、「建寧太守(けんねいのたいしゅ)」を兼ねる。

その後、病気のため成都(せいと)に召し還されて「護軍(ごぐん)・監軍(かんぐん)」に任ぜられ、のち地方へ出て「梓潼太守(しとうのたいしゅ)」となり、また中央へ戻って「射声校尉(しゃせいこうい)」となった。

楊戯はいずれの官職にあっても清潔かつ簡約で、煩わしさがなかったといい、この間の241年には『季漢輔臣賛』を著した。

257年、楊戯は大将軍の姜維(きょうい)に付き従い出陣し、芒水(ぼうすい)へ赴く。

楊戯は日ごろから姜維に心服しておらず、酒が入った後の談笑の席で、いつも馬鹿にするようなことを言った。姜維は表向き寛大な態度を見せていたが、内心は不愉快で耐えがたく思っていた。

やがて軍が帰還すると、姜維の意を受けた担当官吏の上奏により、楊戯は免職のうえ庶民に貶(おと)されてしまう。そして261年に死去した。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、楊戯は仕事を怠けて手抜きをするようなところがあったものの、人に取り入ったりせず、情に流されることもなかったといいます。文書で何か指示をする際も、一枚の紙にびっしりと文字を書くことはまれだったのだとか。

一方で旧友に対しては誠意と厚情を貫き、病気で廃人同然となった韓儼(かんげん)や、素行の悪さにより誰からも相手にされなくなった黎韜(れいとう)に援助し、友情を保ち続けたとも。

さらに、まだ評価する者が少なかった譙周(しょうしゅう)をただひとり称賛していたため、のちに楊戯の見識を高く評価する声が上がったそうです。

陳寿(ちんじゅ)が(『三国志』の)「蜀書」の終わりに『季漢輔臣賛』を引用したことで、楊戯の名も不朽のものになりましたね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】