李邈(りばく)

【姓名】 李邈(りばく) 【あざな】 漢南(かんなん)

【原籍】 広漢郡(こうかんぐん)シ県(しけん。妻+阝)

【生没】 ?~234年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

旧恩ある諸葛亮(しょかつりょう)を誹謗(ひぼう)して刑死

父母ともに不詳。李朝(りちょう)と李邵(りしょう)は弟で、ほかにも夭折(ようせつ)した弟がいた。

李邈は、劉璋(りゅうしょう)の時代(194~214年)に「牛鞞県長(ぎゅうひけんのちょう)」となる。

214年、劉備(りゅうび)が成都(せいと)で劉璋を降し「益州牧(えきしゅうのぼく)」を兼ねると、李邈は「従事(じゅうじ)」に任ぜられた。

ある年の元旦に酒をついで回る役を務めたとき、李邈は劉備が劉璋から益州を奪ったことを面詰する。担当官吏の進言で処刑されそうになったが、諸葛亮の嘆願により刑死を免れた。

しばらくして李邈は「犍為太守(けんいのたいしゅ)・丞相参軍(じょうしょうさんぐん)・安漢将軍(あんかんしょうぐん)」となる。

228年、諸葛亮が軍勢をひきい祁山(きざん)へ向かうと、魏延(ぎえん)や呉壱(ごいつ。呉懿〈ごい〉)ら老練な将軍ではなく、馬謖(ばしょく)を先鋒に抜てきした。

ところが馬謖は街亭(がいてい)で魏(ぎ)の張郃(ちょうこう)に撃破され、味方は散りぢりになってしまう。これを受け諸葛亮も進軍を諦め、漢中(かんちゅう)へ引き返す。

帰還後に諸葛亮が馬謖を処刑しようとすると、李邈はこの考えに反対し不興を買い、成都へ戻されてしまった。

234年、諸葛亮が陣没すると劉禅(りゅうぜん)は喪服を着け、3日にわたり哀悼の意を表す。

このとき李邈が上表し、前漢(ぜんかん)の呂禄(りょろく。呂后〈りょこう〉の甥)や霍禹(かくう。霍光〈かくこう〉の息子)の例を挙げ、諸葛亮ほど強大な権力を持つ臣下を辺境の任務(北伐)に就かせるべきではなかったとし、彼の死はみなで喜ぶべきことだと述べた。

これを聞いた劉禅が腹を立て、李邈は投獄のうえ処刑されたという。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・楊戯伝〈ようぎでん〉)の『季漢輔臣賛(きかんほしんさん)』の陳寿(ちんじゅ)の注記およびその裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く常璩(じょうきょ)の『華陽国志(かようこくし)』によるものです。

劉備の益州取りの過程は道義的に褒められたものではないと思いますが、諸葛亮についても李邈のような見方をしていた人がいたのですね。諸葛亮ほど政治力に優れた人でも、みなに同じ方向を向かせるのは難しかったらしい……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】