徐宣(じょせん)

【姓名】 徐宣(じょせん) 【あざな】 宝堅(ほうけん)

【原籍】 広陵郡(こうりょうぐん)海西県(かいせいけん)

【生没】 ?~236年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・徐宣伝』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

曹氏(そうし)3代(曹操〈そうそう〉・曹丕〈そうひ〉・曹叡〈そうえい〉)に仕えて厚い信頼を得る

父母ともに不詳。息子の徐欽(じょきん)は跡継ぎ。

徐宣は動乱を避け江東(こうとう)へ赴いたものの、孫策(そんさく)の任命を辞退して本郡に帰る。そして広陵太守(こうりょうたいしゅ)の陳登(ちんとう)から綱紀(こうき)に任ぜられた。

彼は同郡の陳矯(ちんきょう)と名声を等しくしたが、個人的な仲はうまくいかなかった。それでもふたりとも陳登に重んぜられ、みなで曹操に心を寄せる。

海西や淮浦(わいほ)の民が反乱を起こした際、都尉(とい)の衛弥(えいび)と海西県令(かいせいけんれい)の梁習(りょうしゅう)が駆けつけ、夜のうちにひそかに徐宣を送り出したため乱を免れた。

曹操は督軍(とくぐん)の扈質(こしつ)に賊の討伐を命じたが、兵が少なく途中で進めなくなる。徐宣はひそかに扈質と会い情勢を説明し、進撃と賊の撃破を助けた。

のち徐宣は曹操に召されて司空掾属(しくうのえんぞく)となり、東緡県令(とうびんけんのれい)や発干県令(はっかんけんのれい)を経て斉郡太守(せいぐんのたいしゅ)に昇進。

曹操が司空を務めていた期間は196~208年。

208年、中央へ入って門下督(もんかとく。丞相門下督)となり、翌209年には曹操に付き従い寿春(じゅしゅん)へ赴く。

曹操が丞相を務めていた期間は208~220年。

211年、馬超(ばちょう)らが反乱を起こすと、曹操は大軍をひきいて西征に向かう。このとき徐宣が左護軍(さごぐん)に任ぜられ、いまだ安定しない揚州(ようしゅう)で諸軍を統率することになった。

曹操が帰還した後、徐宣は丞相東曹掾(じょしょうとうそうえん)となり、地方へ出て魏郡太守(ぎぐんのたいしゅ)に転ずる。

220年1月、曹操が洛陽(らくよう)で崩ずると、群臣は殿中に入り喪を発した。この時ある者が、諸城の郡守(太守)を(曹氏と同郷の)譙(しょう)や沛(はい)の出身者と交代させるべきだと述べる。

すると徐宣は厳しい声で言った。

「現在は遠きも近きも統一され、みな忠節を尽くしたいとの気持ちを抱いている。なぜ譙や沛の者に限ることがあろうか? そのようなことをすれば、各地で守備にあたってきた者の心をくじいてしまうぞ!」

これを聞いた曹丕は徐宣を高く評価して言った。

「彼はいわゆる社稷(しゃしょく)の臣(国家の重臣)である」

同年10月、曹丕が帝位に即いた後、徐宣は御史中丞(ぎょしちゅうじょう)に昇進し関内侯(かんだいこう)に封ぜられる。

のち城門校尉(じょうもんこうい)に移ったものの、わずかひと月で司隷校尉(しれいこうい)に昇進し散騎常侍(さんきじょうじ)に転じた。

222年、曹丕に付き従い広陵まで行くと、全軍で船に乗り込んだとき風浪が強まる。そのため曹丕の船は横倒しになった。

徐宣は後方で案じていたが、波を搔(か)き分けて前へ出て、いち早く曹丕のところまでたどり着く。曹丕は勇気ある行為と考え、彼を尚書(しょうしょ)に昇進させた。

226年、曹叡が帝位を継ぐと、徐宣は津陽亭侯(しんようていこう)に爵位が進む。封邑(ほうゆう)は200戸だった。

のち中領軍(ちゅうりょうぐん)の桓範(かんはん)の推薦もあり左僕射(さぼくや。尚書左僕射)に昇進。やがて侍中(じちゅう)・光禄大夫(こうろくたいふ)の官位を加えられる。

曹叡が許昌(きょしょう)に行幸した際、徐宣は留守中の諸事を統括。そして曹叡が還幸した後、尚書の担当官吏が文書を奉呈した。

だが曹叡は詔(みことのり)を下し、その中で「朕(ちん)が見ても僕射(徐宣)が見ても、どう違うのだ」と述べ、それらの文書を見ようともしなかったという。

尚方令(しょうほうれい。官名)が勝手に人と会った件で取り調べを受けたとき、徐宣は上奏文を奉り、刑罰が厳しすぎると述べた。また、宮殿の造営で民力を使い果たすことを諫め、曹叡はこれらの意見に自筆の詔を下して応えた。

徐宣は68歳の時、病気を理由に強く退官を願い出る。しかし、曹叡はどうしても許可しなかった。

236年、徐宣は死去したが、その死に臨み、(自分の遺体には)布衣を着せて疏巾(そきん。粗末な頭巾)をかぶせ、時節の衣服で身を包むよう遺言。

詔により車騎将軍(しゃきしょうぐん)の官位が追贈され貞侯(ていこう)と諡(おくりな)される。葬儀は三公の礼をもって執り行われ、息子の徐欽が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

前に採り上げた同郡の陳矯と似た経歴をたどった徐宣は、亡くなった時期も1年違い。徐宣は生前に三公へ昇りませんでしたが、陳矯は亡くなる直前に司徒(しと)に昇っています。

コンビかとも思わせるふたりなのに、ずっと仲は悪かったとのこと。陳矯が同族の娘を娶ったことが最後まで引っかかっていたのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の重臣 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました