曹賛(そうさん)B ※曹林(そうりん)の息子

【姓名】 曹賛(そうさん) 【あざな】 ?

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

曹林(そうりん)の息子、西郷哀侯(せいきょうのあいこう)

父は曹林だが、母は不詳。曹壱(そういつ)は弟。曹林の跡を継いだ曹緯(そうい)も弟か?

215年、曹賛は早くに死去した曹玹(そうけん)の跡継ぎとして立てられ西郷侯(せいきょうこう)に封ぜられた。しかし曹賛も早くに亡くなり、息子はいなかった。そこで曹丕(そうひ)は、曹賛の弟の曹壱を曹玹の跡継ぎとして立てた。

221年、曹壱は改めて済陽侯(せいようこう)に封ぜられ、223年には済陽公に爵位が進んだ。

230年、亡き曹玹の爵位がさかのぼって進められ、懐公(済陽懐公)の諡号(しごう)が追贈された。

232年にはさらに曹玹の爵位が進められ懐王(済陽懐王)とされ、亡き曹賛にも哀侯(西郷哀侯)の諡号が追贈された。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

曹林の息子として名が出てくる曹緯・曹賛・曹壱の兄弟順がイマイチはっきりしません。上で挙げたように、曹壱が曹賛の弟だというのは『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・済陽懐王玹伝〈せいようかいおうけんでん〉)にありますが、曹緯はふたりの兄なのか弟なのか?

曹賛が曹玹の跡継ぎとして立てられたのは215年のことで、彼が早くに亡くなって息子もいなかったため、曹丕は(曹賛の)弟の曹壱に曹玹の跡を継がせています。

曹賛の没年は書かれていませんが、221年に曹壱が改めて済陽侯に封ぜられたとあることから、215~221年の間だと考えられます。そして、曹緯が曹林の跡を継いだのは256年のこと。曹賛・曹壱の話からみると、かなりあとの時代になります。

それぞれの母親が、曹林の正室だったのか側室だったのかで話は変わってくると思いますが、年代的に考えれば、曹緯が曹賛・曹壱の弟とみるのが自然でしょうか?

でも、曹緯が曹林の跡を継いだとき相当な年齢だった可能性もないとは言えず――。これは断定しないほうがよさそうですね。

また、『三国志』(魏書・沛穆王林伝〈はいぼくおうりんでん〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『嵆氏譜(けいしふ)』によると「嵆康(けいこう)の妻は曹林の娘だった」ということです。

ただし、この記事については確認中。訳書では「嵆康の妻は曹林の子の娘である」となっており、「曹林の娘」とはなっていませんでした。

『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』(坂口和澄〈さかぐち・わずみ〉著 光人社)の嵆康に関する記事に説得力があったので、ここは一応「曹林の娘」としておきます。信頼のおける文献で原文を見られれば解決しそうなので、最終的な判断は保留ということで。

追記

嵆康が娶ったのが「曹林の娘」なのか「曹林の子の娘(つまり孫娘)」なのかについて、『正史三國志群雄銘銘傳 増補・改訂版』(坂口和澄著 潮書房光人社)では「曹林」および「嵆康」の項目に修正が見られました。

曹林の項目では、「嵆紹(けいしょう)の妻は曹林の女(むすめ)である」としてあった部分が「嵆康の妻は曹林の子の女である」に改められており、嵆康の項目では、「曹林の娘を娶った」としてあった部分が「曹林の孫女を娶った」に改められていました。

「嵆紹」は嵆康の息子ですから、この2か所の修正によって疑問が解決したと思います。「嵆康が娶ったのは曹林の孫娘だった」というのが結論。ちなみに、嵆康の父は「嵆昭(けいしょう)」ですけど、(孫の)「嵆紹」と混同しやすそうですよね……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました