満寵(まんちょう)

【この記事をシェアする】

【姓名】 満寵(まんちょう) 【あざな】 伯寧(はくねい)

【原籍】 山陽郡(さんようぐん)昌邑県(しょうゆうけん)

【生没】 ?~242年(?歳)

【吉川】 第050話で初登場。
【演義】 第010回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・満寵伝』あり。

曹氏(そうし)4代(曹操〈そうそう〉・曹丕〈そうひ〉・曹叡〈そうえい〉・曹芳〈そうほう〉)に仕え無数の功を上げる。昌邑景侯(しょうゆうのけいこう)

父母ともに不詳。息子の満偉(まんい)は跡継ぎで、このほかにも息子がいたことがうかがえる。司馬懿(しばい)の息子の司馬幹(しばかん)に嫁いだ娘もいた。

満寵は18歳で郡の「督郵(とくゆう)」となる。そのころ郡内の李朔(りさく)らが私兵を抱え、民に被害を与えていた。太守(たいしゅ)の命により満寵が取り締まりにあたると、李朔らは処罰を請い、一切の劫略(きょうりゃく。脅〈おびや〉かしてかすめ取ること)をやめたという。

のち満寵は(山陽郡の)「高平県令(こうへいけんのれい)」を代行。県人の張苞(ちょうほう)が郡の「督郵」となり、賄賂で職を汚して行政を混乱させると、満寵は吏卒を連れ、張苞が宿舎にいるときを狙って逮捕する。そしてその日のうちに取り調べを終えるや、官を捨てて帰郷した。

192年、曹操が兗州(えんしゅう)を治めると、満寵は召されて「従事(じゅうじ)」に任ぜられる。

196年、曹操が「大将軍(だいしょうぐん)」になると満寵は「西曹属(せいそうぞく)」となり、のち「許県令(きょけんのれい)」に転じた。

ほどなく曹操は袁紹(えんしょう)に「大将軍」を譲り、新たに「司空(しくう)・行車騎将軍事(こうしゃきしょうぐんじ)」に就任した。

当時、曹洪(そうこう)は曹操の親愛を得て高い身分にあり、たびたび彼の食客が法を犯していた。満寵が逮捕して取り調べると、曹洪はひそかに手紙を遣り(赦免してほしいという)意向を伝える。しかし、満寵は聞き入れなかった。

そこで曹洪が曹操に上言したところ、許の担当官吏が召し出される。満寵は赦免するつもりだと察し、すぐに問題の食客たちを処刑。曹操も満寵の処置を評価したという。

このころ袁紹が北方におり、大きな勢力を持っていた。汝南(じょなん)は袁紹の本郡だったため、彼の門生や食客が諸県に散らばり、それぞれ兵を抱えて抵抗していた。

袁紹は汝南郡汝陽県(じょようけん)の出身。

そこで曹操は満寵を「汝南太守」に起用する。満寵は着任後に500人を募り、彼らをひきいて20余りの砦(とりで)を攻略した。それでも降伏しない指導者を招き、座上で10余人を殺害し一挙に平定。民2万戸と兵2千人が統治下に入り、農耕に従事することになった。

208年、満寵は曹操の荊州(けいしゅう)討伐に付き従う。(赤壁〈せきへき〉での敗戦後)軍の帰還にあたり満寵も留め置かれ、「行奮威将軍(こうふんいしょうぐん)」として当陽(とうよう)に駐屯する。

たびたび孫権(そんけん)が東方の国境地帯を騒がせると、満寵は再び「汝南太守」となり「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられた。

219年、劉備(りゅうび)配下の関羽(かんう)に襄陽(じょうよう)が包囲されたとき、満寵は征南将軍(せいなんしょうぐん)の曹仁(そうじん)とともに樊城(はんじょう)にあった。

ところが左将軍(さしょうぐん)の于禁(うきん)らの援軍は、長雨による漢水(かんすい)の氾濫もあり関羽に全滅させられた。樊城は関羽の猛攻にさらされ、やがて城壁も水に漬かってしまい、城内の人々は色を失う。

ある者が曹仁に、敵の包囲陣が完成しないうち、夜に紛れて舟で脱出するよう勧める。

すると満寵は今回の洪水は長引かないとしたうえ、関羽が別将を郟(きょう)の辺りまで出しており、許の以南で混乱が起きていると聞いたことを話し、それでも関羽が進撃しないのはわが軍が背後を突くのを恐れているからで、このまま樊城にとどまるべきだと述べた。曹仁も満寵の意見に従う。

そのうち徐晃(じょこう)らの援軍が到着。満寵も力戦して功を上げ、関羽軍を退却させる。満寵は功により「安昌亭侯(あんしょうていこう)」に爵位が進んだ。

220年、曹丕が「魏王(ぎおう)」を継ぐと、満寵は「揚武将軍(ようぶしょうぐん)」に転ずる。孫権軍と江陵(こうりょう)で戦って功を立てたため、改めて「伏波将軍(ふくはしょうぐん)」に任ぜられ新野(しんや)に駐屯した。

魏の大軍が南征し精湖(せいこ)まで進んだ際、満寵は諸軍をひきいて先鋒となり、孫権軍と水を隔てて対峙(たいじ)する。満寵は敵の夜襲を読み切って撃破し「南郷侯(なんきょうこう)」に爵位が進んだ。

この辺りの本伝の記事については時期などがイマイチわからず。

222年、満寵は「節鉞(せつえつ。軍権を示す旗とまさかり)」を授かる。

224年、「前将軍(ぜんしょうぐん)」に昇進。

226年、曹叡が帝位を継ぐと「昌邑侯」に爵位が進む。

228年、「豫州刺史(よしゅうのしし)」を兼ねる。

翌229年?春、呉(ご)から降ってきた者より、孫権が江北(こうほく)へ狩猟に行くと称しながら、実際は出撃態勢を整えていることが伝わる。満寵は西陽(せいよう)が狙われると予測して備えを固めたところ、これを聞いた孫権も引き揚げた。

同年秋、曹叡は曹休(そうきゅう)を廬江(ろこう)から合肥(ごうひ)へ向かわせ、満寵を夏口(かこう)へ向かわせる。

満寵は上奏し、曹休の進路に潜む危険性を指摘したうえ、無彊口(ぶきょうこう)に入ったら十分な備えが必要だと述べた。だが上奏の返書が届かないうちに、曹休は敵地深くへと進んでしまう。

呉軍は無彊口を通り夾石(きょうせき)を遮断。曹休は戦ったものの敗れ、朱霊(しゅれい)らに助けられ何とか帰還した。この年に曹休が死去したため、満寵は「前将軍」のまま、代わって「都督揚州諸軍事(ととくようしゅうしょぐんじ)」となった。

汝南の兵士や民衆は(これまで「汝南太守」を務めた)彼を慕って街道をついていき、これを止めることができないほど。護軍(ごぐん。官名)が主導者の処刑を上奏したところ、詔(みことのり)によって満寵に1千人の親衛兵の同行が許され、ほかはみな不問とされた。

なぜか本伝では、この辺りの出来事が「太和(たいわ)3(229)年」のことのように書かれている。だが、『三国志』(魏書・明帝紀〈めいていぎ〉)などにあるように、曹休が死去したのは「太和2(228)年」である。

翌230年、満寵は「征東将軍(せいとうしょうぐん)」に昇進。

同年冬、孫権が合肥攻めを宣伝すると、満寵は上奏し、兗州と豫州の諸軍を集めた。孫権が引くと、満寵にも引き揚げの詔が下る。

満寵は孫権の退却を見せかけと判断し、自軍を引き揚げないよう上奏。10日余りすると再び呉軍が現れて合肥を襲ったものの、勝利を得ることなく帰還した。

翌231年、呉の孫布(そんふ)の使いが揚州に着き、帰順を願い出る。道が遠く自分では行けないから、迎えの軍を出してほしいとも伝えてきた。

揚州刺史の王淩(おうりょう)は孫布の文書を差し出したうえ、兵馬をもって出迎える許可を求める。満寵は孫布の偽りとみて王淩に兵を与えず、返書を遣り秘密裏に計画を立てるよう伝えた。

ちょうど満寵が入朝の命を受けたので、留府長史(りゅうふちょうし)にこう命じた。

「もし王淩が孫布を迎えに行こうとしても、兵を与えてはならぬ」

王淩は要求が容れられなかったので、配下の督将(とくしょう)に700の歩騎を付けて迎えに行かせるも、彼らは孫布の夜襲を受けた。督将は逃走し、歩騎も半数以上が死傷した。

以前、満寵は王淩と共同で事にあたり仲たがいした。王淩の支持者から、満寵は老いと疲労で惑乱していると非難の声が上がったため、曹叡は満寵を召し寄せることにしたのだった。ところが、曹叡に謁見した満寵は健康そうだったので、そのまま任地へ帰された。

翌232年、呉将の陸遜(りくそん)が廬江に向かってくる。魏の論客はみな速やかに駆けつけるべきだと述べたが、満寵は廬江の守りに自信を見せ、軍を整え陽宜口(ようぎこう)へ向かう。呉軍は魏の大軍が東へ下ったと聞くと、その夜のうちに遁走(とんそう)した。

このころ孫権が毎年のように来攻の計画を立てていたため、翌233年、満寵は上奏文を奉り、合肥城の地勢的な不利を述べ、西方30里(り)にある要害に新たな城を築くよう勧める。

これに護軍将軍の蔣済(しょうせい)が反対し、淮北(わいほく)の守備線を保持すべきと主張。それでも満寵は重ねて上奏文を奉り、『孫子(そんし)』を引き築城の許しを求める。尚書(しょうしょ)の趙咨(ちょうし)が満寵の策を評価したこともあり、ついに曹叡は聴許の詔を下した。

この年、孫権が自ら出撃し、合肥新城を包囲しようとした。しかし城が水から遠かったため、20日経っても下船を決断できない。

満寵は諸将に言った。

「孫権は、敵が城を移すまで追い込まれたと、軍中で得意になっているに違いない。いま大挙して来攻したのは一時の功を求めているからだろう。ここ(合肥新城)まで来る勇気こそないが、必ず上陸して兵威を誇示し、余裕のあるところを見せるはずだ」

そこでひそかに歩騎6千を出し、肥城の隠れ場所で呉軍を待ち受ける。やはり孫権は兵を上陸させたが、満寵の伏兵に急襲され数百人が討たれた。水に逃げ走って死ぬ者もいたという。

翌234年、またも孫権自ら10万と号する軍勢をひきい、合肥新城に到達する。満寵は救援に駆けつけ数十人の壮士を募ると、たいまつに麻の油を注ぐ。そして風上から火を放ち呉軍の攻城兵器を焼き払い、孫権の甥の孫泰(そんたい)を射殺す。これを受け孫権は軍を引いた。

翌235年春、孫権が数千家の兵士と家族を送り込み、江北(こうほく)で田作を行わせる。8月の収穫期を迎えると、男女は野に広がり、呉兵も城を離れた。

満寵はこれを襲撃の好機と捉え、長吏(ちょうり。「県令」や「県長」)に軍を指揮させ、江に沿い東へ下るよう命ずる。魏軍は呉の諸屯営を撃破し、穀物を焼き払って帰還。功をたたえる詔が下り、鹵獲品(ろかくひん)は将兵への恩賞とされた。

238年、満寵は老齢のため召し還され「太尉(たいい)」に昇進。

彼は財産を気にかけなかったので家に余財がなかった。曹叡は詔を下し、田10頃(けい)・穀物500斛(こく)・銭20万を賜与したうえ満寵の節義を明らかにする。

満寵は前後にわたる加増を受け、封邑(ほうゆう)は9600戸に上り、息子と孫ふたりが「亭侯」に封ぜられた。

242年に死去すると「景侯」と諡(おくりな)され、息子の満偉が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

満寵は曹氏に仕えた期間が長く武功も多いので、この記事も短くはできませんでした。孫権に何度も悔しい思いをさせた男、とも言えましょう。

数々の戦いをくぐり抜けていますので、封邑9600戸もうなずけます。小説などでは陰に隠れがちですけど、偉大な将軍のひとりですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】