呂凱(りょかい)A ※あざなは「季平(きへい)」

【姓名】 呂凱(りょかい) 【あざな】 季平(きへい)

【原籍】 永昌郡(えいしょうぐん)不韋県(ふいけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第264話で初登場。
【演義】 第087回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・呂凱伝』あり。

雍闓(ようかい)の誘いをはねつけ永昌郡を守り抜く

父母ともに不詳。息子の呂祥(りょしょう)は跡継ぎ。

呂凱は郡に仕えて「五官掾功曹(ごかんえんこうそう)」を務めた。

223年、劉備(りゅうび)が永安(えいあん)で崩ずると、越嶲郡(えっすいぐん)では高定(こうてい)が、建寧郡(けんねいぐん)では雍闓が、牂牁郡(そうかぐん)では朱褒(しゅほう)が、それぞれ反旗を翻す。

建寧郡が置かれたのは、正確には225年の諸葛亮(しょかつりょう)の南征後。

また、雍闓は孫権(そんけん)に臣従し「永昌太守(えいしょうのたいしゅ)」に任ぜられていた。

永昌郡は益州郡(えきしゅうぐん)の西にあったが、道路が遮断され中央との連絡もつかず、ちょうど太守の交代が行われたばかりだった。そこで呂凱は府丞(ふじょう)の王伉(おうこう)とともに官民を励まし、郡境を閉鎖して雍闓の侵攻を防ぐ。

雍闓は繰り返し檄文(げきぶん)を送り付けたものの、呂凱はこれにくみせず、あくまで郡民の支持を背景に節義を全うする。

225年、丞相(じょうしょう)の諸葛亮が南征に乗り出し、その軍勢が進軍の途上にあったとき、雍闓は高定の部下に殺害された。

この年のうちに南征が成し遂げられると、諸葛亮の上表により、呂凱は「雲南太守(うんなんのたいしゅ)」に任ぜられ「陽遷亭侯(ようせんていこう)」に封ぜられた。だが、のちに反乱を起こした蛮族に殺害(時期は不明)され、息子の呂祥が跡を継いだという。

管理人「かぶらがわ」より

南中(なんちゅう)の出身者に呂凱のような人物がいたことは驚きでした。ただかの地では、己の利益を図ろうとする雍闓のような考え方が一般的だったでしょうし、蜀の統治下に入ることで住民にはどういう恩恵があったのか、イマイチ見えてこないのですよね……。

一方で諸葛亮にとって、西南の奥地にある永昌郡の奮闘ぶりは涙が出るほどありがたかったに違いありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】