曹氏(そうし)M ※臨汾公主(りんふんこうしゅ)

【姓名】 曹氏(そうし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 譙郡(しょうぐん)譙県(しょうけん)?

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹叡(そうえい)の娘? 臨汾公主(りんふんこうしゅ)

父は曹叡?だが、母は不詳。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

臨汾公主の名が出てくるのは『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・司馬芝伝〈しばしでん〉)だけのようです。

登場箇所は、「曹叡の時代に特進(とくしん。位階)の曹洪(そうこう)の乳母である当(とう)が、臨汾公主の侍女とともに無澗山(ぶかんざん)の神に仕え、(異端を信仰した罪により)投獄された」というもので、臨汾公主自身が登場しているわけではありません。

話の流れからすると臨汾公主は曹叡の娘だと思われますが、年代的には曹操(そうそう)や曹丕(そうひ)の娘である可能性がまったくないとは言えないとも思います。ということで、結論は保留にしておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました