曹氏(そうし)N ※魏(ぎ)の公主(こうしゅ)

【姓名】 曹氏(そうし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 譙郡(しょうぐん)譙県(しょうけん)?

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

魏(ぎ)の曹叡(そうえい)の娘?

父は曹叡?だが、母は不詳。

曹氏は、畢軌(ひつき)の息子(名は不詳)に嫁いだ。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

彼女の存在は『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・曹真伝〈そうしんでん〉)に付された「畢軌伝」の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』にのみ見えています。

話の流れからすると曹叡の娘だと思われますけど、年代的には曹操(そうそう)や曹丕(そうひ)の娘である可能性がまったくないとは言えないとも思います。ということで、結論は保留にしておきます。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】