孫盛(そんせい)B ※孫権(そんけん)配下の将軍(しょうぐん)

【姓名】 孫盛(そんせい) 【あざな】 ?

【原籍】 ?

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

呉(ご)の孫権(そんけん)配下の将軍(しょうぐん)

父母ともに不詳。呉の孫権の一族なのか不明。

222年、江陵(こうりょう)が魏(ぎ)の曹真(そうしん)・夏侯尚(かこうしょう)・張郃(ちょうこう)らの軍勢に包囲された。このとき孫盛は孫権の命を受け、1万の軍勢をひきい長江(ちょうこう)の中洲(なかす。百里洲〈ひゃくりす〉)へ向かった。

そして四方に防御壁を備えた砦を築き、江陵城に立てこもる朱然(しゅぜん)に外部から助勢しようとした。しかし張郃の軍勢が中洲に攻め寄せると、孫盛は支えきれずに退却した。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。この孫盛の名が正史『三国志』に見えるのは上で挙げた魏との戦い絡みの場面だけなので、詳しい経歴などはわかりませんでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました