吉川版『三国志』の考察 第259話 「魚紋(ぎょもん)」

劉備(りゅうび)の死を聞いた曹丕(そうひ)は司馬懿(しばい)の献策を容れ、五路の大軍を動かし蜀(しょく)の混乱に乗じようとする。

ところが、劉禅(りゅうぜん)の頼みとする諸葛亮(しょかつりょう)は朝廷に姿を見せず、丞相府(じょうしょうふ)にこもり池の魚を眺め続けていた。

第259話の展開とポイント

(01)洛陽(らくよう)?

劉備(りゅうび)の死は影響するところが大きかった。蜀帝(しょくてい)崩ずと聞こえ、誰よりも喜んだのは魏(ぎ)の曹丕(そうひ)。

蜀や呉(ご)に比べ、魏の曹丕の居所に触れないことが多いのが気になる。この時もどこにいたのかよくわからず。おそらく「洛陽」でいいのだろう。

曹丕は、この機会に大軍を出せば、一鼓して成都(せいと)も陥せるのではないかと群臣に諮る。しかし賈詡(かく)は、「孔明(こうめい。諸葛亮〈しょかつりょう〉のあざな)がおりますよ」と言わぬばかりに、その軽挙に固く反対した。

すると、侍側から司馬懿(しばい)が立って言う。

「蜀を討つはまさに今にあり。今をおいていつその大事を期すべきか」

曹丕が尋ねると、司馬懿は五路の大軍をもって蜀を討つ計を語る。

まず遼東(りょうとう)へ使いを遣って鮮卑(せんぴ)の国王に金帛(きんぱく)を贈り、遼西(りょうせい)の胡夷勢(えびすぜい)10万を借り催し西平関(せいへいかん)へ進出させる。これが第一路。

新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると、「(『鮮卑』は)北方の異民族。後漢(ごかん)後半より匈奴(きょうど)に代わって勢力を拡大しつつあった」という。

「匈奴」については先の第120話(04)を参照。

参考文献に挙げた井波版『三国志演義』の訳者注には、「(『西平関』は)虚構の関名」との指摘があった。

遠く南蛮国(なんばんこく)へ密簡を送り、国王の孟獲(もうかく)に将来大利ある約束を与え、蛮兵10万を催促して益州(えきしゅう)の永昌(えいしょう)や越嶲(えっすい)などへ働かせ、南方より蜀中を脅(おびや)かさしめる。これが第二路。

隣好の策を立てて呉を動かし、両川(りょうせん。東川〈とうせん〉と西川〈せいせん〉。漢中〈かんちゅう〉と蜀のこと)や峡口(きょうこう)に迫らせる。これが第三路。

井波版『三国志演義』(第85回)では、呉の孫権(そんけん)に10万の軍勢を出動させて蜀の峡口に向かわせ、ただちに涪城(ふじょう)を攻略させようともくろんでいた。

降参の蜀将の孟達(もうたつ)に命じ、上庸(じょうよう)を中心とする10万の兵をもって涪城を取らしめる。これが第四路。

井波版『三国志演義』(第85回)では、孟達に攻撃させようとしていたのは涪城ではなく「漢中」。

ご一族の曹真(そうしん)さまを「中原大都督(ちゅうげんだいととく)」となし、陽平関(ようへいかん)より堂々と蜀に討ち入るの正攻。これが第五路。

こうすれば、たとえ諸葛亮がどう知恵を巡らせてみても、五路の50万という攻め口を防ぐことはできますまいと。

曹丕は大満足で決定を与え、たちまち使者が五方へ急ぐ。今や魏都の兵府は異様な緊張を呈した。

ただ一抹の寂しさは、このころ曹操(そうそう)時代の功臣たる張遼(ちょうりょう)や徐晃(じょこう)などという旧日の大将たちはみな「列侯(れっこう)」に封ぜられ、その領内に老いを養っている者が多かったことである。

このくだりについて井波版『三国志演義』(第85回)では、「このとき張遼らの旧将はみな『列侯』に封ぜられて、それぞれ冀州(きしゅう)・徐州(じょしゅう)・青州(せいしゅう)および合肥(がっぴ)などの各地に駐屯し、関所・渡し場・要害を守備していたため出動命令は出されなかった」とある。この解釈の違いが後の話にいくらか影響を与えている。

(02)成都

一方で蜀の成都はすべての政務が諸葛亮の裁断に任せられ、旧臣みな結束し、劉備の没後も微動だにしないものを示していた。

その間に、亡き車騎将軍(しゃきしょうぐん)の張飛(ちょうひ)の娘は今年ちょうど15歳になっていたので、劉禅(りゅうぜん)の「皇后(こうごう)」として正宮にかしずき入れることとなった。

この年(蜀の建興〈けんこう〉元〈223〉年)に張飛の娘が劉禅の「皇后」として立てられたことは(正史の)『三国志』にも見える。ただ、15歳という年齢については何を根拠にしたものなのかわからなかった。なお井波版『三国志演義』(第85回)では、張飛の娘は17歳だったとある。

ところが、この祝典があってからまだ幾日も経ないうちに、魏の大軍が五路より蜀へ進むという大異変が報ぜられる。しかも肝心の諸葛亮は、どうしたことかここ数日、朝廟(ちょうびょう)にも姿を見せない。

そのうち国境の五方面から魏の大侵略の相貌(ありさま)が伝わる。

第一路は、遼東の鮮卑国の兵5万が西平関を侵して四川(しせん)へ侵攻してくるもの。第二路は、南蛮王の孟獲が約7万をもって益州の南部を席巻してくるもの。第三路は、呉の孫権が長江(ちょうこう)をさかのぼり、峡口から両川へ攻め入るもの。第四路は、反将の孟達を中心に上庸の兵4万が漢中を突くもの。第五路は、大都督の曹真が魏軍の中堅をもって陽平関を突破し、東西南北の四境の味方と呼応して大挙、蜀に入り成都を踏みつぶさんとするもの。

井波版『三国志演義』(第85回)では、ここで5つの方面軍を数え上げる順番が逆になっていたが理由はわからなかった。また、同じく井波版『三国志演義』(第85回)では、5つの方面軍はみな10万という数で統一されていた。吉川版『三国志』が、その数を減らしている理由もわからなかった。

もちろん宮門からは何度となく諸葛亮のもとへ使いが通っている。けれど門を閉じ、「近ごろ病のため朝にも参内し得ぬ始末」とのみで、いかに事態の大変を取り次がせても顔すら見せないというのだった。

いよいよ劉禅は恐れ悲しみ、勅使として黄門侍郎(こうもんじろう)の董允(とういん)と諫議大夫(かんぎたいふ)の杜瓊(とけい)を差し向けた。

(03)成都 丞相府(じょうしょうふ)

さっそくふたりは丞相府を訪ねる。うわさの通り門は閉ざされ、番人は固く拒み、何と言っても通さない。やむなく門外から大音を上げ、腹立ちまぎれに罵った。

すると内苑(ないえん)を走ってくる者の足音がして、門を閉めたまま応える。

「丞相には明朝早天、府を出られて朝廟に会し、諸員と議せんと仰せられています。今日はお戻りあれ」

(04)成都

ふたりは劉禅にありのままを奏し、なお百官は明日こそ丞相の参内ありと、翌日は朝から議堂に集まっていた。

しかし、昼も過ぎ日が暮れても、ついに諸葛亮はやってこない。紛々たる恨みや非難の声を放ち、百官はみな薄暮に帰り去った。

翌日、劉禅は杜瓊の勧めに従い自ら丞相府へ行幸することにし、皇太后(こうたいごう)にまみえて子細を告げる。

ここでは触れていなかったが、この時の皇太后は「呉氏(ごし)」である。

皇太后も仰天し、自ら駕(が)を向けて諸葛亮に問わんと言う。だが、皇太后の出御(しゅつぎょ。お出まし)を仰ぐのはあまりに恐れ多いと、ただちに劉禅は丞相府へ行幸した。

(05)成都 丞相府

劉禅は車を降り、三重の門まで歩いて進むと諸葛亮の居所を尋ねる。吏は恐懼(きょうく)して拝答した。

「奥庭の池のほとりで魚の遊ぶのを根気よく眺めておられます。たぶん今もそちらにおいでかと思われますが……」

劉禅がひとりで奥の園へ通ると果たして、池のほとりに立ち竹の杖(つえ)に寄り、ジッと水面を見ている諸葛亮がいた。

朝議に姿を見せない理由を問われると、諸葛亮はこう答える。

「ただ宰相たるのゆえをもって無為無策のまま臨んでも、かえって諸員に迷妄を加えるのみですから、しばしジッと孤寂を守り、深思していたわけであります」

「そして、日々こうして池のほとりに立って魚の生態を眺め、波紋の虚と魚遊の実とを、この世のさまに見立てて思案しているうち、今日ふと一案を思い浮かべました。陛下、もうご案じあそばされますな」

諸葛亮は、劉禅を一堂に請じて固く人を遠ざけ、次のごとき対策を密かに奏上した。

「わが蜀の馬超(ばちょう)は西涼(せいりょう)の生まれで、胡夷の間には『神威天将軍(しんいてんしょうぐん)』と称えられ、今もって盛んな声望がございます」

「ゆえに彼を向けて西平関を守らせ、機に臨み変に応じ、胡夷の勢をよく馴致(じゅんち)するときは、この第一路の守りは決して憂うるに足りません」

そして、第二路の防ぎに対してはさらに説いて言う。

「由来、南蛮の将兵は猛なりといえども進取の気は薄く、猜疑(さいぎ)が深くて喧騒(けんそう)が多く、知をもって計るに陥りやすい弱点を持っております」

「臣すでに檄文(げきぶん)を飛ばして魏延(ぎえん)に擬兵(敵を欺くための偽りの兵。疑兵)の計を授け、益州南方の要所要所へ配備させてありますから、これまた宸襟(しんきん)を悩ましたもうには及びませぬ」

続いて、第四路と第五路への対応をこのように説く。

「なお、上庸の孟達が漢中へ侵攻してくる形勢ですが、彼は元来、蜀の一将であり、詩書に明るく、義においてはお味方の李厳(りげん)とすこぶる心交のあった人物です」

「義を知り詩書を読むほどの人間に良心のないわけはございません。よって生死の交わりをなした李厳をその方面の防ぎに充て、私が文を作り、これを李厳の書簡として書かせたものを彼の手から孟達へ送らせるのです」

「さすれば孟達の良心は自らの呵責(かしゃく)に進むも得ず、退くも難く、結局は仮病を使い逡巡(しゅんじゅん)の日を過ごしてしまうでしょう」

「次には魏の中軍たる曹真の攻め口、陽平関の固めですが、かしこは屈強な要害の地勢。加うるに趙雲(ちょううん)が拠って守る所。滅多に破られる恐れはございません」

「かく大観してくれば、以上の四路は憂うるに足らずで、この同時作戦はいかにも大掛かりですが、われにとってはかけ声だけのものにすぎぬと断じてもよいほどでございます」

さらに、ここで初めて遊軍の備えをも打ち明ける。

「なお念のため臣が先に密命を下して、関興(かんこう)と張苞(ちょうほう)におのおの2万の兵を授けて遊軍とし、諸方の攻め口に万一のある場合、奔馳(ほんち)して救うべしと言いつけておりますから、どうか御心(みこころ)を安められますよう」

井波版『三国志演義』(第85回)では、関興と張苞がひきいた軍勢は3万ずつ。

こうして最後に、何と言っても問題は呉の動きだと話す。呉は、魏が出兵を催促しても決して軽々しく従わないでしょうが、四路の戦況が魏の有利に動き、蜀の敗れが見えたときは危険が予想されると。

蜀の守りが不壊(堅固)鉄壁と見える間は呉は動かない。そこで思案中なのは、この際の重大な使命を帯びて呉へ使いに行く人物なのだとも。

やがて劉禅が、後ろに諸葛亮を従え一堂から出てくる。その気色はここへ来る前とは別人のように晴ればれとして、明るいえくぼすらたたえていた。

その様子を仰ぐと百官は、「これは丞相にお会いになり、何かよいことがあったに違いない」と推察。御車(みくるま)に扈従(こじゅう)の面々までにわかに陽気になり、還幸の儀仗(ぎじょう)は甚だにぎわった。

するとお供の内で、天を仰ぎ笑いながら、ひとり喜びをなしている者がある。諸葛亮は注意して見ていたが、御車が進みかけると「きみだけ後に残っておれ」と引き留め、見送りを済ませてから門内へ導いた。

一亭の牀(しょう。腰掛け)に席を与えて問うと、この者は戸部尚書(こぶしょうしょ)のトウ芝(とうし。登+阝)であることがわかる。

参考文献に挙げた『三国志演義大事典(さんごくしえんぎだいじてん)』によると、「『演義』ではトウ芝がこの職(『戸部尚書』)に就いたことになっているが、後漢(ごかん)・三国時代にはこの官名はなかった」という。

また「(『三国志』の)『蜀書・トウ芝伝』によれば、トウ芝は『尚書』を務めてはいたが、当時の尚書台に『戸部』はなかった。『戸部尚書』が置かれたのは、実際には隋(ずい)・唐(とう)時代のことである」ともいう。

諸葛亮は彼と話し使者への起用を決めた。さらに一堂に入れ数刻密談し、酒を供応して帰す。

(06)成都

翌日、諸葛亮は朝に上り、劉禅に奏してトウ芝の起用を願い出る。トウ芝は感激し、「この使命を全うし得なければ生還を期さない」と唱え、即日呉へと出発した。

(07)建業(けんぎょう)

このとき呉は「黄武(こうぶ)元年」と改元し、いよいよ強大をなしている。

話が前後してわかりにくいが、呉が「黄武」の年号を建てたのは魏の黄初(こうしょ)3(222)年のこと。そして、蜀のトウ芝が呉へ遣わされたのは呉の黄武2(223)年のことである。

だが魏の曹丕から、「ともに蜀を討ち蜀を二分せん。われに四路進攻の大計あり。よろしく貴国も大軍をもって江をさかのぼり、同時に蜀へなだれ込め」との軍事提携の申し入れに対し、可否両論に分かれて容易に一決をみなかった。

孫権は陸遜(りくそん)を召し、その意中を聴く。陸遜は閣議に臨み抱負を述べ、両途に迷っている国策に明瞭(めいりょう)な指針を与えた。

「この際は進むと見せて進まず、戦うと見せて戦わず。遷延これを旨として、魏軍の四路の戦況をしばらく観望しているに限る。もし魏の旗色が案外よければ、それはもう問題ない。わが軍もただちに蜀へ攻め入るまでのことである」

管理人「かぶらがわ」より

第259話で描かれていた魏の五路進攻については、驚くことにすべて『演義』の創作です。ただし、トウ芝が呉へ遣わされたことだけは史実にも見えています。

参考文献に挙げた『三国志演義大事典』によると、「(正史の)『三国志』には曹丕が五路の大軍を起こして蜀を攻めたという記載はなく、しかも(蜀の)建興元(223)年には魏と呉はまだ対峙中で、馬超もすでに死んでいる。したがってこのストーリーは虚構の産物である。ただ、トウ芝が呉に使いしたことは史実にある」ということでした。

そのほかにも第259話(01)では、張遼や徐晃が領内で老いを養っていたという記述がありましたけど……。史実の張遼は魏の黄初3(222)年に病死しており、徐晃も魏の太和(たいわ)元(227)年に病死しています。

なので、このふたりについても史実を相当イジっていると言えるでしょう。張遼はもちろん、徐晃の場合は今後の話にその傾向が見られます。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】