吉川『三国志』の考察 第080話 「鶏鳴(けいめい)」

董承(とうじょう)は献帝(けんてい)から賜った血の密詔を懐に忍ばせ、あえて夜中に劉備(りゅうび)の客館を訪ねる。

密詔を見せられた劉備はとめどなく涙を流し、自分も董承らの同志に加わる決意を固め、官職と名を義状に記した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第080話の展開とポイント

(01)許都(きょと) 劉備(りゅうび)の客館

ある夜、董承(とうじょう)は献帝(けんてい)の密詔を懐に秘め、頭巾(ずきん)で面を隠して劉備の客館へ向かった。

このとき彼は、曹操(そうそう)の密偵に尾行されてはならないと警戒する。日ごろ詩文だけの交わりをしている風雅の老友を先に訪ね、わざと深更(しんこう。深夜)まで話し込み、三更(さんこう。午前0時前後)ごろなってその家を辞した。

劉備の客館に着いたのは、もう四更(しこう。午前2時前後)に近かった。劉備は怪しみながら迎え入れたが、およそ用向きを察しており、客院ではなく奥の小閣へ案内した。

ここで劉備の客館が、当初の丞相府(じょうしょうふ)のすぐ隣から今の場所(許都の郊外?)に移ったことが語られていた。なお『三国志演義(2)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第21回)では、劉備の屋敷の場所が変わったという記述は見えないようだ。

董承は四方山(よもやま)の話の末に席を改め、口をうがいしてから密詔を示す。劉備はジッと見ていたが、やがてとめどもなく流れる涙を両手で覆う。

董承は賛同の意思を聞き、同志の名と血判を連ねた義状も見せる。そして、劉備も7人目の同志となり義状に官職と名を記した。

夜が明け遠くに鶏鳴が聞こえるころ、董承は驢(ロ)に乗って密やかに帰った。

ここで、義状の内容がいくらかうかがえる記述があった。本頭に車騎将軍(しゃきしょうぐん)董承というのは当然だが、第二筆に長水校尉(ちょうすいこうい)种輯(ちゅうしゅう)とあるのは解せない。董承の次に義状に署名したのは王子服(おうしふく)だったはず。前の第79話(01)を参照。

ここにあった董承、种輯、呉子蘭(ごしらん)、王子服、呉碩(ごせき)、馬騰(ばとう)という順は、董承、王子服、种輯・呉碩(このふたりはどちらが先に署名したのかわからず)、馬騰、呉子蘭とあるべきだろう。

なお井波『三国志演義(2)』(第21回)では、董承、王子服、种輯、呉碩、呉子蘭、馬騰の順になっているが、こちらは『三国志演義』の展開に沿ったものなので矛盾がない。

管理人「かぶらがわ」より

この第80話は短めで、新たに劉備が義盟に加わったことを描いたものでした。わざわざ前の第79話と分けたのは、劉備の大物ぶりを際立たせるためでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (04) 臣道の巻
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました