247年(魏の正始8年・蜀の延熙10年・呉の赤烏10年)の主な出来事

-247年- 丁卯(ていぼう)
【魏】 正始(せいし)8年 ※少帝(しょうてい。曹芳〈そうほう〉)
【蜀】 延熙(えんき)10年 ※後主(こうしゅ。劉禅〈りゅうぜん〉)
【呉】 赤烏(せきう)10年 ※大帝(たいてい。孫権〈そんけん〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【01月】「全琮(ぜんそう)の死」
呉(ご)の右大司馬(ゆうだいしば)の全琮が死去する。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・呉主伝〈ごしゅでん〉)

全琮の死について、『三国志』(呉書・全琮伝)では赤烏12(249)年に亡くなったとあった。この「呉主伝」の記事のほうが正しいように思えるが、確信は持てない。

『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表では全琮の死をこの年(247年)1月としており、『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』(坂口和澄〈さかぐち・わずみ〉著 光人社)の『三国志』年表では赤烏12(249)年としていた。上のような事情から、両者の見解も分かれているようだ。

ここは干支(かんし)を補っておく。

【02月】
呉の孫権が南宮(なんぐう。建業宮〈けんぎょうきゅう〉の南の秦淮河〈しんわいが〉近くにあった宮殿)に行幸する。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【03月】
呉の孫権が都の建業で太初宮(たいしょきゅう)の改築を行い、諸将や州郡の長官たちも労働奉仕に加わる。
『三国志』(呉書・呉主伝)

『江表伝(こうひょうでん)』…孫権の詔(みことのり)。「このときの宮殿改築にあたっては新たに木を伐採せず、武昌宮(ぶしょうきゅう)から材木や瓦を運ばせ、それを用いて修繕する形を取った」というもの。

【05月】
魏(ぎ)の曹芳が、河東郡(かとうぐん)から汾水(ふんすい)北部の10県を分割し「平陽郡(へいようぐん)」を設置する。
『三国志』(魏書・斉王紀)

【05月】「歩騭(ほしつ)の死」
呉の丞相(じょうしょう)の歩騭が死去する。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【07月】
魏の尚書(しょうしょ)の何晏(かあん)が曹芳に上奏する。為政者の暗愚と聖明(せいめい)について考察したもので、「今後、式乾殿(しょくけんでん。皇后〈こうごう〉の宮殿)に行幸なさるときや後園で遊ばれるときは大臣を伴われますように。遊宴を催される機会のついでに文書をお調べになり、政治についてご相談され、経書(けいしょ)の意味を議論され、永遠の模範となられるべきです」というもの。
『三国志』(魏書・斉王紀)

【10月】
呉の孫権が死刑囚に対し恩赦を与える。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【?月】
蜀(しょく)の姜維(きょうい)が隴右(ろうゆう)に兵を進め、魏の郭淮(かくわい)や夏侯霸(かこうは)らと戦う。
『正史 三国志8』の年表

⇒?月
隴右の諸羌族(しょきょうぞく)が反乱を起こす。蜀の姜維が彼らと結び、魏の郭淮や夏侯霸と争う。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』の『三国志』年表

【?月】
このころ、魏の曹爽(そうそう)が何晏・鄧颺(とうよう)・丁謐(ていひつ)らと結んで政治をもっぱらにし、盛んに制度改革を行う。その一方で司馬懿(しばい)は病気と称し、政治に関わらなかった。
『正史 三国志8』の年表

【12月】
魏の散騎常侍(さんきじょうじ)・諫議大夫(かんぎたいふ)の孔乂(こうがい)が曹芳に上奏する。天子(てんし)の宮殿に朱丹(しゅたん)の塗料を施し飾り立てることをやめるように勧めたうえ、「後園で馬を乗り回されることもおやめになり、外出される際には必ず輦(れん。天子の乗る手車)か馬車にお乗りになるべきです」というもの。
『三国志』(魏書・斉王紀)

【?月】
この年、涼州(りょうしゅう)の蛮王(ばんおう)の白虎文(はくこぶん)と治無戴(ちぶたい)らが配下の者をひきいて蜀に降伏する。劉禅は衛将軍(えいしょうぐん)の姜維を出迎えに遣り、彼らを慰撫させ繁県(はんけん)に住まわせた。
『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・後主伝〈こうしゅでん〉)

【?月】
この年、汶山郡(ぶんざんぐん)平康(へいこう)の蛮族が蜀に対して反乱を起こす。姜維が討伐に赴き、これを平定した。
『三国志』(蜀書・後主伝)

【?月】
この年、呉の孫権が諸葛壱(しょかついつ)に命じ、偽って呉に背く様子を見せ、魏の諸葛誕(しょかつたん)をおびき寄せようとした。しかし、途中で諸葛誕が感づいて引き返したため失敗に終わった。
『三国志』(呉書・呉主伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『江表伝』

【?月】
この年、康僧会(こうそうかい)が呉の建業にやってくる。孫権は彼のために建初寺(けんしょじ)を建立した。
『正史 三国志8』の年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 240年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました