正史年表200年代

200~209年の主な出来事(ダイジェスト版)

こちらの10年間では、孫策(そんさく)・董承(とうしょう)・鄭玄(ていげん)・袁紹(えんしょう)・公孫度(こうそんたく)・太史慈(たいしじ)・張繡(ちょうしゅう)・郭嘉(かくか)・劉表(りゅうひょう)・孔融(こうゆう)・曹沖(そうちゅう)・司馬徽(しばき)・劉琦(りゅうき)らが世を去り――。

官渡(かんと)の戦い、そしてその後の冀州(きしゅう)を巡る戦いで曹操(そうそう)に敗れた袁紹側から、顔良(がんりょう)・文醜(ぶんしゅう)・淳于瓊(じゅんうけい)・審配(しんぱい)といった将軍(しょうぐん)たちはもとより、田豊(でんほう)・沮授(しょじゅ)・逢紀(ほうき)・許攸(きょゆう)ら参謀に至るまで多数の有能な人材が亡くなりました。

一方で譙周(しょうしゅう)・姜維(きょうい)・諸葛恪(しょかつかく)・韋昭(いしょう)・曹叡(そうえい。謎が残る)?・山濤(さんとう)・劉禅(りゅうぜん)・司馬師(しばし)・管輅(かんろ)・夏侯玄(かこうげん)・孫登(そんとう)らが誕生。

袁氏を滅ぼして劉氏(りゅうし。劉琮〈りゅうそう〉)も降し、着々と勢力を拡大する曹操でしたが、諸葛亮(しょかつりょう)を得た劉備(りゅうび)と、その劉備と協力関係を結んだ孫権(そんけん)が立ちはだかります。そして赤壁(せきへき)の戦いにおける大敗により、曹操は天下統一の夢を砕かれてしまいました。

スポンサーリンク

年別の主な出来事

-200年-
董承らの曹操殺害計画が発覚
曹操の劉備討伐、敗れた劉備は袁紹を頼る
関羽(かんう)が曹操に降伏
孫策の死去
官渡の戦い
董承・鄭玄・顔良・文醜・淳于瓊・田豊・沮授の死

-201年-
倉亭(そうてい)の戦い
再び曹操に敗れた劉備が劉表を頼る
譙周の誕生

-202年-
袁紹の死去
逢紀の死
姜維の誕生

-203年-
淩操(りょうそう)の死
諸葛恪の誕生

-204年-
曹操の鄴城(ぎょうじょう)攻略
公孫度・孫翊(そんよく)・孫河(そんか)・審配・許攸の死
韋昭の誕生

-205年-
曹操の袁譚(えんたん)討伐
黒山(こくざん)の張燕(ちょうえん)が曹操に降伏
袁譚・郭図(かくと)の死
曹叡(謎が残る)?・山濤の誕生

-206年-
曹操の高幹(こうかん)討伐
高幹・太史慈の死

-207年-
曹操の烏丸(うがん。烏桓)遠征
劉備の三顧の礼(さんこのれい)に応えて諸葛亮が出廬(しゅつろ)
袁熙(えんき)・袁尚(えんしょう)・張繡・郭嘉の死
劉禅の誕生

-208年-
曹操の丞相(じょうしょう)就任
劉表の死去
曹操が孔融を処刑
劉琮が曹操に降伏
長坂(ちょうはん)の戦い
劉備と孫権が協力関係を結ぶ
赤壁の戦い
曹沖・黄祖(こうそ)・司馬徽・劉馥(りゅうふく)の死
司馬師の誕生

-209年-
劉備が孫権の妹を娶る
伏完(ふくかん)・劉琦の死
管輅・夏侯玄・孫登の誕生

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このページをシェアする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました