228年(魏の太和2年・蜀の建興6年・呉の黄武7年)の主な出来事

-228年- 戊申(ぼしん)
【魏】 太和(たいわ)2年 ※明帝(めいてい。曹叡〈そうえい〉)
【蜀】 建興(けんこう)6年 ※後主(こうしゅ。劉禅〈りゅうぜん〉)
【呉】 黄武(こうぶ)7年 ※大帝(たいてい。孫権〈そんけん〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【01月】
魏(ぎ)の司馬懿(しばい)が、蜀(しょく)に内通しようとした新城(しんじょう)の孟達(もうたつ)を攻め、これを斬殺したうえその首を洛陽(らくよう)に届ける。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・明帝紀〈めいていぎ〉)

ここで「『魏略(ぎりゃく)』にいう」として、「司馬懿が孟達の部将の李輔(りほ)と孟達の甥の鄧賢(とうけん)を誘ったところ、鄧賢が城門を開き、司馬懿の軍勢を導き入れた。孟達は包囲されること16日で敗北し、その首は洛陽の大通りの四つ辻(つじ)で焼かれた」とある。

【01月】
魏の曹叡が新城郡から上庸(じょうよう)・武陵(ぶりょう)・巫(ふ)の3県を分割し上庸郡としたうえ、錫県(せきけん)を錫郡とする。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【?月】「街亭(がいてい)の戦い」
蜀の諸葛亮(しょかつりょう)が魏との国境を越えて軍を進める。天水(てんすい)・南安(なんあん)・安定(あんてい)の3郡の官吏と民衆が諸葛亮に呼応した。

曹叡は大将軍(だいしょうぐん)の曹真(そうしん)を遣わして関右(かんゆう)の軍勢を統率するよう命じ、一斉に進発させた。右将軍(ゆうしょうぐん)の張郃(ちょうこう)が街亭で蜀軍を大破し、諸葛亮は逃走した。こうして蜀に呼応した3郡も再び平定された。
『三国志』(魏書・明帝紀)

⇒春
蜀の諸葛亮が出兵し、魏の祁山(きざん)を攻めたものの勝つことはできなかった。
『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・後主伝〈こうしゅでん〉)

⇒?月
蜀の諸葛亮が関中(かんちゅう)に出て祁山まで兵を進める。これを受け、天水・南安・安定の3郡が魏に背き蜀に付いた。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

⇒?月
蜀の馬謖(ばしょく)が、諸葛亮の指示を守らなかったため街亭で魏軍に大敗する。これを受け蜀は軍を退いた。
『正史 三国志8』の年表

⇒?月
蜀の諸葛亮が祁山に進出したものの街亭で魏に敗れ、その責任を問い馬謖を斬る。
『三国志全人名事典』(『中国の思想』刊行委員会編著 徳間書店)の関連略年表

【02月】
丁未(ていび)の日(17日)
魏の曹叡が長安(ちょうあん)に行幸する。
『三国志』(魏書・明帝紀)

ここで『魏略』に載録するところの、明帝(曹叡)が天下に発布し併せて益州(えきしゅう)に告示した文書として、「巴蜀(はしょく)の将吏・官吏・民のうち諸葛亮に脅(おびや)かされてやむなく従った者は、公卿(こうけい)以下みな降伏を許す」とある。

【03月】
呉(ご)の孫権が息子の孫慮(そんりょ)を建昌侯(けんしょうこう)に封ずる。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・呉主伝〈ごしゅでん〉)

【03月】
呉の孫権が東安郡(とうあんぐん)を廃止する。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【04月】
丁酉(ていゆう)の日(8日)
魏の曹叡が洛陽宮に還幸し、獄囚のうち死刑囚以下の者を赦免する。
『三国志』(魏書・明帝紀)

ここでは死刑囚以下の者とあったが、死刑囚以外の者とすべきではないか?

『後漢書(ごかんじょ)』などを読むと、当時は死刑囚も含め減刑や赦免が行われていたことがわかった。軽罪ならともかく、死刑にあたるような重罪まで赦免しないだろうと思っていたのは思い込みだった。

またここで「『魏略』にいう」として、「このとき『明帝(曹叡)がすでに崩御(ほうぎょ)され、行幸に付き従った群臣が雍丘王(ようきゅうおう)の曹植(そうしょく)を擁立した』というデマが広まった。洛陽では卞太后(べんたいこう)や群公はじめ、みな恐れおののいていた。しかし明帝(曹叡)が無事に還幸すると、みなこっそりと曹叡の顔色をうかがった。卞太后は初めにデマを言いふらした者を調べようとしたが、明帝(曹叡)は『世間の者がみな言っていたことですから、どうして調べることなどできましょうか』と言った」とある。

【04月】
乙巳(いつし)の日(16日)
魏の曹叡が先の蜀軍撃退の勲功について、それぞれ格差をつけたうえ封爵と領地の加増を行う。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【05月】
魏で大干ばつが起こる。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【05月】
呉の鄱陽太守(はようたいしゅ)の周魴(しゅうほう)が呉に背いたように見せかけ、魏の曹休(そうきゅう)をおびき寄せる。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【06月】
魏の曹叡が詔(みことのり)を下す。「儒者を尊重して学問を大切にすることは帝王の教化の根本である」として、「博士(はくし)を選りすぐり、その才能に応じ侍中(じちゅう)や常侍(じょうじ)に任命せよ。また郡国についても、貢士(こうし)には経学(けいがく)に優れた者を優先して起用するようにさせよ」というもの。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【09月】「石亭(せきてい)の戦い」
魏の曹休が諸軍をひきいて皖(かん)に到着する。曹休は石亭で呉の陸議(りくぎ。陸遜〈りくそん〉)と戦って敗北した。
『三国志』(魏書・明帝紀)

⇒08月
呉の孫権が自ら皖口まで進み、陸遜に命じて部将たちを指揮させ、魏の曹休を襲わせる。陸遜は石亭で曹休を徹底的に討ち破った。
『三国志』(呉書・呉主伝)

⇒08月
呉の周魴が偽って魏に降伏を申し入れ、曹休を誘い込む。呉の陸遜が石亭で曹休を討ち破り、曹休は賈逵(かき)の援護を受けて何とか生還した。
『正史 三国志8』の年表

【09月】
乙酉(いつゆう)の日(29日)
魏の曹叡が息子の曹穆(そうぼく)を繁陽王(はんようおう)に封ずる。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【10月】「曹休の死」
庚子(こうし)の日(14日?)
魏の大司馬(だいしば)の曹休が死去する。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【10月】
魏の曹叡が詔を下す。公卿や側近たちに対し「優れた大将をそれぞれひとりずつ推挙せよ」というもの。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【11月】
魏の司徒(しと)の王朗(おうろう)が死去する。
『三国志』(魏書・明帝紀)

【12月】
蜀の諸葛亮が魏の陳倉(ちんそう)を包囲する。魏の曹真は費曜(ひよう)らを遣わして蜀軍にあたらせた。
『三国志』(魏書・明帝紀)

『魏略』…郝昭(かくしょう)の活躍について。

⇒冬
蜀の諸葛亮が再び散関(さんかん)を出て魏の陳倉を包囲したものの、兵糧が尽きたため撤退する。魏の王双(おうそう)がこれを追撃したところ、諸葛亮は反撃して王双を斬り、そのあと漢中(かんちゅう)に帰還した。
『三国志』(蜀書・後主伝)

【12月】
魏の曹叡が公孫淵(こうそんえん)を遼東太守(りょうとうのたいしゅ)に任ずる。もともと遼東太守だった公孫恭(こうそんきょう)の兄の息子である公孫淵が、公孫恭から位を強奪したもの。
『三国志』(魏書・明帝紀)

⇒?月
この年、公孫淵が公孫恭を脅迫し、その位を奪い取った。明帝(曹叡)はさっそく公孫淵に揚烈将軍(ようれつしょうぐん)・遼東太守の位を授けた。
『三国志』(魏書・公孫度伝〈こうそんたくでん〉)

【?月】「呂範(りょはん)の死」
この年、呉の大司馬の呂範が死去した。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【?月】
この年、呉の孫権が合浦郡(ごうほぐん)を珠官郡(しゅかんぐん)と改めた。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【?月】
この年、呉の将軍の翟丹(たくたん)が魏に奔った。
『三国志』(呉書・呉主伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『江表伝(こうひょうでん)』

「この年(228年)に亡くなったとされる人物」
王朗(おうろう)A ※あざなは景興(けいこう)賈逵(かき)A ※賈充(かじゅう)の父諸葛喬(しょかつきょう)曹休(そうきゅう)馬謖(ばしょく)孟達(もうたつ)A ※あざなは子度(したく)楊洪(ようこう)駱統(らくとう)呂範(りょはん)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 220年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました