258年(魏の甘露3年・〈蜀の延熙21年〉→景耀元年・〈呉の太平3年〉→永安元年)の主な出来事

-258年- 戊寅(ぼいん)
【魏】 甘露(かんろ)3年 ※高貴郷公(こうききょうこう。曹髦〈そうぼう〉)
【蜀】 景耀(けいよう)元年 ※後主(こうしゅ。劉禅〈りゅうぜん〉)
【呉】 (太平〈たいへい〉3年) → 永安(えいあん)元年 ※会稽王(かいけいおう。孫亮〈そんりょう〉) → 景帝(けいてい。孫休〈そんきゅう〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【01月】
諸葛誕(しょかつたん)が文欽(ぶんきん)を殺害する。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫亮伝〈そんりょうでん〉)

⇒01月
諸葛誕と文欽が寿春(じゅしゅん)の城内で対立し、諸葛誕が文欽を殺害する。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

【02月】「諸葛誕の死」
魏(ぎ)の大将軍(だいしょうぐん)の司馬昭(しばしょう)が寿春城を陥す。諸葛誕は斬られ、彼の起こした反乱もようやく鎮圧された。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・高貴郷公紀〈こうききょうこうぎ〉)

⇒03月
魏の司馬昭が寿春を陥す。諸葛誕は側近とともに戦死し、部将や軍吏らはみな降伏した。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

【03月】
魏の曹髦が詔(みことのり)を下し、大将軍の司馬昭が諸葛誕の反乱を鎮圧した功を称え、本営を置いていた丘頭(きゅうとう)を武丘(ぶきゅう)と改める。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【05月】
魏の曹髦が大将軍の司馬昭を相国(しょうこく)に任じたうえ、晋公(しんこう)に封じて領邑(りょうゆう)8郡を与え、九錫(きゅうせき)を加えようとする。しかし、司馬昭が前後9度にもわたり辞退したため沙汰やみになる。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【06月】
丙子(へいし)の日(13日)
魏の曹髦が詔を下す。先に南陽郡(なんようぐん)の山賊が騒動を起こし、もとの太守(たいしゅ)の東里袞(とうりこん)を人質にしようとした際、功曹(こうそう)の応余(おうよ)が単身で東里袞を守り、自身は命を落とした件に触れ、「応余の孫の応倫(おうりん)を官吏に取り立て、応余の忠節に殉じた賞を受けさせるように。この処置を司徒(しと)に命ずる」というもの。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

『楚国先賢伝(そこくせんけんでん)』…応余について。

【06月】
辛卯(しんぼう)の日(28日)
魏の曹髦が先の淮南(わいなん)討伐(諸葛誕の反乱鎮圧)における功績の査定を命じ、それぞれに格差をつけて爵位や恩賞を授ける。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【07月】
呉の孫亮が、もとの斉王(せいおう)の孫奮(そんふん)を章安侯(しょうあんこう)に封ずる。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

【07月】
呉の孫亮が州郡に詔を下し、宮殿建設用の材木を伐採させる。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

【08月】
丙寅(へいいん)の日(4日)
魏の曹髦が詔を下し、三代(夏〈か〉・殷〈いん〉・周〈しゅう〉)の例に則り三老(さんろう)と五更(ごこう)の官を設置することにし、関内侯(かんだいこう)の王祥(おうしょう)を三老に、同じく関内侯の鄭小同(ていしょうどう)を五更に、それぞれ任ずる。また、曹髦は大勢の臣下をひきい、自らその儀式を執り行った。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

『漢晋春秋(かんしんしゅんじゅう)』…このとき曹髦から意見を求められた王祥の返答。

『鄭玄別伝(ていげんべつでん)』…鄭小同について。

『魏名臣奏(ぎめいしんそう)』…このときの華歆(かきん)の上表文。鄭小同の学識や人格を称賛するもの。

『魏氏春秋(ぎししゅんじゅう)』…のちに鄭小同は司馬昭の密書を読んだと疑われ、毒を盛られて死んだという話。

鄭玄(ていげん)が『文王世子(ぶんおうせいし)』と『楽記(がくき)』に付けた注…三老と五更について。

『明堂論(めいどうろん)』…五更は五叟と表記すべきだという話と、これについての裴松之(はいしょうし)の考察。

【08月】
甲戌(こうじゅつ)の日(12日)
魏の曹髦が驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)の王昶(おうちょう)を司空(しくう)に任ずる。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【08月】
呉では雲が垂れ込めながら雨が降らない日が40日余りも続いた。呉の孫亮は孫綝(そんりん)の専横が目に余るとして、太常(たいじょう)の全尚(ぜんしょう)や将軍の劉丞(りゅうじょう)とともに孫綝誅殺の謀(はかりごと)を巡らせた。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

【08月】
蜀(しょく)の尚書令(しょうしょれい)の陳祗(ちんし)が死去する。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』(坂口和澄〈さかぐち・わずみ〉著 光人社)の『三国志』年表

【?月】
蜀の劉禅が、董厥(とうけつ)を尚書令に、諸葛瞻(しょかつせん)を尚書僕射(しょうしょぼくや)に、それぞれ任ずる。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』の『三国志』年表

【09月】「孫亮の廃位」
戊午(ぼご)の日(26日)
呉の孫綝が兵を差し向けて全尚を捕らえたうえ、弟の孫恩(そんおん)を遣わして劉丞を蒼龍門(そうりょうもん)の外で攻め殺す。その後、孫綝は大臣たちを宮門に呼び集め、「孫亮を退位させ会稽王(かいけいおう)とする」と宣言した。このとき孫亮は16歳だった。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

『三国志』(呉書・孫綝伝)および裴松之注に引く『江表伝(こうひょうでん)』…孫亮の抵抗失敗と廃位に至るまでの話。

【09月】
己未(きび)の日(27日)
呉の孫綝が宗正(そうせい)の孫楷(そんかい)と中書郎(ちゅうしょろう)の董朝(とうちょう)を遣わし、孫休を帝位に即けるべく迎えに行かせる。当初、孫休は何か企みがあるのではないかと疑っていたが、数日逡巡(しゅんじゅん)したあと都(建業〈けんぎょう〉)へと出発した。
『三国志』(呉書・孫休伝〈そんきゅうでん〉)

【10月】「孫休の即位と呉の改元」
己卯(きぼう)の日(18日)
呉の孫休が帝位に即く。また、この日のうちに大赦を行い、「太平」を「永安」と改元した。
『三国志』(呉書・孫休伝)

【10月】
壬午(じんご)の日(21日)
呉の孫休が詔を下し、大将軍の孫綝を丞相(じょうしょう)・荊州牧(けいしゅうのぼく)に任じて封邑(ほうゆう)5県を加増する。

また、武衛将軍(ぶえいしょうぐん)の孫恩を御史大夫(ぎょしたいふ)・衛将軍(えいしょうぐん)・中軍督(ちゅうぐんとく)に任じて県侯(けんこう)に封じ、威遠将軍(いえんしょうぐん)の孫拠(そんきょ)を右将軍(ゆうしょうぐん)に任じて同じく県侯に封じ、偏将軍(へんしょうぐん)の孫幹(そんかん)を雑号将軍(ざつごうしょうぐん)に任じて亭侯(ていこう)に封じ、長水校尉(ちょうすいこうい)の張布(ちょうふ)を輔義将軍(ほぎしょうぐん)に任じて永康侯(えいこうこう)に封じ、董朝を郷侯(きょうこう)に封じた。

さらに、かつて孫休が丹楊(たんよう)にいたとき、彼に圧力をかけた丹楊太守(たんようたいしゅ)の李衡(りこう)について触れ、「自ら役人のもとに出頭した李衡を釈放し、郡に戻すように」と命じた。
『三国志』(呉書・孫休伝)

『襄陽記(じょうようき)』…李衡について。

『三国志』(呉書・孫綝伝)…このときの孫休の詔や、孫綝一門から5人(孫綝・孫恩・孫拠・孫幹・孫闓〈そんかい〉)もの侯が出た話。

⇒?月
この年、呉の大将軍の孫綝が主君の孫亮を廃し、琅邪王(ろうやおう)の孫休を立てた。
『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・後主伝〈こうしゅでん〉)

【10月】
己丑(きちゅう)の日(28日)
呉の孫休が、孫晧(そんこう)を烏程侯(うていこう)に、孫晧の弟の孫徳(そんとく)を銭唐侯(せんとうこう)に、同じく弟の孫謙(そんけん)を永安侯(えいあんこう)に、それぞれ封ずる。
『三国志』(呉書・孫休伝)

『江表伝』…呉の群臣が孫休に「皇后(こうごう)と皇太子(こうたいし)をお立ていただきたい」と上表したものの、孫休が、政事に臨んで日が浅いことを理由に許さなかった話。

【11月】
甲午(こうご)の日(3日)
呉では風の方向が目まぐるしく変わり、連日、霧が立ち込めた。呉の孫綝の一門から5人もの侯が出て、それぞれ近衛兵を指揮下に置き、その権勢は主君をしのいだ。

彼らが言上する意見はみな尊重され、反対の声も出なかった。そのため彼らはますます勝手気ままに振る舞うようになった。しかし、孫休は彼らが変事(クーデター)を起こすことを恐れ、しばしば恩賞を加えた。

丙申(へいしん)の日(5日)
呉の孫休が詔を下し、「朕(ちん)の即位に尽力した者たちの名を調べ上げ、これまでの例により爵位を加えられる者たちには速やかに封爵を実施するように」と命ずる。

戊戌(ぼじゅつ)の日(7日)
呉の孫休が詔を下し、大将軍の孫綝の職掌が煩多であることに触れ、「衛将軍・御史大夫の孫恩を侍中(じちゅう)に任じ、孫綝と分担して諸事の処理に充てるように」と命ずる。

『三国志』(呉書・孫綝伝)…ほぼ同様の内容。

壬子(じんし)の日(21日)
呉の孫休が詔を下し、現状では役人たちが家を治めていくのが難しいことに触れ、「もし家に5人いるうちの3人までが公事に従事している場合、その父兄が希望するひとりだけは家に留め、米の供出と軍役を免除する」とした。さらに「部将や官吏たちのうち、先に永昌亭(えいしょうてい)で朕を出迎えて付き従った者には、みな官位1級を加増する」ともした。
『三国志』(呉書・孫休伝)

【12月】
丁卯(ていぼう)の日(7日)
呉の建業に踊言が流れ、「明日の朝会で変事が起こるだろう」とささやかれた。これを聞いた孫綝は機嫌を悪くした。その夜、暴風が吹き、木を倒して砂を巻き上げた。孫綝はますます不安を募らせた。
『三国志』(呉書・孫綝伝)

【12月】「孫綝の死」
戊辰(ぼしん)の臘(ろう。祖先および百神の祭祀)の日(8日)
呉の百官が朝賀に集い公卿(こうけい)たちが昇殿したとき、孫休は武士に命じて孫綝を捕縛させ、その日のうちに死刑に処した。
『三国志』(呉書・孫休伝)

『三国志』(呉書・孫綝伝)…戊辰の日の臘会(ろうかい)の様子や孫綝一門の誅殺について。同じく、孫綝の誅殺後に下された孫休の詔について。

【12月】
己巳(きし)の日(9日)
呉の孫休が詔を下し、「左将軍(さしょうぐん)の張布は姦臣(かんしん。孫綝)を誅したことに功があった」として、張布に中軍督を加官し、張布の弟の張惇(ちょうとん)を都亭侯(とていこう)に封じて兵300を与え、張惇の弟の張恂(ちょうじゅん)を校尉(こうい)に任ずる。
『三国志』(呉書・孫休伝)

【12月】
呉の孫休が詔を下し、「いにしえの制度に則って学官を設置し、五経博士(ごきょうはくし)を立て、その役目に最もふさわしい人物を選んで厚遇するように」と命ずる。

また「すでに官吏である者たちや、部将や官吏の子弟たちから、学問を好み志のある者を選抜し、それぞれに五経博士の講義を受けさせるように。そして1年ごとに試験を課して成績を評価し、その結果によって官位と恩賞を与える」とも述べた。
『三国志』(呉書・孫休伝)

【?月】
この年、魏の頓丘(とんきゅう)・冠軍(かんぐん)・陽夏(ようか)の3県にある井戸の中に、青い龍と黄色い龍が続けて現れた。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【?月】
この年、魏の曹髦が曹璜(そうこう。曹奐〈そうかん〉)を安次県(あんじけん)の常道郷公(じょうどうきょうこう)に封じた。
『三国志』(魏書・陳留王紀〈ちんりゅうおうぎ〉)

【?月】「蜀の改元と黄皓(こうこう)の台頭」
この年、蜀の姜維(きょうい)が成都(せいと)に帰還した。史官が「景星(けいせい。おめでたい星)が現れました」と上言したため劉禅は大赦を行い、「延熙」を「景耀」と改元した。また、宦官(かんがん)の黄皓が初めて政治権力を握った。
『三国志』(蜀書・後主伝)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 250年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました