180年(漢の光和3年)の主な出来事

-180年- 庚申(こうしん)
【漢】 光和(こうわ)3年 ※霊帝(れいてい。劉宏〈りゅうこう〉)

月別および季節別の主な出来事

【01月】
癸酉(きゆう)の日(?日)
霊帝が大赦を行う。
『後漢書(ごかんじょ)』(霊帝紀〈れいていぎ〉)

【02月】
三公の府の駐車場にある廊下の屋根が自然に壊れる。
『後漢書』(霊帝紀)

【03月】
梁王(りょうおう)の劉元(りゅうげん)が薨去(こうきょ)する。
『後漢書』(霊帝紀)

【04月】
江夏蛮(こうかばん)が反乱を起こす。
『後漢書』(霊帝紀)

【06月】
霊帝が公卿(こうけい)に詔(みことのり)を下す。『古文尚書(こぶんしょうしょ)』『毛詩(もうし)』『左氏春秋(さししゅんじゅう)』『穀梁春秋(こくりょうしゅんじゅう)』に通じた者を、それぞれひとりずつ推挙させ「議郎(ぎろう)」に任じた。
『後漢書』(霊帝紀)

【秋】
表是県(ひょうぜけん)で地震が起こり、水が湧く。
『後漢書』(霊帝紀)

【08月】
霊帝が未決囚について、縑(きぬ)を納めることでその罪を購わせる。納めさせる縑の量は罪状によって差がつけられた。
『後漢書』(霊帝紀)

【冬】
彗星が狼(ろう。星の名)・弧(こ。星の名)の分野に現れる。
『後漢書』(霊帝紀)

ここでは「冬閏月」とだけあったがよくわからず。この年に閏月はないのでは?

【冬】
鮮卑(せんぴ)が幽州(ゆうしゅう)・幷州(へいしゅう)の両州に侵攻する。
『後漢書』(霊帝紀)

【12月】
己巳(きし)の日(5日)
霊帝が貴人(きじん)の何氏(かし)を「皇后(こうごう)」に立てる。
『後漢書』(霊帝紀)

⇒12月
霊帝が何氏を「皇后」に立てる。また、何氏の兄の何進(かしん)が「侍中(じちゅう)」に任ぜられた。
『参考年表』

【?月】
蒼梧(そうご)・桂陽(けいよう)の両郡の不服従民が郡県の役所を攻める。零陵太守(れいりょうたいしゅ)の楊琁(ようせん)が「火馬の計」によりこれを討ち破った。
『参考年表』

【?月】
この年、霊帝が「畢圭苑(ひつけいえん)」と「霊昆苑(れいこんえん)」を造営した。
『後漢書』(霊帝紀)

李賢注(りけんちゅう)によると、「『畢圭苑』にはふたつがある。『東畢圭苑』は周囲が1500歩(ぽ)で、その敷地内に『魚梁台(ぎょりょうだい)』がある。『西畢圭苑』は周囲が3300歩で、ともに洛陽(らくよう)の宣平門(せんぺいもん)の外にあった」という。

【?月】
この年、霊帝が皇女の劉某(りゅう? 名は不詳)を「万年公主(まんねんこうしゅ)」に封じた。
『後漢書』(皇后紀〈こうごうき〉)

「この年(180年)に生まれたとされる人物」
司馬孚(しばふ)・劉廙(りゅうい)・沈友(しんゆう)?。
『正史三國志群雄銘銘傳(増補版)』(『三国志』年表)

『正史三國志群雄銘銘傳(増補・改訂版)』(『三国志』年表)では沈友の生年が176年に改められていた。ただ年表の生年部分の「180年?」もそのまま残されており、176年と併記する形になっている。意図的にこうしてあるのかは判断つかず。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】