220年(〈漢の建安25年〉→延康元年・魏の黄初元年)の主な出来事 後半

-220年- 庚子(こうし)
【漢】 (建安〈けんあん〉25年) → 延康(えんこう)元年 ※献帝(けんてい。劉協〈りゅうきょう〉) → 魏に禅譲し滅亡
【魏】 黄初(こうしょ)元年 ※文帝(ぶんてい。曹丕〈そうひ〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

(注)この年は記事が多かったため「前半」と「後半」に分けました。

220年(〈漢の建安25年〉→延康元年・魏の黄初元年)の主な出来事 前半
-220年- 庚子(こうし)【漢】 (建安〈けんあん〉25年) → 延康(えんこう)元年 ※献帝(けんてい。劉協〈りゅうきょう〉) → 魏に禅譲し滅亡【魏】 黄初(こうしょ)元年 ※文帝(ぶんてい。曹丕〈そうひ〉)月別および季節...

【07月】
庚辰(こうしん)の日(6日)
曹丕が布令を出す。軒轅(けんえん。黄帝〈こうてい〉)と放勛(ほうくん。堯〈ぎょう〉)の時代の例を挙げ、「百官有司(ゆうし。担当官吏)は自己の職務に努め、忠言を尽くすように」というもの。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・文帝紀〈ぶんていぎ〉)

【07月】
孫権(そんけん)が曹丕のもとに使者を遣わし、献上の品々を届ける。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【07月】
劉備(りゅうび)配下の孟達(もうたつ)が軍勢を引き連れ曹丕に降る。
『三国志』(魏書・文帝紀)

『魏略(ぎりゃく)』によると「曹丕は孟達を列侯(れっこう)に取り立て、そのまま新城太守(しんじょうのたいしゅ)を担当させた」とある。

『後漢書(ごかんじょ)』(郡国志〈ぐんこくし〉)の劉昭注(りゅうしょうちゅう)によると「『魏氏春秋(ぎししゅんじゅう)』に『建安25(220)年、(曹丕が)南郡(なんぐん)の巫県(ふけん)・秭帰(しき)・夷陵(いりょう)・臨沮(りんしょ)、ならびに房陵(ぼうりょう)・上庸(じょうよう)・西城(せいじょう)の7県を分けて新城郡を設置した』とある」という。

⇒07月
劉備配下の孟達が曹丕に降り、曹丕は房陵・上庸・西城の3県を手に入れる。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

【07月】
武都(ぶと)の氐族(ていぞく)の王である楊僕(ようぼく)が、族人らを引き連れて曹丕に服属し、漢陽郡(かんようぐん)に移住する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【07月】
甲午(こうご)の日(20日)
曹丕が軍をひきいて譙(しょう)に到着する。曹丕は譙の東に全軍の兵士と県の長老や住民たちを集め、大饗宴を催した。
『三国志』(魏書・文帝紀)

ここで「『魏書』にいう」として、「曹丕は歌舞や雑技(ざつぎ)を用意して人々を楽しませ、布令を下して述べた」とあり、「譙は霸王を生んだ国であり、天子(てんし)たるべき人物が出現した土地である。よって譙の租税を2年間免除する」としたとある。

また、このくだりで「孫盛(そんせい)はいう」として、父(曹操〈そうそう〉)の喪中であることを軽視したような曹丕の行いを非難している。

【07月】
丙申(へいしん)の日(22日)
曹丕が譙陵に参拝する。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『魏書』

【08月】
曹丕のもとに「石邑県(せきゆうけん)で鳳凰(ほうおう)が群れ集った」との報告が届く。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【秋】
曹丕の治下にあった南陽郡(なんようぐん)の陰(いん)・酇(さん)・筑陽(ちくよう)・山都(さんと)・中廬(ちゅうろ)の5県の住民合わせて5千戸が孫権に帰属する。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・呉主伝〈ごしゅでん〉)

【10月】
癸卯(きぼう)の日(1日)
曹丕が布令を出す。「諸将の征伐に従軍して戦死した士卒には、まだ遺骸を収容できていない者がいる」として、「郡国に申し渡し、槥櫝(ひつぎ)を給付して遺骸を納め、家に送り届けたうえお上で祭祀を執り行うように」というもの。

ここで裴松之が『漢書(かんじょ)』および応劭(おうしょう)の注などを挙げ、槥櫝についての説明を加えている。

丙午(へいご)の日(4日)
曹丕が曲蠡(きょくり)まで軍を進める。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【10月】
曹丕配下の左中郎将(さちゅうろうしょう)の李伏(りふく)が上書し、予言書の記述や多くの瑞兆が現れていることを挙げ曹丕の徳を称える。これに対し曹丕は、李伏の上書を外部に示すよう命じたうえ、「これらの瑞兆は自分が該当するものではなく、先王(曹操)の至高の徳が神に通じたものであろう」とした。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝(けんていでん)』

【10月】
曹丕配下の侍中(じちゅう)の劉廙(りゅうい)・辛毗(しんぴ)・劉曄(りゅうよう)、尚書令(しょうしょれい)の桓階(かんかい)、尚書の陳矯(ちんきょう)・陳羣(ちんぐん)、給事黄門侍郎(きゅうじこうもんじろう)の王毖(おうひ)・董遇(とうぐう)らが曹丕に言上する。先の李伏の上書を拝読したうえで、同じく曹丕の徳を称えたもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
辛亥(しんがい)の日(9日)
曹丕配下の太史丞(たいしじょう)の許芝(きょし)が、魏が漢に交代する旨を書き並べ、曹丕に予言書を示して意見を述べる。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

このくだりの中で「7月の戊寅(ぼいん)の日(4日)に黄龍が出現しました」というのがあったが、この出所がわからなかった。

このほかにも「建安10(205)年、まず彗星が紫微(しび。天帝の宮殿にあたる星座)を掃除し、建安23(218)年、再び太微(たいび。天帝の朝廷にあたる星座)を掃除いたしました。新しい天子の気が東南に現れて以来、同年(218年)には白い虹が日を貫き、月が熒惑(けいわく。火星)を犯し、近年では己亥(きがい)の日(建安21〈216〉年5月1日)壬子(じんし)の日(建安24〈219〉年2月30日)、丙午(へいご)の日(?日)に日食がありましたが、すべて水が火を滅ぼす象徴です――」などと、いろいろな根拠らしきことを述べている。

216年(漢の建安21年)の主な出来事
-216年- 丙申(へいしん)【漢】 建安(けんあん)21年 ※献帝(けんてい。劉協〈りゅうきょう〉)月別および季節別の主な出来事【02月】曹操(そうそう)が鄴(ぎょう)に帰還する。『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武帝紀〈ぶ...

219年(漢の建安24年)の主な出来事
-219年- 己亥(きがい)【漢】 建安(けんあん)24年 ※献帝(けんてい。劉協〈りゅうきょう〉)月別および季節別の主な出来事【01月】曹操(そうそう)配下の曹仁(そうじん)が宛(えん)を陥し、反乱を起こしていた侯音(こう...

【10月】
曹丕が布令を出す。「むかし周(しゅう)の文王(ぶんおう)は、天下の3分の2を保有しながら殷(いん)に仕え、仲尼(ちゅうじ。孔子〈こうし〉)はその至徳を嘆称した」ことや、「周公旦(しゅうこうたん)は天子の位を踏み、天下の裁きにあずかったが、最後は主君に政治を奉還し『尚書』(洛誥〈らくこう〉)はその人を称えている」ことを挙げ、「自分の徳はふたりの聖人に及ばず、人柄も極めて低いとし、許芝の言葉のごときは耳にすべき事がらであろうか」というもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕配下の侍中の辛毗と劉曄、散騎常侍(さんきじょうじ)の傅巽(ふそん)と衛臻(えいしん)、尚書令の桓階、尚書の陳矯と陳羣、給事中(きゅうじちゅう)・博士(はくし)・騎都尉(きとい)の蘇林(そりん)と董巴(とうは)らが曹丕に上奏する。先の許芝の上奏文を見たうえで、曹丕に天命を受けるよう乞うもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
癸丑(きちゅう)の日(11日)
曹丕が布令を出す。「どうかこの論議(諸臣が曹丕に、漢帝〈献帝〉に代わって即位するよう勧めたこと)を休止して、これ以上わしの不徳を大きくしないでほしい」というもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕配下の督軍(とくぐん)・御史中丞(ぎょしちゅうじょう)の司馬懿(しばい)、侍御史(じぎょし)の鄭渾(ていこん)・羊秘(ようひ)・鮑勛(ほうくん)・武周(ぶしゅう)らが曹丕に言上する。曹丕の布令と先の許芝の上奏文を読んだうえで、「周の文王を超える道義を示されるのは過剰な謙虚さというものです」として、同じく曹丕に天命を受けるよう乞うもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕が布令を出す。「世の中で不足しているものは道義であり、あり余っているものはいい加減なでたらめさである」として、重ねて謙譲の姿勢を示すもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
献帝が兼御史大夫(けんぎょしたいふ。御史大夫代理)の張音(ちょうおん)に節(せつ。使者のしるし)を持たせ、天子の印璽(いんじ)と綬(じゅ)を捧げ、曹丕に帝位を譲ろうとする。
『三国志』(魏書・文帝紀)

これが本紀(ほんぎ)の記述。乙卯(いつぼう)の日(10月13日)の詔(みことのり)に対応しているようだ。

⇒乙卯の日(13日)
献帝が曹丕に天下を譲る旨の詔を下す。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

このくだりで「使持節(しじせつ)・行御史大夫事(こうぎょしたいふじ。御史大夫代理)・太常(たいじょう)の張音を使者とし、皇帝の璽綬を捧げ持たせる」とある。

⇒10月
乙卯の日
献帝が退位し、魏王の曹丕が天子を称する。曹丕は退位した献帝を山陽公(さんようこう)に封じて1万戸を与えたうえ、その位を諸侯王の上に置いた。

さらに、奏事の際に臣と称さずともよい、詔を受ける際に拝礼せずともよい、天子の車駕と服装を用いて天地を祭ってもよい、宗廟(そうびょう)・祖・臘(ろう)の祭祀も漢制の通りに執り行ってもよいとした。山陽国は濁鹿城(だくろくじょう)を国都とした。(献帝の)4人の皇子で、かつて王に封ぜられていた者はみな列侯に降格された。
『後漢書』(献帝紀〈けんていぎ〉)

李賢注(りけんちゅう)によると「『献帝春秋(けんていしゅんじゅう)』に『このとき献帝は群臣卿士を招集して(漢王朝の終焉〈しゅうえん〉を高祖〈こうそ〉劉邦〈りゅうほう〉の)高廟(こうびょう)に告げ、詔を下して太常の張音に節を持たせ、策と璽綬を(曹丕に)奉じさせ、位を魏王(曹丕)に譲った。そのために(受禅)壇を繁陽県(はんようけん)の故城に造り、魏王は壇に登って皇帝の璽綬を受けた』とある」という。

同じく李賢注によると「山陽は県の名であり、河内郡(かだいぐん)に属す。故城は唐(とう)の懐州(かいしゅう)脩武県(しゅうぶけん)の西北にある」という。

同じく李賢注によると「濁鹿は一名を濁城といい、また清陽城(せいようじょう)ともいう。唐の懐州脩武県の東北にある」という。

⇒?月
位にあること7年、曹魏が成立したため、曹皇后は山陽公の夫人になった(降格された)。
『後漢書』(曹皇后紀〈そうこうごうき〉)

ここでいう7年とは、皇后としての在位期間だけでは足りないと思う。貴人(きじん)であった1年も含むようだ。

【10月】
曹丕配下の尚書令の桓階らが曹丕に上奏文を奉る。乙卯の日(10月13日)の詔について、「天命は辞退してよいものではなく、万民の希望は反してよいものではありません」として、「天子の位に即かれるための儀礼を整えられますように」と請願したもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕が布令を出す。「絶対に禅譲を受けないという意向についてだけ論議せよ」というもの。また「猟(征伐)から帰ったあと改めて布令を出す」ともした。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕配下の尚書令の桓階らが再び曹丕に上奏文を奉る。堯と舜(しゅん)の例などを挙げ、「平坦な場所に壇場をしつらえ、めでたき天命に応え奉られるべきです」として、「速やかに侍中や常侍(じょうじ)たちと会議を開き、儀礼について論議され、太史の官に吉日を選ばせたあとまた上奏いたします」というもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕が布令を出す。「わしはまったく禅譲を受けるつもりがない。それなのに、あらかじめ何を準備しておくことがあろうか」というもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕配下の侍中の劉廙、常侍の衛臻らが曹丕に上奏する。「どうか霊兆に従い、速やかに帝位に登られますように」というもの。

また「太史丞の許芝に尋ねたところ、今月の己未(きび)の日(17日)は物事が完成する吉日であり、禅譲の命を受けるのにふさわしいとのことです」とし、「すぐに壇場を整えます。施行しなければならないことは別に上奏いたします」と述べた。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕が布令を出す。「たまたま外に出てみると壇場が設けられていた。これは何のつもりか。わしは詔を辞退してお受けしない決意である。ただ、陣幕の前で璽書を開き、詔書を受け取る儀礼は平常どおりとする。気候の寒いときであるから、壇を造っている者たちに作業をやめさせ戻してやれ」というもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕が璽書を開いたあと布令を出す。「璽綬を還し奉って、禅譲を辞退する旨の上奏文を書いてほしい」というもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
己未の日(17日)
曹丕が布令を出し、献帝に璽綬を返還するよう命ずる。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕配下の輔国将軍(ほこくしょうぐん)・清苑侯(せいえんこう)の劉若(りゅうじゃく)ら120人が曹丕に上書を奉る。己未の日(10月17日)の布令を伏して読んだとしたうえで舜や禹(う)の例を挙げ、「聖人は、天命の逆らうべからず、暦数の辞退すべからざることをわきまえておられた」とし、「臣(わたくし)どもは死罪を犯しても請願いたします」と述べ、「すぐに壇場を整えられ、吉日に至れば命を受けられること、前の上奏の通りにしてくださいませ。臣どもは手分けして布令を書き写し、布告いたしましょう」というもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕が布令を出す。柏成子高(はくせいしこう)・顔闔(がんこう)・仲尼(孔子)・子産(しさん)などの例を挙げ、「速やかに天子(献帝)に文を奉って璽綬を返上し、これ以上ごたごた言うでないぞ」というもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕配下の輔国将軍・清苑侯の劉若ら120人が再び曹丕に上奏文を奉る。「殿下は天命にたがって小さな品行を飾り立てられ、人心に逆らって個人の意志に固執しておられます」と述べ、「臣どもは、あえて死を覚悟して請願いたします」というもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕が布令を出す。「古代の聖王が統治したときと比べれば、今は太平とはほど遠い」として、「速やかに禅譲を辞退する文を書いて璽綬を還し奉り、これ以上わしの不徳を大きくしないでもらいたい」というもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕配下の侍中の劉廙らが曹丕に上奏文を奉る。曹丕の聖意について「懇篤を極めておられますが」としたうえで、「臣どもは、あえてご命令に従えましょうか」と述べ、「すぐにも文書を備えられ、使者を遣わされますように」というもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕が布令を出す。泰伯(たいはく。周の太王〈たいおう〉の長子で、文王の父の兄)がみたび天下を辞退したことを挙げ、「わしは泰伯と異なる人間か」というもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
庚申(こうしん)の日(18日)
曹丕が献帝に上書を奉る。乙卯の日(10月13日)の詔に応えたもので、「あくまで禅譲のご命令はお受けできない」とし、行相国(こうしょうこく。相国代理)・永寿少府(えいじゅしょうふ)の毛宗(もうそう)を遣わして璽綬を返上するもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
辛酉(しんゆう)の日(19日)
曹丕配下の給事中・博士の蘇林と董巴が曹丕に上奏文を奉る。歳星(さいせい。木星)の動きや五行(ごぎょう)の巡り合わせを挙げ、「詔に従い帝位に即かれますように」と懇願するもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕が布令を出す。「天の瑞祥(ずいしょう)は彰(あきら)かであっても、徳があって初めて輝くものだ」とし、「わしは徳薄き人間であり、どうしてそれを引き受ける価値があろう」として、改めて禅譲を辞退する旨を知らせるもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
壬戌(じんじゅつ)の日(20日)
献帝が再び曹丕に天下を譲る旨の詔を下す。庚申の日(10月18日)の上書に応えたもので、張音を遣わして曹丕に璽綬を届け、帝位に登るよう命ずるもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕配下の尚書令の桓階らが曹丕に上奏する。周の武王(ぶおう)や舜が、いかに速やかに天命を奉承したかを示したうえ、曹丕に禅譲の詔を受けるよう、あえて死を覚悟して請願したもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕が布令を出す。「3度目の辞退を願い出ているのに認められない。どうして卿(けい)らはこのことにこだわるのだ」というもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
甲子(こうし)の日(22日)
曹丕が献帝に上書を奉る。壬戌の日(10月20日)の詔に応えたもので、禅譲を固辞する旨を伝え、またもや璽綬を返上したもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕配下の侍中の劉廙らが曹丕に上奏する。「殿下はたびたび禅譲の詔を拒絶されましたが、いったい何の礼によっておられるのでしょうか」と述べ、「臣どもは、あえて死罪を憚(はばか)らず請願いたします」というもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕が布令を出す。「天下は宝物のごとく大切なものであり、王者は正しい血統を必要とする。聖徳を備えた者が政権を担当したとしても、なお恐懼(きょうく)の念を抱くものなのだ」と述べ、「公卿(こうけい)らにとって、主君が存在しないという事態に立ち至っているわけではない」とし、「禅譲の詔を固辞した結果どうなるかを見極めたのち、改めて可能なことを論議すべきである」というもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
丁卯(ていぼう)の日(25日)
献帝が、みたび曹丕に天下を譲る旨の詔を下す。勅使として張音が遣わされ、曹丕に皇帝の璽綬を届けさせる。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕配下の相国(しょうこく)の華歆(かきん)、太尉(たいい)の賈詡(かく)、御史大夫の王朗(おうろう)および九卿(きゅうけい)が曹丕に上書を奉る。先の太史丞の許芝と左中郎将の李伏、また侍中の劉廙らの上奏文を拝読したとしたうえで、「天命を長い間引き延ばしておくわけにはいかず、民の希望に長い間逆らっているわけにはまいりません」と述べ、曹丕に「謙遜の気持ちを捨て去られ、禅譲をお受けになるための儀礼を整えられますように」と請願したもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕が布令を出す。「徳義からすれば、わしは不足しており、時機からすれば、外敵はいまだに滅びずにいる。もし賢人たちのおかげで生命を全うすることができ、魏国の君主として終われるなら、わしの場合は十分である」とし、「天の瑞兆や人の動きという点になると、これらはすべて先王(曹操)の遺された聖徳のおかげであって、どうしてわしの力であろうぞ」と述べ、「だからこそ、あえて詔に従おうとしないのだ」というもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
己巳(きし)の日(27日)
曹丕が献帝に上書を奉る。「勅使として遣わされた張音に、禅譲の詔を固辞すると伝えましたが復命に帰りません」とし、「すぐに張音を御史台(ぎょしだい)に召還してください」と述べ、配下の毛宗にこの上書を届けさせた。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕配下の相国の華歆、太尉の賈詡、御史大夫の王朗および九卿が再び曹丕に上奏する。「使命に対する自覚と広い度量を、この際に明らかにすべきであり、小さな節義にこだわって引きずられ、このときに実行しないのはよろしくありません。長らく天命を引き延ばした罪は臣どもにあります」と述べ、「速やかに壇場を築いて儀礼を整えられ、吉日を選んで祭礼を執り行われますように」と請願するもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕が布令を出す。「舜が堯の禅譲を受けて盛服を身に着け、堯のふたりの娘を娶ったのは天命に従ったからである」とし、「群公卿士たちが、本当に天命を拒否してはならず、民の希望に逆らってはならないと考えるのなら、わしもどうして辞退しようぞ」と述べたもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
庚午(こうご)の日(28日)
献帝が、よたび曹丕に天下を譲る旨の詔を下す。守尚書令(しゅしょうしょれい。尚書令代行)・侍中の衛覬(えいき)を遣わし、帝位に登るよう曹丕を諭させた。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕配下の尚書令の桓階らが曹丕に上奏する。「神器(じんぎ。帝位の象徴の宝物)を長い間とどめ、億兆の民の願いを拒むのはよろしくありません」として、「太史令に命じて王朝成立の初日を選ばせましたが、今月の辛未(しんび)の日(29日)は壇に登って天命をお受けになるのにふさわしい日でございます」と述べ、承諾の命令を下すよう請願したもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】
曹丕が布令を出し、禅譲を受け入れる旨を伝える。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【10月】「献帝の禅譲と曹丕の即位」
庚午の日(28日)
曹丕が繁陽に築いた壇に登り、帝位に即く。
『三国志』(魏書・文帝紀)

⇒辛未の日(29日)
曹丕が壇に登り、献帝から禅譲を受ける。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

こちらが『献帝伝』の記事。本紀とは1日ズレている。

【10月】「魏(ぎ)の改元(建元)」
魏の曹丕が「延康」を「黄初」と改元したうえ、大赦令を下す。
『三国志』(魏書・文帝紀)

⇒10月
魏の曹丕が三公(ここでは、相国・太尉・御史大夫)に詔を下し、「『延康元年』をもって『黄初元年』となし、正朔(せいさく。ここでは正月の月)を改めて服色を変え、称号を異(こと)にし、音律と度量を統一し、土徳(どとく)の五行に従うことを論議するように」と命ずる。

また天下に大赦令を下し、「死罪以下、本来は赦免すべきでない者も含め、みな赦免するように」とも命じた。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『献帝伝』

【11月】
癸酉(きゆう)の日(1日)
魏の曹丕が、漢の献帝を山陽公に封ずる。その領邑(りょうゆう)は河内郡山陽県の1万戸とされた。

また「漢の正朔(ここでは暦〈こよみ〉)をそのまま使うこと、天子の儀礼によって天を祭ること、上書する場合に臣ととなえなくてもよいこと」を認めたうえ、都で太廟(たいびょう)の祭事を行ったときには供物を届けることとし、4人の息子たちを列侯に封じた。
『三国志』(魏書・文帝紀)

『後漢書』(献帝紀)では先の10月乙卯の日の記事で、これらの件にも触れている。

【11月】
魏の曹丕が、皇祖の太王(たいおう。曹嵩〈そうすう〉)を追尊して太皇帝(たいこうてい)の称号を、父の武王(ぶおう。曹操)に武皇帝の称号を、それぞれ奉り、さらに王太后(おうたいごう。卞氏〈べんし〉)を尊んで皇太后(こうたいごう)の称号を奉る。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【11月】
魏の曹丕が民の男子それぞれに爵位を1級ずつ賜与し、跡継ぎ、父母など目上の者によく仕える者、農事に熱心な者には、それぞれ爵位を2級与える。
『三国志』(魏書・文帝紀)

このくだり初めはわからなかったが、『後漢書』や『全譯後漢書 第2冊』(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉、岡本秀夫〈おかもと・ひでお〉、池田雅典〈いけだ・まさのり〉編 汲古書院)の補注を読み、「民に爵号を下賜した」という意味がわかった。

漢では国家に慶事もしくは凶事が起こったとき、民の男子(長男限定など、場合によって対象者は異なる)に爵位を賜与する制度があったという。当然、魏にも同じような制度があったということだった。このあたりのことについては215年1月の記事を参照。

215年(漢の建安20年)の主な出来事
-215年- 乙未(いつび)【漢】 建安(けんあん)20年 ※献帝(けんてい。劉協〈りゅうきょう〉)月別および季節別の主な出来事【01月】献帝が、曹操(そうそう)の真ん中の娘を皇后(こうごう)に立てる。『三国志』(魏書〈...

【11月】
魏の曹丕が、漢の諸侯王を崇徳侯(すうとくこう)に、漢の列侯を関中侯(かんちゅうこう)に、それぞれ封ずる。また潁陰県(えいいんけん)の繁陽亭(はんようてい)については、自身が禅譲を受けた地として繁昌県(はんしょうけん)と改めた。封爵や官位の昇進が行われ、人によって格差がつけられた。

相国を司徒(しと)に、御史大夫を司空(しくう)に、奉常(ほうじょう)を太常に、郎中令を光禄勲(こうろくくん)に、大理(だいり)を廷尉(ていい)に、大農(だいのう)を大司農(だいしのう)に、それぞれ改称した。郡国の県や邑(ゆう。村)にも多くの変更があった。

匈奴(きょうど)の南単于(なんぜんう)の呼廚泉(こちゅうせん)に改めて璽綬を授け、青蓋車(せいがいしゃ)・乗輿(じょうよ)・宝剣・玉玦(ぎょっけつ。1か所が切れている環状の玉)を賜与した。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【12月】
魏の曹丕が洛陽宮(らくようきゅう)を造営し、戊午(ぼご)の日(17日)になって洛陽に行幸する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

ここで「臣(わたくし)裴松之が調べたところでは」とあり、「諸書に、このとき帝(曹丕)は北宮に住まい、建始殿(けんしでん)に群臣を参朝させ、その門の名を承明(しょうめい)といった、と記録している。陳思王(ちんしおう)の曹植(そうしょく)の詩に、『帝に謁す承明の廬(ろ)』といっているのがそれである。明帝(めいてい。曹叡〈そうえい〉)の時代になって初めて漢の南宮・崇徳殿のあった場所に、太極(たいごく)・昭陽(しょうよう)の諸殿を起工したのである」としている。

また「『魏書』にいう」として、「夏(か)の時代の暦が天の正しい秩序に合致していると判断した結果、夏暦(立春が1月にあたる陰暦)を採用し、服の色は黄(土徳の象徴)を尊重した」ともある。

さらに「『魏略』にいう」として、「詔によって、漢は五行からいうと火であり、火は水を忌む。したがって洛の字は水を取り去って隹(すい)を加え、雒とした(つまり雒陽)。魏は五行の順序からいうと土にあたる。土は水の牡(?)である。水は土を得て初めて流れ、土は水を得て柔らかくなる。したがって隹を取り去って水を加え、雒の字を洛に変えることにした(つまり洛陽)」ともある。

⇒12月
魏の曹丕が洛陽に宮殿を営み、洛陽を都と定める。
『正史 三国志8』の年表

【?月】
この年、曹丕配下の長水校尉(ちょうすいこうい)の戴陵(たいりょう)が、「たびたび狩猟にお出かけになられるのは、よろしくありません」と諫言し曹丕を激怒させた。戴陵は死罪になるところを1等下の刑に減刑された。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【?月】
この年、孫権配下の呂岱(りょたい)が歩騭(ほしつ)の跡を引き継ぎ、交州刺史(こうしゅうのしし)に就任した。呂岱が交州に着任すると、高涼(こうりょう)の不服従民たちの首領である銭博(せんはく)が降伏を申し入れてきた。呂岱は孫権の許可を得て、銭博を高涼西部都尉(こうりょうせいぶとい)に任じた。
『三国志』(呉書・呂岱伝)

『後漢書』(郡国志)の劉昭注によると「建安25(220)年に孫権が高梁郡(こうりょうぐん)を設置した」という。高涼郡ではなく高梁郡なのが、いくらか気になる。

【?月】
この年、魏の曹丕が弟の曹植を安郷侯(あんきょうこう)に貶(おと)し、曹植の一派に属する丁儀(ていぎ)一族を皆殺しにした。
『正史 三国志8』の年表

【?月】
この年、魏の陳羣が「九品官人法(きゅうひんかんじんほう)」を定めた。
『正史 三国志8』の年表

「この年(220年)に亡くなったとされる人物」
夏侯惇(かこうとん)郭憲(かくけん)黄忠(こうちゅう)曹操(そうそう)仲長統(ちゅうちょうとう)丁廙(ていい)丁儀(ていぎ)董和(とうか)?法正(ほうせい)劉封(りゅうほう)

(注)この年は記事が多かったため「前半」と「後半」に分けました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 220年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました