法正(ほうせい)

【姓名】 法正(ほうせい) 【あざな】 孝直(こうちょく)

【原籍】 扶風郡(ふふうぐん)郿県(びけん)

【生没】 176~220年(45歳)

【吉川】 第189話で初登場。
【演義】 第060回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・法正伝』あり。

情勢判断に優れた名参謀ながら、暗い一面を併せ持つ

父は法衍(ほうえん)だが、母は不詳。法真(ほうしん)は祖父。息子の法邈(ほうばく)は跡継ぎ。

建安(けんあん)年間(196~220年)の初めに天下が飢饉(ききん)に見舞われると、法正は同郡の孟達(もうたつ)とともに蜀へ行き、劉璋(りゅうしょう)に仕えた。

法正はしばらく「新都県令(しんとけんのれい)」を務めた後、召されて「軍議校尉(ぐんぎこうい)」に任ぜられる。しかし重用されなかったうえ、同じ邑(むら)の出身者から品行の悪さを謗(そし)られもしたため志を得なかった。

それでも益州別駕(えきしゅうべつが)の張松(ちょうしょう)とは仲が良く、劉璋に大事をなす器量がないことを察し、いつもふたりで嘆き合っていた。

208年、曹操(そうそう)が荊州(けいしゅう)へ進出すると、張松は劉璋の使者として遣わされ、曹操との会見を終えて帰国する。

張松は劉璋に復命した際、曹操とは絶交し劉備(りゅうび)と結ぶよう勧めた。劉璋はこれを容れ、張松が推薦した法正に使いを命ずる。いったん法正は辞退したが、やむなく劉備に会いに行った。

帰国した法正は張松に、劉備が雄略を抱いている様子を聞かせる。ふたりはひそかに相談を重ね、劉備を主君として奉戴(ほうたい)したいと願ったものの、なかなか機会がなかった。

211年、曹操が将軍(しょうぐん)を遣って漢中(かんちゅう)の張魯(ちょうろ)を討伐しようとしていると聞き、劉璋は恐れを抱く。

そこで張松は、劉備を迎え、彼に張魯を討伐させるのがよいと進言。再び法正が劉備への使いを命ぜられる。こうして法正は劉備に劉璋の意向を伝えた後、益州を取り、この地を基盤に功業を成就するよう献策。また、張松が内応する旨も併せて伝えた。

この年、劉備は軍勢をひきいて益州へ入り、劉璋と涪(ふう)で会見。翌212年には葭萌(かぼう)から反転して攻撃を開始し、214年に劉璋を成都(せいと)で降した。

法正は「蜀郡太守(しょくぐんのたいしゅ)・揚武将軍(ようぶしょうぐん)」に任ぜられ畿内(きない)の統治にあたる一方、策謀にも参与した。

法正は以前に受けたわずかな恩讐(おんしゅう)にも必ず報復し、自分を非難した数人を勝手に殺害する。

ある者が諸葛亮(しょかつりょう)に法正の行状を告げ、主君に上言し彼の権限を抑えるべきだと述べた。だが諸葛亮は、これまで法正の果たしてきた役割の大きさと主君の信頼が厚いことを考え合わせ、特に働きかけることはなかった。

翌215年、曹操は張魯を降し漢中を押さえた後、夏侯淵(かこうえん)や張郃(ちょうこう)らをとどめて鄴(ぎょう)に帰った。

217年、法正は漢中攻めの好機だと進言し、劉備に容れられる。これを受け、劉備自ら諸将をひきいて漢中を目指し、法正も従軍。

219年春、定軍山(ていぐんざん)で黄忠(こうちゅう)が夏侯淵を討ち取る大功を上げたが、その陰には法正の献策があった。

同年秋、劉備が「漢中王」になると、法正は「尚書令(しょうしょれい)・護軍将軍(ごぐんしょうぐん)」に任ぜられた。

ところが、翌220年に45歳で死去。劉備は何日も彼の死を悼み涙を流したという。「翼侯(よくこう)」と諡(おくりな)され息子の法邈が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、法正は諸葛亮と性向こそ異なっていたものの、公人として互いに認め合っていたということです。諸葛亮は法正の知謀を高く評価していたのだとも。

222年に劉備の東征が失敗し、白帝(はくてい)へ逃げ帰った際、諸葛亮が嘆息して言いました。

「法孝直(法正)が生きていれば、よく主上(劉備)を抑え東征させなかったであろうし、仮に東征していても、きっとこのような危機を避けることができたであろう」

陳寿(ちんじゅ)は伝末の評において、龐統(ほうとう)と法正を魏(ぎ)の臣下になぞらえており、龐統は「荀イク(じゅんいく)の兄弟」で、法正は「程イク(ていいく。日+立)や郭嘉(かくか)の輩(ともがら)」と言えようか、としていました。

龐統にせよ法正にせよ、替えの利かない才人だったことは確か。ただでさえ劉備陣営は人材難なのに、このふたりも蜀の建国を待たずに亡くなってしまうとは……。こうなると、諸葛亮の超人ぶりや数十年にわたって国が存在し続けたこと自体、驚かざるを得ませんね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】