孫布(そんふ)

【姓名】 孫布(そんふ) 【あざな】 ?

【原籍】 ?

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

呉(ご)の孫権(そんけん)配下の中郎将(ちゅうろうしょう)

父母ともに不詳。呉の孫権の一族なのか不明。

231年、孫布は揚州(ようしゅう)へ使者を遣り、魏(ぎ)に降伏したい旨を伝えたうえ迎えの軍勢を出してほしいと頼む。だが、これは計略だった。魏の満寵(まんちょう)は偽りと見抜いたが、揚州刺史(ようしゅうしし)の王淩(おうりょう)には見抜けなかった。

ちょうど満寵は曹叡(そうえい)のお召しにより入朝しなくてはならなかったため、留府長史(りゅうふちょうし)に、王淩から要請があっても兵を与えないよう命じておいた。

王淩は兵を要求したものの認められず、やむなく配下の督将(とくしょう)に700の歩騎を付けて孫布を迎えに行かせた。孫布は夜にまぎれて襲撃。すると督将は逃走し、魏兵の半数以上が死傷した。

このとき孫権も自ら阜陵(ふりょう)に大軍を伏せ待ち受けていたが、王淩は異変を感じて逃げ去ってしまった。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。この孫布の名が正史『三国志』に見えるのは上で挙げた魏への佯降策(ようこうさく)がらみの場面だけなので、詳しい経歴などはわかりませんでした。
「呉の孫氏」収録人物一覧
呉(ご)の孫権(そんけん)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました