曹氏(そうし)D ※曹操(そうそう)の娘、金郷公主(きんきょうこうしゅ)

【姓名】 曹氏(そうし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹操(そうそう)の娘で曹丕(そうひ)の異母姉妹、金郷公主(きんきょうこうしゅ)

父は曹操、母は杜氏(とし)。同母兄弟には曹林(そうりん)・曹袞(そうこん)がいる。

曹氏は、何進(かしん)の孫の何晏(かあん)に嫁いだ。

管理人「かぶらがわ」より

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・曹真伝〈そうしんでん〉)に付された「何晏伝」の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『魏末伝(ぎまつでん)』によると、「何晏の妻の金郷公主は実は何晏の同母妹だった。金郷公主は聡明な女性で、夫の何晏の悪行を憂え、母である沛王太妃(はいおうたいひ)に相談していた」ということです。

その後、249年に正始(せいし)の政変(司馬懿〈しばい〉によるクーデター)が起きた際、曹爽(そうそう)の一味として何晏も誅殺されています。

このとき何晏には5、6歳になる息子がひとりいて、いったんはその子を捕らえるための使者が遣わされました。しかし、司馬懿は金郷公主が先を見通す発言をしていたことを聞いており、沛王太妃の顔を立てるためにも特に息子の助命を許したとあります。

この『魏末伝』の記事については裴松之が、「『魏末伝』では、何晏が同母妹を娶って妻にしたと言っているが、これは紳士たる者が口にするのも恥ずかしいことである」と述べたうえ。

『三国志』(魏書・沛穆王林伝〈はいぼくおうりんでん〉)を調べて「沛王(曹林)は杜氏が生んだ人物であること」を挙げ、「何晏の母は尹氏(いんし)であり、もし金郷公主が沛王(曹林)と同じ母(杜氏)から生まれたとすれば、どうして何晏と母が同じだと言えようか」とまとめています。

この指摘はごもっとも。『魏末伝』の撰者(せんじゃ)の勘違いでしょうね。

何晏の母である尹氏は、初め何進の息子に嫁いで何晏を儲け、そのあと曹操の側室になった(魚豢〈ぎょかん〉の『魏略〈ぎりゃく〉』には曹操が司空〈しくう〉だったとき〈196~208年〉のことだとあります)ということなのです。その際、尹氏の連れ子として何晏も曹操に引き取られ、曹丕らとともに宮中で育ったというわけ。

結論としては「何晏と金郷公主は同母兄妹ではない」と。何晏の父は何進の息子、母は尹氏。金郷公主の父は曹操、母は杜氏。
「魏の曹氏」収録人物一覧
魏(ぎ)の曹操(そうそう)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました