220年(〈漢の建安25年〉→延康元年・魏の黄初元年)の主な出来事 前半

-220年- 庚子(こうし)
【漢】 (建安〈けんあん〉25年) → 延康(えんこう)元年 ※献帝(けんてい。劉協〈りゅうきょう〉) → 魏に禅譲し滅亡
【魏】 黄初(こうしょ)元年 ※文帝(ぶんてい。曹丕〈そうひ〉)

月別および季節別の主な出来事

(注)この年は記事が多かったため「前半」と「後半」に分けました。

【01月】
曹操(そうそう)が洛陽(らくよう)に帰還する。このころ孫権(そんけん)から劉備(りゅうび)配下の関羽(かんう)の首が届けられた。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武帝紀〈ぶていぎ〉)

【01月】 「曹操の崩御(ほうぎょ)」
庚子の日(23日)
曹操が洛陽で崩御する。このとき66歳だった。

曹操は遺令で「天下は依然として安定をみていない」とし、「このため(自分の葬儀は)古式に従うわけにはいかない」とした。

「埋葬が終われば、みな服喪(ふくそう)を去れ。兵を統率している者はその部署を離れることを許さぬ。官吏はそれぞれ自己の職に努めよ」と述べたうえ、「遺体を包むには平服を用い、金銀や珍宝を副葬しないように」と命じたとある。

また、諡(おくりな)を「武王(ぶおう)」という、ともある。
『三国志』(魏書・武帝紀)

『世語(せいご)』…濯龍祠(たくりょうし)の神木と建始殿(けんしでん)の話。

『曹瞞伝(そうまんでん)』…工人の蘇越(そえつ)と梨の木を移植した話。

⇒01月
庚子の日
魏王(ぎおう)の曹操が薨去(こうきょ)し息子の曹丕が位を継ぐ。
『後漢書(ごかんじょ)』(献帝紀〈けんていぎ〉)

李賢注(りけんちゅう)によると「『三国志』(魏書・武帝紀)に『曹操は字(あざな)を孟徳(もうとく)といい、薨じたときは66歳であった』とある」という。

同じく李賢注によると「『三国志』(魏書・文帝紀〈ぶんていぎ〉)に『曹丕は字を子桓(しかん)といい、曹操の太子である』とある」という。

【02月】
丁未(ていび)の日(1日)、朔(さく)
日食が起こる。
『後漢書』(献帝紀)

【02月】 「魏王曹丕」
曹操の息子の曹丕が位を継ぎ「丞相(じょうしょう)・魏王」となる。
『三国志』(魏書・文帝紀)

袁宏(えんこう)の『漢紀(かんき。後漢紀〈ごかんき〉)』…献帝の詔(みことのり)。「使持節(しじせつ)・御史大夫(ぎょしたいふ)の華歆(かきん)に辞令の詔を奉じさせ、曹丕に丞相の印綬(いんじゅ)と魏王の璽紱(じふつ。王印とそのひも)を授けて『冀州牧(きしゅうのぼく)』を担当させる」というもの。

【02月】
曹丕が、曹操の后(きさき)だった卞氏(べんし)に「王太后(おうたいごう)」の尊称を奉る。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【02月】 「漢(かん)の改元」
献帝が「建安」を「延康」と改元する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

⇒03月
献帝が「建安」を「延康」と改元する。
『後漢書』(献帝紀)

【02月】
庚戌(こうじゅつ)の日(4日)
曹丕が布令を出す。「関所と津(わたしば)は旅の商人を通行させるためのものであり、池と御苑(ぎょえん)は災害を防ぐものであるのに、禁令を設けて重い税を課すのは民に利便を与えることにならない」とし、「池にやなを張ることを禁ずる法令を廃止したうえ関所と津の税を軽減し、すべて10分の1に戻すように」というもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『魏書』

【02月】
辛亥(しんがい)の日(5日)
曹丕が諸侯王や将相以下、大将までの官にある者たちに、1万斛(ごく)の粟と1千匹(びき)の絹を授け、それぞれに等級をつけて金銀を賜与する。

また、使者を遣わして郡国を巡行させ、道理に反し大きな顔をして人を踏みつけにしたり、暴虐を働く者があれば、その罪を弾劾するよう命じた。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『魏書』

【02月】
壬戌(じんじゅつ)の日(16日)
曹丕が、太中大夫(たいちゅうたいふ)の賈詡(かく)を「太尉(たいい)」に、御史大夫の華歆を「相国(しょうこく)」に、大理(だいり)の王朗(おうろう)を「御史大夫」に、それぞれ任ずる。さらに「散騎常侍(さんきじょうじ)」と「侍郎(じろう。散騎侍郎か?)」を4人ずつ配置する。

また、官職に就いている宦官(かんがん)は諸官署の「令(れい)」以上の位に昇ることを許さないものとし、金製の札を作ってこの布令を記したうえ、それを文書保管庫に納めさせた。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【02月】
丁卯(ていぼう)の日(21日)
曹丕が曹操を「高陵(こうりょう)」に葬る。
『三国志』(魏書・武帝紀)

ここで「『魏書』にいう」として「曹操は軍を指揮すること30余年。その間、手から書物を離さず、昼は軍事の策略を考え、夜は経書やその注釈に思索を向けた。高所に登れば必ず詩を賦(ふ)し、新しい詩ができ上がるとそれを管絃(かんげん)に乗せ、これらはすべて歌詞になった」

「人並み外れた腕力を持ち、自ら飛ぶ鳥を射たり、猛獣を捕らえたりもした。南皮(なんぴ)においては1日で63羽の雉(キジ)を射たこともあった。宮殿を造営したり器具類を製作する場合、すべてにわたって青写真を作らせたが、みな十分に目的に合ったものだった」

「本性は倹約家で、華美を好まず、後宮の衣服にも錦や刺繡を用いず、側近く侍る者のくつも一色だった。帷帳(とばり)や屏風(ついたて)も壊れれば補修し、蒲団(ふとん)は温かければよく、縁飾りなどを付けなかった」

「城を攻め、邑(まち)を陥したとき、美麗な物を手に入れてもすべて戦功を立てた者に与えた。恩賞を与えるべき功労に対しては千金も惜しまず、功労もないのに恩賞を期待してもわずかの物も与えなかった。四方からの献上品は臣下たちと分けあった」

「死者を送る際のしきたりやかたびらの数について、繁雑で役に立たず、俗世間ではしきたり以上のことをしていると常に考えていた。そのためあらかじめ自分が亡くなったときの衣服を決めておき、4つの箱を用いるだけとしたのである」などと、生前の曹操の特長を列挙している。

また「『傅子(ふし)』にいう」として、「曹操は嫁入りや嫁取りの際の豪奢僭上(ごうしゃせんじょう)ぶりを哀れに思い、娘を嫁がせるときにはすべて黒い帳(とばり)を用い、侍女についても10人以上は付けなかった」とある。

『博物志(はくぶつし)』…曹操の草書・音楽・囲碁の腕前や、養性(ようせい)の法を好んだという話。

『曹瞞伝』…曹操は軽佻浮薄(けいちょうふはく)な人柄で威厳がなかったという話。この中には、『演義』(第17回)および『吉川版』(第69話)の元ネタになっていると思われる「麦畑」での一件に加え、同じく『演義』(第17回)および『吉川版』(第68話)の元ネタになっていると思われる「小さな升(ます)」の一件も含まれている。

【03月】
譙(しょう)に黄色い龍が現れる。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【03月】
己卯(きぼう)の日(3日)
曹丕が前将軍(ぜんしょうぐん)の夏侯惇(かこうとん)を「大将軍(だいしょうぐん)」に任ずる。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【03月】
濊貊(わいばく)と扶余(ふよ)の単于(ぜんう)および焉耆(えんき)と于闐(うてん)の王が、それぞれ使者を遣わし朝貢する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

朝貢先が「漢」なのか「魏」なのか、よくわからなかった。もうこの時点では「魏に朝貢してきた」と解釈してもいいのか?

【03月】
丙戌(へいじゅつ)の日(10日)
曹丕が史官に「重(ちょう)・黎(れい)・羲(ぎ)・和(か)(これらは、いずれも古代の史官)の担当していた職務をつかさどり、大いなる天の命令に慎んで従い、日月星辰(じつげつせいしん)を数え写して天の定める時(四季)を奉ずること」を命ずる。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『魏書』

ここで「臣(わたくし)裴松之が調べたところでは」とあり、「『魏書』にこの記事がありながら、その官職の存在を聞かない」と指摘している。

【03月】
丁亥(ていがい)の日(11日)
曹丕が布令を出す。「もとの尚書僕射(しょうしょぼくや)の毛玠(もうかい)、奉常(ほうじょう)の王脩(おうしゅう)と涼茂(りょうぼう)、郎中令(ろうちゅうれい)の袁渙(えんかん)、少府(しょうふ)の謝奐(しゃかん)と万潜(ばんせん)、中尉(ちゅうい)の徐奕(じょえき)と国淵(こくえん)らはみな忠直の士として朝廷におり、仁愛と道義を旨としていたが、いずれも早くに世を去った。しかしその子孫は衰微しており、惻々(そくそく)として哀れを覚える。彼らの息子をみな『郎中(ろうちゅう)』に任じよ」というもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『魏書』

【04月】
丁巳(ていし)の日(12日)
曹丕のもとに「饒安県(じょうあんけん)で白い雉が現れた」との報告が届く。
『三国志』(魏書・文帝紀)

ここで「『魏書』にいう」として、「曹丕は饒安県に田租を賜与し、饒安県が属する勃海郡(ぼっかいぐん)の100戸ごとに牛と酒を与え、3日の間、集まって酒を飲むことを許した」ともある。

【04月】 「夏侯惇の死」
庚午(こうご)の日(25日)
曹丕配下の大将軍の夏侯惇が死去する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

ここで「『魏書』にいう」として、「曹丕は白の喪服を着けて鄴(ぎょう)の東の城門に赴き、夏侯惇の柩(ひつぎ)を見送り哀悼の意を示した」ともある。

これに対し「孫盛(そんせい)はいう」として、「礼においては、宗廟(そうびょう)の門外で同姓の親族に対して哭礼(こくれい。大声を上げて泣く礼)を行う。城門において哭礼を行ったのは、その場所を間違えている」と指摘している。

【05月】
戊寅(ぼいん)の日(3日)
献帝が曹丕に、もとの太尉の曹嵩(そうすう)を追尊して「太王(たいおう)」と称し、その夫人であった丁氏(ていし)を「王太后」と称するよう命ずる。また、曹丕の息子の曹叡(そうえい)を「武徳侯(ぶとくこう)」に封じた。
『三国志』(魏書・文帝紀)

ここで「『魏略(ぎりゃく)』にいう」として、「侍中(じちゅう)の鄭称(ていしょう)を曹叡の『傅(ふ。守り役)』とした」ともある。

⇒?月
曹叡は15歳のとき「武徳侯」に封ぜられた。
『三国志』(魏書・明帝紀〈めいていぎ〉)

【05月】
馮翊(ひょうよく)の山族の鄭甘(ていかん)と王照(おうしょう)が、手下を引き連れて曹丕に降る。曹丕はふたりを「列侯(れっこう)」に封じた。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【05月】
酒泉(しゅせん)の黄華(こうか)と張掖(ちょうえき)の張進(ちょうしん)らが、それぞれ太守(たいしゅ)を捕らえて反乱を起こす。曹丕配下の金城太守(きんじょうたいしゅ)の蘇則(そそく)が張進を討伐し、これを斬った。黄華のほうは降伏した。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【06月】
辛亥(しんがい)の日(7日)
曹丕が鄴の東の郊外で軍の観閲を行う。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【06月】
庚午(こうご)の日(26日)
曹丕が南方征討に出発する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

『魏略』…度支中郎将(たくしちゅうろうしょう)の霍性(かくせい)の上書による諫言。

(注)この年は記事が多かったため「前半」と「後半」に分けました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】