165年(漢の延熹8年)の主な出来事

-165年- 乙巳(いつし)
【漢】 延熹(えんき)8年 ※桓帝(かんてい。劉志〈りゅうし〉)

月別および季節別の主な出来事

【01月】
桓帝が中常侍(ちゅうじょうじ)の左ワン(さわん。忄+官)を苦県(こけん)に遣わし、老子(ろうし)を祭らせる。
『後漢書(ごかんじょ)』(桓帝紀〈かんていぎ〉)

『後漢書』(郡国志〈ぐんこくし〉)の劉昭注(りゅうしょうちゅう)によると「伏滔(ふくとう)の『北征記(ほくせいき)』に『(陳国〈ちんこく〉の苦県には)老子の廟(びょう)があり、廟の中に九井(きゅうせい)があり、それぞれの水が通じている』とある」という。

同じく『後漢書』(郡国志)の劉昭注によると「『古史考(こしこう)』に『(陳国の苦県には)曲仁里(きょくじんり)があり、老子の郷里である』とある」という。

【01月】
勃海王(ぼっかいおう)の劉悝(りゅうかい)が謀反を起こしたため、桓帝が「エイ陶王(えいとうおう。广+嬰)」に降格する。
『後漢書』(桓帝紀)

【01月】
丙申(へいしん)の日(30日)、晦(かい)
日食が起こる。これを受け桓帝が公卿(こうけい)および校尉(こうい)に詔(みことのり)を下し、賢良方正(けんりょうほうせい)を推挙させた。
『後漢書』(桓帝紀)

【01月】
楊秉(ようへい)が侯覧(こうらん)一族の悪事を上奏し、侯覧が罷免される。
『参考年表』

【01月】
韓縯(かんえん)が左ワン(忄+官)一族の悪事を上奏し、左ワンが自殺する。
『参考年表』

【02月】
己酉(きゆう)の日(13日)
洛陽(らくよう)の南宮にある嘉徳署(かとくしょ)に黄龍(こうりゅう)が現れる。
『後漢書』(桓帝紀)

【02月】
洛陽の千秋万歳殿(せんしゅうばんざいでん)で火災が起こる。
『後漢書』(桓帝紀)

【02月】
太僕(たいぼく)の左称(さしょう)が罪を得て自殺する。
『後漢書』(桓帝紀)

【02月】
癸亥(きがい)の日(27日)
桓帝が皇后(こうごう)のトウ氏(とうし。登+阝)を廃位する。トウ氏の一族である河南尹(かなんいん)のトウ万世(とうばんせい。登+阝)、虎賁中郎将(こほんちゅうろうしょう)のトウ会(とうかい。登+阝)が投獄されて獄死した。
『後漢書』(桓帝紀)

廃位されたトウ氏は暴室(ぼうしつ)に送られたあと憂死し、北邙山(ほくぼうざん)に葬られた。そのおじにあたる河南尹のトウ万世およびトウ会は、ともに投獄されて獄死。トウ統らもまた暴室に送られ、官爵を免ぜられて本郡に帰され、その財産は県官に没収された。
『後漢書』(トウ皇后紀〈とうこうごうき〉)

訳者補注(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)および李賢注(りけんちゅう)によると「トウ万世はトウ皇后の叔父、トウ会はトウ皇后の甥」だという。トウ会との関係がややわかりにくかったので一応補足しておく。

⇒02月
トウ皇后が郭貴人(かくきじん)との勢力争いに敗れ、廃位されたうえ憂死。トウ氏一族も誅殺される。
『参考年表』

【02月】
護羌校尉(ごきょうこうい)の段熲(だんけい)が罕姐羌(かんしゃきょう)を討ち破る。
『後漢書』(桓帝紀)

【03月】
辛巳(しんし)の日(16日)
桓帝が大赦を行う。
『後漢書』(桓帝紀)

【04月】
甲寅(こういん)の日(19日)
安陵(あんりょう。恵帝〈けいてい〉の陵)の園寝(えんしん)で火災が起こる。
『後漢書』(桓帝紀)

【04月】
丁巳(ていし)の日(22日)
桓帝が詔を下し、郡国の多くの祀堂を取り壊すよう命ずる。
『後漢書』(桓帝紀)

【04月】
済陰(せいいん)・東郡(とうぐん)・済北(せいほく)の3郡あたりの黄河(こうが)の水が澄む。
『後漢書』(桓帝紀)

【05月】
壬申(じんしん)の日(8日)
桓帝が「泰山都尉(たいざんとい)」の官を廃止する。
『後漢書』(桓帝紀)

【05月】
丙戌(へいじゅつ)の日(22日)
太尉(たいい)の楊秉が死去する。
『後漢書』(桓帝紀)

【06月】
丙辰(へいしん)の日(22日)
緱氏県(こうしけん)で地割れが起こる。
『後漢書』(桓帝紀)

【06月】
桂陽郡(けいようぐん)の賊である胡蘭(こらん)・朱蓋(しゅがい)らが再び反乱を起こす。彼らは郡県を攻め落とし、兵を転じて零陵郡(れいりょうぐん)に侵攻。零陵太守(れいりょうたいしゅ)の陳球(ちんきゅう)がこれを防いだ。
『後漢書』(桓帝紀)

【06月】
桓帝が、中郎将(ちゅうろうしょう)の度尚(たくしょう)や長沙太守(ちょうさたいしゅ)の抗徐(こうじょ)らに胡蘭・朱蓋の討伐を命ずる。討伐軍は賊を大破し、これを斬った。
『後漢書』(桓帝紀)

【06月】
蒼梧太守(そうごたいしゅ)の張叙(ちょうじょ)が虜囚の辱めを受けた罪、桂陽太守(けいようたいしゅ)の任胤(じんいん)が敵前逃亡の罪により、ともに処刑される。
『後漢書』(桓帝紀)

【06月】
段熲が湟中(こうちゅう)で当煎羌(とうせんきょう)を大破する。
『後漢書』(桓帝紀)

【07月】
桓帝が太中大夫(たいちゅうたいふ)の陳蕃(ちんはん)を「太尉」に任ずる。
『後漢書』(桓帝紀)

【閏07月】
甲午(こうご)の日(1日)
洛陽の南宮にある長秋和歓殿(ちょうしゅうかかんでん)の後方、鉤楯(こうじゅん)・掖庭(えきてい)・朔平(さくへい)の役所で火災が起こる。
『後漢書』(桓帝紀)

【08月】
戊辰(ぼしん)の日(6日)
桓帝が初めて郡国の田租を銭で徴収する。
『後漢書』(桓帝紀)

李賢注によると「田地1畝(ぽ)につき10銭だった」という。

【09月】
丁未(ていび)の日(15日)
洛陽で地震が起こる。
『後漢書』(桓帝紀)

【10月】
桓帝が司空(しくう)の周景(しゅうけい)を罷免し、太常(たいじょう)の劉茂(りゅうぼう)を「司空」に任ずる。
『後漢書』(桓帝紀)

【10月】
辛巳(しんし)の日(20日)
桓帝が貴人の竇氏(とうし)を「皇后」に立てる。
『後漢書』(桓帝紀)

【10月】
勃海郡の妖賊である蓋登(がいとう)らが「太上皇帝(たいじょうこうてい)」と称し、玉印・珪(けい)・璧(へき)・鉄券(てっけん)を持ち、独自の官府を置く。このため彼ら妖賊は誅殺された。
『後漢書』(桓帝紀)

李賢注によると「『続漢書(しょくかんじょ)』に『このとき蓋登らは玉印を5つ持っており、みな白石のようだった。その中には皇帝信璽、皇帝行璽、という文字が刻まれたものがあり、ほかの3つには文字が刻まれていなかった。璧を22、珪を5、鉄券を11持っていた。王の廟(びょう)を開き、王の綬(じゅ)を帯び、絳(あか)い衣を着て、互いに役割を定め合っていた』とある」という。

【11月】
壬子(じんし)の日(21日)
洛陽の徳陽殿(とくようでん)の西閤(せいこう)および黄門北寺(こうもんほくじ)で火災が起こる。この火が延焼し広義門(こうぎもん)や神虎門(しんこもん)にまで広がり、焼死者が出る。
『後漢書』(桓帝紀)

李賢注によると「袁山松(えんさんしょう)の『後漢書』に『このとき毎月火事があり、諸官舎には1日に何度も火を発するものもあった。また、夜になるとおかしな声が聞こえたり、鼓の音がして人々を驚かせたりもした。陳蕃らは桓帝に上疏し、ただ善政だけがこれらの怪異を鎮められますと諫めたが、聞き入れられなかった』とある」という。

【11月】
桓帝が中常侍の管霸(かんは)を苦県に遣わし、老子を祭らせる。
『後漢書』(桓帝紀)

【?月】
陳蕃がしばしば上言し、李膺(りよう)・馮緄(ふうこん)・劉祐(りゅうゆう)らの無罪を主張する。これにより釈放された李膺は「司隷校尉(しれいこうい)」に任ぜられ、宦官(かんがん)勢力と対抗した。
『参考年表』

「この年(165年)に亡くなったとされる人物」
楊秉(ようへい)。
『正史三國志群雄銘銘傳(増補版)』(『三国志』年表)

「この年(165年)に生まれたとされる人物」
張遼(ちょうりょう)。
『正史三國志群雄銘銘傳(増補版)』(『三国志』年表)

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】