257年(魏の甘露2年・蜀の延熙20年・呉の太平2年)の主な出来事

-257年- 丁丑(ていちゅう)
【魏】 甘露(かんろ)2年 ※高貴郷公(こうききょうこう。曹髦〈そうぼう〉)
【蜀】 延熙(えんき)20年 ※後主(こうしゅ。劉禅〈りゅうぜん〉)
【呉】 太平(たいへい)2年 ※会稽王(かいけいおう。孫亮〈そんりょう〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【02月】
魏(ぎ)の温県(おんけん)の井戸の中に青い龍が現れる。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・高貴郷公紀〈こうききょうこうぎ〉)

【02月】
甲寅(こういん)の日(13日)
呉(ご)で大雨が降り雷も鳴る。

乙卯(いつぼう)の日(14日)
呉で雪が降り厳しい寒さとなる。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫亮伝〈そんりょうでん〉)

【03月】
魏の司空(しくう)の盧毓(ろいく)が死去する。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【春】
呉の孫亮が、長沙郡(ちょうさぐん)の東部を分割して「湘東郡(しょうとうぐん)」を、同じく西部を分割して「衡陽郡(こうようぐん)」を、それぞれ設置する。また、会稽郡(かいけいぐん)の東部を分割して「臨海郡(りんかいぐん)」を、豫章郡(よしょうぐん)の東部を分割して「臨川郡(りんせんぐん)」を、それぞれ設置した。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

【04月】
癸卯(きぼう)の日(3日)
魏の曹髦が詔(みことのり)を下す。玄菟郡(げんとぐん)高顕県(こうけんけん)における官民の反乱により、県長の鄭熙(ていき)が殺害された件について触れ、「鄭熙の遺骸を背負い、夜を日に継いで郷里まで運んだという平民の王簡(おうかん)を特別に忠義都尉(ちゅうぎとい)に任じ、この優れた行為を表彰せよ」というもの。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【04月】
甲子(こうし)の日(24日)
魏の曹髦が征東大将軍(せいとうだいしょうぐん)の諸葛誕(しょかつたん)を司空に任ずる。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【04月】「孫亮の親政」
呉の孫亮が正殿に出御(しゅつぎょ)して大赦を行い、初めて自ら政治を執る。孫亮は孫綝(そんりん)の意見に対して反対や反論をし、聞き入れようとしないことが多くなった。また、兵士の子弟たちで15~18歳の者の中から3千人以上を選抜し、特別部隊を編成した。そして、主だった部将たちの子弟から年が若く勇気と力のある者を選び、部隊の指揮官とした。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

『呉歴(ごれき)』および『江表伝(こうひょうでん)』…孫亮の頭の良さを示す「鼠の糞(ネズミのふん)」の話。

【05月】
辛未(しんび)の日(1日)
魏の曹髦が辟雍(へきよう。天子〈てんし〉が建てた太学〈たいがく〉)に行幸して群臣を集め、みなに詩を作るよう命ずる。

侍中(じちゅう)の和逌(かゆう)や尚書(しょうしょ)の陳騫(ちんけん)らは詩を作るのが遅かったため、担当官吏が「罷免されますように」と上奏したが、曹髦は「このようなもめごとが起こるのはわが意に反する」と応えて和逌らを赦した。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【05月】「諸葛誕の反乱」
乙亥(いつがい)の日(5日)
魏の司空の諸葛誕が麾下(きか)の軍をこぞって反乱を起こし、揚州刺史(ようしゅうしし)の楽綝(がくりん)を殺害する。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

⇒05月
魏の征東大将軍(せいとうだいしょうぐん)の諸葛誕が、淮南(わいなん)の軍勢をひきいて寿春城(じゅしゅんじょう)に立てこもる。

諸葛誕は将軍の朱成(しゅせい)を呉に遣わすと、呉の臣下と称して孫亮に上疏し、魏から寝返るので援軍を送ってほしい旨を伝えたうえ、息子の諸葛靚(しょかつせい)と長史(ちょうし)の呉綱(ごこう)、さらに側近の子弟たちを人質として送った。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

⇒?月
この年、魏の大将軍(だいしょうぐん)の諸葛誕が寿春で反乱を起こす。このため蜀(しょく)の姜維(きょうい)が、またも軍勢をひきいて駱谷(らくこく)から出撃し芒水(ぼうすい)に到達した。
『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・後主伝〈こうしゅでん〉)

⇒?月
蜀の姜維が秦川(しんせん)まで兵を進める。魏の司馬望(しばぼう)と鄧艾(とうがい)がこれを防ぎ止めた。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

【05月】
丙子(へいし)の日(6日)
魏の曹髦が、淮南の将兵や官民のうち諸葛誕にだまされて反乱に加わった者たちに対し恩赦を与える。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【05月】
丁丑(ていちゅう)の日(7日)
魏の曹髦が詔を下し、淮南で反乱を起こした諸葛誕の討伐のため、郭太后(かくたいこう)とともに親征することを表明する。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【05月】
己卯(きぼう)の日(9日)
魏の曹髦が詔を下し、淮南で反乱を起こした諸葛誕に脅迫されたものの、それぞれ側近を引き連れ城門から斬って出た、平寇将軍(へいこうしょうぐん)・臨渭亭侯(りんいていこう)の龐会(ほうかい)と騎督(きとく)・偏将軍(へんしょうぐん)の路蕃(ろはん)について、「その忠義ぶりと勇敢さを称賛し、龐会の爵位を郷侯(きょうこう。臨渭郷侯)に進め、路蕃を亭侯(ていこう)に取り立てよ」というもの。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【06月】「孫壱(そんいつ)の投降」
乙巳(いつし)の日(6日)
魏の曹髦が詔を下し、呉から降った呉の使持節(しじせつ)・都督夏口諸軍事(ととくかこうしょぐんじ)・鎮軍将軍(ちんぐんしょうぐん)・沙羡侯(さいこう)の孫壱を、魏の侍中(じちゅう)・車騎将軍(しゃきしょうぐん)・仮節(かせつ)・交州牧(こうしゅうのぼく)に任じたうえ、呉侯(ごこう)に封ずる。

また、官からの呼び出しの際の儀礼は三公と同じとし、古代の侯伯を任命する際の「八命の礼(はちめいのれい)」に基づき、天子の着物と冠に赤い靴を添えて下賜した。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

裴松之(はいしょうし)の考え…「孫壱は禍いを恐れ、せっぱ詰まって魏に帰順しただけであり、その行為に称賛されるべき点は見当たらない」として、曹髦の厚遇ぶりを批判している。

沙羡侯について、沙羡と沙羨(させん)は各所で混用が見られる。このサイトでは『後漢書(ごかんじょ)』(郡国志〈ぐんこくし〉)に従い沙羡としておく。

⇒06月
呉の孫亮が文欽(ぶんきん)・唐咨(とうし)・全端(ぜんたん)らに命じ、歩騎3万をひきいて諸葛誕の救援に向かわせる。また、呉の朱異(しゅい)が虎林(こりん)から軍勢をひきいて夏口を攻めたところ、夏口督の孫壱が魏に逃亡した。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

この「孫壱が魏に逃亡した」というくだりがややわかりにくかった。孫壱が魏に寝返るそぶりを見せたため、朱異が攻めたということか?

⇒06月
武昌(ぶしょう)を守っていた呉の孫壱が魏に逃亡する。
『正史 三国志8』の年表

【06月】
甲子(こうし)の日(25日)
魏の曹髦が詔を下し、むかし相国(しょうこく)や大将軍が討伐に出向く際にはいつも尚書(しょうしょ)が随行していたことに触れ、「昔の通りにするように」と命ずる。これを受け散騎常侍(さんきじょうじ)の裴秀(はいしゅう)と給事(きゅうじ)黄門侍郎(こうもんじろう)の鍾会(しょうかい)が、大将軍(司馬昭〈しばしょう〉)に随行することになった。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【?月】
魏の司馬昭が曹髦を伴い淮南に兵を進める。
『正史 三国志8』の年表

【07月】
呉の孫綝が軍勢をひきい、寿春の諸葛誕の救援に赴く。孫綝が鑊里(かくり)に軍を留めるうちに夏口から朱異が到着する。孫綝は朱異を前部督(ぜんぶとく)に任じ、「丁奉(ていほう)らとともに介士(かいし。重武装の兵)5万を指揮して寿春の包囲を突破するように」と命じた。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

【08月】
魏の曹髦が詔を下し、諸葛誕が反乱を起こした際、事前に強く反対して殺害された、主簿(しゅぼ)の宣隆(せんりゅう)と部曲督(ぶきょくとく)の秦絜(しんけつ)について触れ、「このふたりの息子を騎都尉(きとい)に取り立て品物を下賜したうえ、このことを遠近に明示し、忠義に対する格別の沙汰とするように」と命ずる。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【08月】
呉の会稽郡(かいけいぐん)の南部で反乱が起こり、都尉(とい。会稽郡の南部は都尉が治めていた)が殺害される。また、鄱陽(はよう)・新都(しんと)の両郡でも反乱が起こり、呉の廷尉(ていい)の丁密(ていみつ)、歩兵校尉(ほへいこうい)の鄭胄(ていちゅう)、将軍の鍾離牧(しょうりぼく)が、それぞれ軍をひきいて討伐にあたった。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

ここでは殺された都尉の名は記されていなかった。

【09月】
魏の曹髦が大赦を行う。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【08月】
呉の朱異が兵糧の欠乏により、軍をまとめて帰還する。しかしこれに孫綝が激怒し、9月己巳(きし)の日(1日)、朔(さく)に、鑊里で朱異を殺害した。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

【09月】
辛未(しんび)の日(3日)
呉の孫綝が鑊里から建業(けんぎょう)に帰還する。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

⇒09月
呉の孫綝が魏軍に包囲された諸葛誕を救えないまま軍を退く。
『正史 三国志8』の年表

【09月】
甲申(こうしん)の日(16日)
呉の孫亮が大赦を行う。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

【11月】「全禕(ぜんい)・全儀(ぜんぎ)の投降」
呉の全緒(ぜんしょ)の息子である全禕と全儀が母を連れて魏に逃げ込む。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

【12月】「全端・全懌(ぜんえき)の投降」
呉の全端と全懌らが軍勢を引き連れて魏に降る。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

⇒12月
呉の全端や全懌らが寿春城から魏の司馬昭のもとに赴く。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

【?月】
この年、蜀の劉禅がまたも大赦を行った。
『三国志』(蜀書・後主伝)

【?月】
この年、陶侃(とうかん)が生まれた(~332年)。
『正史 三国志8』の年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 250年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました