168年(漢の建寧元年)の主な出来事

-168年- 戊申(ぼしん)
【漢】 建寧(けんねい)元年 ※霊帝(れいてい。劉宏〈りゅうこう〉)

月別および季節別の主な出来事

【01月】
壬午(じんご)の日(3日)
竇太后(とうたいこう)が城門校尉(じょうもんこうい)の竇武(とうぶ)を「大将軍(だいしょうぐん)」に任ずる。
『後漢書(ごかんじょ)』(霊帝紀〈れいていぎ〉)

【01月】
己亥(きがい)の日(20日)
河間郡(かかんぐん)から解瀆亭侯(かいとくていこう)の劉宏(りゅうこう)が迎えられ、洛陽(らくよう)の夏門亭(かもんてい)に到着する。竇太后は竇武に節(せつ)を持たせ、王の青蓋車(せいがいしゃ)をもって劉宏を殿中に迎え入れるよう命じた。
『後漢書』(霊帝紀)

【01月】 「霊帝の即位」
庚子(こうし)の日(21日)
劉宏が帝位に即く。このとき12歳だった。
『後漢書』(霊帝紀)

【01月】 「漢(かん)の改元」
霊帝が「永康」を「建寧」と改元する。
『後漢書』(霊帝紀)

【01月】
霊帝が前の太尉(たいい)である陳蕃(ちんはん)を「太傅(たいふ)」に任じたうえ、大将軍の竇武および司徒(しと)の胡広(ここう)とともに「参録尚書事(さんろくしょうしょじ)」とする。
『後漢書』(霊帝紀)

【01月】
霊帝が詔(みことのり)を下し、護羌校尉(ごきょうこうい)の段熲(だんけい)に先零羌(せんれいきょう)の討伐を命ずる。
『後漢書』(霊帝紀)

【?月】
竇太后が、桓帝(かんてい)の貴人(きじん)であった田聖(でんせい)を殺害する。さらに竇太后はほかの8名の貴人も皆殺しにしようとしたが、中常侍(ちゅうじょうじ)の管霸(かんは)と蘇康(そこう)に苦言を呈されたため取りやめた。
『後漢書』(竇皇后紀〈とうこうごうき〉)

【02月】
辛酉(しんゆう)の日(13日)
霊帝が孝桓皇帝(こうかんこうてい)を「宣陵(せんりょう)」に葬り、廟号(びょうごう)を「威宗(いそう)」とする。
『後漢書』(霊帝紀)

【02月】
庚午(こうご)の日(22日)
霊帝が高廟(こうびょう。高祖〈こうそ〉劉邦〈りゅうほう〉の廟)に拝謁する。
『後漢書』(霊帝紀)

【02月】
辛未(しんび)の日(23日)
霊帝が世祖廟(せいそびょう。光武帝〈こうぶてい〉の廟)に拝謁する。
『後漢書』(霊帝紀)

【02月】
霊帝が大赦を行い、身分に応じて民爵(みんしゃく)や帛(きぬ)を下賜する。
『後漢書』(霊帝紀)

【02月】
護羌校尉の段熲が逢義山(ほうぎさん)で先零羌を討ち破る。
『後漢書』(霊帝紀)

【閏03月】
甲午(こうご)の日(?日)
霊帝が祖父の劉淑(りゅうしゅく)を追尊して「孝元皇帝(こうげんこうてい)」とし、その夫人の夏氏(かし)を「孝元皇后」とする。

さらに父の劉萇(りゅうちょう)を「孝仁皇帝(こうじんこうてい)」とし、母の董氏(とうし)を「慎園貴人(しんえんきじん)」とした。
『後漢書』(霊帝紀)

【04月】
戊辰(ぼしん)の日(?日)
太尉の周景(しゅうけい)が死去する。
『後漢書』(霊帝紀)

【04月】
霊帝が司空(しくう)の宣酆(せんほう)を罷免し、長楽衛尉(ちょうらくえいい)の王暢(おうちょう)を「司空」に任ずる。
『後漢書』(霊帝紀)

【05月】
丁未(ていび)の日(1日)、朔(さく)
日食が起こる。

これを受け霊帝が公卿(こうけい)以下に詔を下し、それぞれ封事(ほうじ)を奉るよう命じたうえ、郡国の太守(たいしゅ)や国相(こくしょう)には有道の士をそれぞれひとりずつ推挙させた。

さらに、もとの刺史(しし)や二千石(にせんせき。太守)のうち清廉で志が高く、その任地に恩恵をもたらし人心を集めた者を、みな公車を差し向けて召し寄せた。
『後漢書』(霊帝紀)

【05月】
霊帝が太中大夫(たいちゅうたいふ)の劉矩(りゅうく)を「太尉」に任ずる。
『後漢書』(霊帝紀)

【06月】
洛陽で大雨が降る。
『後漢書』(霊帝紀)

【07月】
破羌将軍(はきょうしょうぐん)の段熲が、ケイ陽県(けいようけん。氵+巠)で再び先零羌を討ち破る。
『後漢書』(霊帝紀)

【08月】
霊帝が司空の王暢を罷免し、宗正(そうせい)の劉寵(りゅうちょう)を「司空」に任ずる。
『後漢書』(霊帝紀)

【09月】 「陳蕃・竇武の死」
辛亥(しんがい)の日(7日)
中常侍の曹節(そうせつ)が詔を偽り、太傅の陳蕃と大将軍の竇武および尚書令(しょうしょれい)の尹勲(いんくん)、侍中(じちゅう)の劉瑜(りゅうゆ)、屯騎校尉(とんきこうい)の馮述(ふうじゅつ)らを殺害したうえ、その一族も皆殺しにする。
『後漢書』(霊帝紀)

⇒?月
このとき竇太后の父である大将軍の竇武は宦官(かんがん)を誅殺しようとしていた。中常侍の曹節たちは偽の詔によって竇武らを殺害し、竇太后を南宮の雲台(うんだい)に遷し、竇一族を比景県(ひけいけん)に流刑とした。
『後漢書』(竇皇后紀〈とうこうごうき〉)

⇒09月
霊帝が竇太后を南宮に遷す。
『後漢書』(霊帝紀)

【09月】
霊帝が、司徒の胡広を「太傅・録尚書事」に、司空の劉寵を「司徒」に、大鴻臚(だいこうろ)の許栩(きょく)を「司空」に、それぞれ任ずる。
『後漢書』(霊帝紀)

【10月】
甲辰(こうしん)の日(30日)、晦(かい)
日食が起こる。これを受け霊帝が、囚人のうちまだ刑罰を受けていない者について、帛を納めることでその罪を購わせる。納めさせる帛の量は囚人の容疑の軽重によって差をつけた。
『後漢書』(霊帝紀)

【11月】
霊帝が太尉の劉矩を罷免し、太僕(たいぼく)の聞人襲(ぶんじんしゅう)を「太尉」に任ずる。
『後漢書』(霊帝紀)

【12月】
鮮卑(せんぴ)と濊貊(わいばく)が幽州(ゆうしゅう)・幷州(へいしゅう)の両州に侵攻する。
『後漢書』(霊帝紀)

「この年(168年)に亡くなったとされる人物」
竇武(とうぶ)・陳蕃(ちんはん)。
『正史三國志群雄銘銘傳(増補版)』(『三国志』年表)

「この年(168年)に生まれたとされる人物」
李通(りとう)・顧雍(こよう)・曹仁(そうじん)。
『正史三國志群雄銘銘傳(増補版)』(『三国志』年表)

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】