169年(漢の建寧2年)の主な出来事

-169年- 己酉(きゆう)
【漢】 建寧(けんねい)2年 ※霊帝(れいてい。劉宏〈りゅうこう〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【01月】
丁丑(ていちゅう)の日(2月5日?)
霊帝が大赦を行う。
『後漢書(ごかんじょ)』(霊帝紀〈れいていぎ〉)

【03月】
乙巳(いつし)の日(3日)
霊帝が、母である慎園貴人(しんえんきじん)の董氏(とうし)を尊び孝仁皇后(こうじんこうごう)とする。
『後漢書』(霊帝紀)

⇒?月
霊帝は中常侍(ちゅうじょうじ)に董氏を迎えに行かせ、併せて董氏の兄の董寵(とうちょう)も召し寄せた。そして董氏を孝仁皇后と尊称し南宮の嘉徳殿(かとくでん)に住まわせ、その宮を永楽(えいらく)と称した。また、董寵を執金吾(しつきんご)に任じた。しかし董寵は、後に永楽后(董氏)の依頼と偽って請託した罪により投獄され獄死した。
『後漢書』(董皇后紀〈とうこうごうき〉)

【04月】
大風が吹き、雹(ひょう)も降る。
『後漢書』(霊帝紀)

ここでは具体的な場所についての記述はなかった。

【04月】
霊帝が公卿(こうけい)以下に詔(みことのり)を下し、それぞれ封事(ほうじ)を奉らせる。
『後漢書』(霊帝紀)

【?月】
このころしばしば災異が起こる。それにかこつけて張奐(ちょうかん)が霊帝に上疏し、「党錮(とうこ)の禁を緩められますように」と主張する。また、謝弼(しゃひつ)が封事を行い陳蕃(ちんはん)を称賛し、「宦官(かんがん)の勢力を抑えられますように」と主張する。しかし、霊帝はいずれの意見も用いなかった。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

【04月】
謝弼が獄死する。
『正史 三国志8』の年表

【05月】
霊帝が太尉(たいい)の聞人襲(ぶんじんしゅう)と司空(しくう)の許栩(きょく)を罷免する。
『後漢書』(霊帝紀)

【06月】
霊帝が、司徒(しと)の劉寵(りゅうちょう)を太尉に、太常(たいじょう)の許訓(きょくん)を司徒に、太僕(たいぼく)の劉囂(りゅうごう)を司空に、それぞれ任ずる。
『後漢書』(霊帝紀)

【07月】
破羌将軍(はきょうしょうぐん)の段熲(だんけい)が、射虎塞(しゃこさい)の外谷で先零羌(せんれいきょう)を大破する。これにより東羌(とうきょう)はすべて平定された。
『後漢書』(霊帝紀)

【09月】
江夏蛮(こうかばん)が反乱を起こしたものの、州郡がこれを討伐し平定する。
『後漢書』(霊帝紀)

【09月】
丹陽郡(たんようぐん)の山越(さんえつ)が反乱を起こす。丹陽太守(たんようたいしゅ)の陳夤(ちんいん)は包囲されたものの、これを撃破した。
『後漢書』(霊帝紀)

陳夤について『全譯後漢書 第2冊』(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉、岡本秀夫〈おかもと・ひでお〉、池田雅典〈いけだ・まさのり〉編 汲古書院)の補注は「後文や『後漢書』(天文志〈てんもんし〉)では陳寅とあること」を指摘している。

【10月】「第二次党錮(とうこ)の禁」
丁亥(ていがい)の日(19日)
中常侍の侯覧(こうらん)が官吏に示唆して、前の司空の虞放(ぐほう)、太僕の杜密(とみつ)、長楽少府(ちょうらくしょうふ)の李膺(りよう)、司隷校尉(しれいこうい)の朱㝢(しゅう)、潁川太守(えいせんたいしゅ)の巴粛(はしゅく)、沛国相(はいこくしょう)の荀昱(じゅんいく)、河内太守(かだいたいしゅ)の魏朗(ぎろう)、山陽太守(さんようたいしゅ)の翟超(たくちょう)らをみな党人(とうじん)として弾劾させる。

彼らは投獄され100余人もの死者が出た。また、その妻子も辺境への流刑となり、連座して禁錮(きんこ)を受ける者が5親等にまで及んだ。

霊帝が詔を下し、州郡に党人の検挙を命じたため、天下の豪傑や徳行(とっこう)ある儒者はみな党人とされてしまった。
『後漢書』(霊帝紀)

【10月】
戊戌(ぼじゅつ)の日(30日)、晦(かい)
日食が起こる。
『後漢書』(霊帝紀)

【11月】
霊帝が太尉の劉寵を罷免し、太僕の郭禧(かくき)を太尉に任ずる。
『後漢書』(霊帝紀)

郭禧について『全譯後漢書 第2冊』の補注は「袁宏(えんこう)の『後漢紀(ごかんき)』(霊帝紀)では郭僖に作ること」を指摘している。

【11月】
鮮卑(せんぴ)が幷州(へいしゅう)に侵攻する。
『後漢書』(霊帝紀)

【?月】
この年、長楽太僕(ちょうらくたいぼく)の曹節(そうせつ)が車騎将軍(しゃきしょうぐん)に任ぜられたものの、100余日で罷免された。
『後漢書』(霊帝紀)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
160年代 正史年表
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました