170~179年の主な出来事(ダイジェスト版)

こちらの10年間では『三国志』における著名人が数多く誕生していることが目を引きます。

郭嘉(かくか)・魯粛(ろしゅく)・諸葛瑾(しょかつきん)・孫策(そんさく)・周瑜(しゅうゆ)・馬超(ばちょう)・呂蒙(りょもう)・司馬懿(しばい)・龐統(ほうとう)などなど、ホント拾いきれないほど多いですね。

また、曹操(そうそう)が孝廉(こうれん)に推挙され、郎(ろう)になったのもこの年代のことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

年別の主な出来事

-170年-
郭嘉の誕生。

-171年-
司馬朗(しばろう)の誕生。

-172年-
漢(かん)の改元。
竇太后(とうたいこう)の崩御(ほうぎょ)。
会稽(かいけい)の許昌(きょしょう。許生〈きょせい〉)親子の反乱。
魯粛・王淩(おうりょう)の誕生。

-173年-
劉辯(りゅうべん。少帝〈しょうてい〉)・禰衡(でいこう)の誕生。

-174年-
許昌(許生)親子の反乱鎮圧。孫堅(そんけん)も活躍。
曹操の出仕。
曹純(そうじゅん)・諸葛瑾・高柔(こうじゅう)・賈逵(かき)の誕生。

-177年-
大規模な日照りと蝗(イナゴ)の被害。
漢軍の鮮卑(せんぴ)討伐失敗。
王粲(おうさん)の誕生。

-178年-
鴻都門学(こうともんがく)の設置。
漢の改元。
宋皇后(そうこうごう)の廃位と死。
霊帝(れいてい)の売官。
呂蒙の誕生。

-179年-
疫病の大流行。
党人(とうじん)に連座した禁錮(きんこ)の解除。
巴郡(はぐん)の板楯蛮(はんじゅんばん)の反乱。
段熲(だんけい)・陳球(ちんきゅう)・劉郃(りゅうこう)の死。
司馬懿・龐統の誕生。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
170年代 正史年表
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました