270~279年の主な出来事(ダイジェスト版)

こちらの10年間では劉禅(りゅうぜん)や曹芳(そうほう)を始め、譙周(しょうしゅう)・朱績(しゅせき。施績〈しせき〉)・丁奉(ていほう)・孟宗(もうそう)・司馬孚(しばふ)・万彧(ばんいく)・歩闡(ほせん)・韋昭(いしょう)・陸抗(りくこう)・羊祜(ようこ)らが世を去りました。

そして、ついに晋(しん)による呉(ご)への総攻撃が開始されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

年別の主な出来事

-270年-
孫秀(そんしゅう)が晋に投降。
譙周・孫奮(そんふん。さらなる考察を要する)・朱績(施績)の死。

-271年-
劉禅の死去。
丁奉・孟宗の死。

-272年-
呉の改元。
歩闡の反乱。
司馬孚・万彧・歩闡の死。

-273年-
丁固(ていこ)・韋昭の死。

-274年-
曹芳の薨去(こうきょ)。
楊氏(ようし。楊元后〈ようげんこう〉)・陸抗の死。

-275年-
晋の改元。
呉の改元。

-276年-
呉の改元。
孫楷(そんかい)が晋に投降。

-277年-
呉の改元。
司馬炎(しばえん)の宗室改封。

-278年-
羊祜の死。

-279年-
郭馬(かくば)の反乱。
晋の呉総攻撃。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 270年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました