269年(晋の泰始5年・〈呉の宝鼎4年〉→建衡元年)の主な出来事

-269年- 己丑(きちゅう)
【晋】 泰始(たいし)5年 ※武帝(ぶてい。司馬炎〈しばえん〉)
【呉】 (宝鼎〈ほうてい〉4年) → 建衡(けんこう)元年 ※帰命侯(きめいこう。孫晧〈そんこう〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【01月】
呉(ご)の孫晧が息子の孫瑾(そんきん)を皇太子(こうたいし)に立てる。さらに、ほかの息子たちも淮陽王(わいようおう)と東平王(とうへいおう)に、それぞれ封じた。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫晧伝)

【02月】「秦州(しんしゅう)の設置」
晋(しん)の司馬炎が雍州(ようしゅう)・涼州(りょうしゅう)・梁州(りょうしゅう)の3州を分割し秦州を設置したうえ、胡烈(これつ)を秦州太守(しんしゅうのたいしゅ)に任じて異民族の対策にあたらせる。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

⇒02月
晋の司馬炎が雍州・涼州・梁州の3州を分割し秦州を設置したうえ、胡烈を刺史(しし)に任ずる。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』(坂口和澄〈さかぐち・わずみ〉著 光人社)の『三国志』年表

『正史 三国志8』の年表のほうの秦州太守というのにいくらか引っかかっていた。『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』の『三国志』年表では刺史とあるので、やはりここは秦州刺史とすべきか。

【10月】「呉の改元」
呉の孫晧が「宝鼎」を「建衡」と改元したうえ大赦を行う。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

【11月】「陸凱(りくかい)の死」
呉の左丞相(さじょうしょう)の陸凱が死去する。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

【11月】
呉の孫晧が監軍(かんぐん)の虞汜(ぐし)、威南将軍(いなんしょうぐん)の薛珝(せつく)、蒼梧太守(そうごたいしゅ)の陶璜(とうこう)らを遣わし、荊州(けいしゅう)から陸路を取らせる。

その一方、監軍の李勖(りきょく)と督軍(とくぐん)の徐存(じょそん)らには建安(けんあん)から海路を取らせ、両者に合浦(ごうほ)で合流して晋の交趾(こうし)を攻めるよう命じた。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

【?月】
この年、郗鑒(ちかん)が生まれた(~339年)。
『正史 三国志8』の年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 260年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました