210~219年の主な出来事(ダイジェスト版)

こちらの10年間では、周瑜(しゅうゆ)・張紘(ちょうこう)・馬騰(ばとう)・荀彧(じゅんいく)・張松(ちょうしょう)・龐統(ほうとう)・荀攸(じゅんゆう)・魯粛(ろしゅく)・関羽(かんう)・関平(かんぺい)・呂蒙(りょもう)・夏侯淵(かこうえん)らが世を去り――。

阮籍(げんせき)・司馬昭(しばしょう)・賈充(かじゅう)・孫峻(そんしゅん)らが誕生しました。

曹操(そうそう)が魏公(ぎこう)を経て魏王(ぎおう)に昇れば、その曹操から漢中(かんちゅう)を奪取した劉備(りゅうび)も漢中王に昇るなど、様々な面で両者の対立が激しさを見せた年代でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

年別の主な出来事

-210年-
曹操の求賢令(きゅうけんれい)布告。
曹操の銅雀台(どうじゃくだい)造営。
周瑜・曹純(そうじゅん)の死。
阮籍の誕生。

-211年-
曹操の関中(かんちゅう)遠征。
劉璋(りゅうしょう)が益州(えきしゅう)に劉備を迎え入れる。
張紘の死。
司馬昭の誕生。

-212年-
馬騰の死去。
劉備が劉璋との戦端を開く。
荀彧・張松の死。

-213年-
濡須口(じゅしゅこう)の戦い。
曹操が魏公に昇る。

-214年-
馬超(ばちょう)が張魯(ちょうろ)を頼る。
劉璋が劉備に降伏。
曹操の宋建(そうけん)討伐。
伏皇后(ふくこうごう)の廃位と死。
曹操の求賢令(きゅうけんれい)再布告。
龐統・荀攸・田疇(でんちゅう)・宋建・蒯越(かいえつ)の死。

-215年-
曹操の娘が献帝(けんてい)の皇后に立てられる。
曹操の張魯(ちょうろ)討伐。張魯は降伏。
韓遂(かんすい)?・孫瑜(そんゆ)・黄蓋(こうがい)の死。

-216年-
曹操が魏王に昇る。
匈奴(きょうど)の呼廚泉(こちゅうせん)が魏に来朝。
崔琰(さいえん)・霍峻(かくしゅん)?の死。
曹幹(そうかん)の誕生。

-217年-
疫病の流行。
徐幹(じょかん)・陳琳(ちんりん)・応瑒(おうちょう)・劉楨(りゅうてい)・王粲(おうさん)・司馬朗(しばろう)・董襲(とうしゅう)・魯粛・淩統(りょうとう)?の死。
賈充の誕生。

-218年-
吉本(きつほん)らの反乱。王必(おうひつ)・厳匡(げんきょう)が鎮圧。
侯音(こうおん)の反乱。翌年、曹仁(そうじん)が鎮圧。
耿紀(こうき)・韋晃(いこう)・金禕(きんい)・吉邈(きつばく)・楽進(がくしん)・孫賁(そんほん)?・呉蘭(ごらん)の死。

-219年-
劉備が曹操から漢中を奪う。
劉備が漢中王に昇る。
魏諷(ぎふう)の反乱。曹丕(そうひ)が未然に抑える。
孫権(そんけん)の荊州(けいしゅう)攻略。
関羽・関平・呂蒙・孫皎(そんこう)・蔣欽(しょうきん)・陸績(りくせき)・夏侯淵・楊脩(ようしゅう)・龐悳(ほうとく)の死。
孫峻の誕生。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 210年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました