280年(〈晋の咸寧6年〉→太康元年・呉の天紀4年)の主な出来事

-280年- 庚子(こうし)
【晋】 (咸寧〈かんねい〉6年) → 太康(たいこう)元年 ※武帝(ぶてい。司馬炎〈しばえん〉)
【呉】 天紀(てんき)4年 ※帰命侯(きめいこう。孫晧〈そんこう〉) → 晋に降伏し滅亡

月別および季節別の主な出来事

【春】
呉(ご)の孫晧が、11人の息子を「中山王(ちゅうざんおう)」や「代王(だいおう)」などの王に封じたうえ大赦を行う。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫晧伝)

273年9月の記事および278年7月の記事と同様に、ここでも孫晧の息子たちの名は出てこなかった。そのころから「息子たち11人」とあり数が変わっていないので、新たに王に封じたというよりも、移封したという意味合いが強いのだろう。

【春】 「呉の崩壊」
晋(しん)の王濬(おうしゅん)や唐彬(とうひん)が呉に攻め寄せると、呉軍は雪崩を打って崩壊する。また、晋の杜預(とよ)も呉の江陵督(こうりょうとく)の伍延(ごえん)を斬り、晋の王渾(おうこん)も呉の丞相(じょうしょう)の張悌(ちょうてい)と丹楊太守(たんようたいしゅ)の沈瑩(しんえい)らを斬るなど、晋軍は至るところで勝利を収めた。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

『晋紀(しんき)』…このときの戦いの様子。

『襄陽記(じょうようき)』と『呉録(ごろく)』…張悌について。

『捜神記(そうじんき)』…従軍中に病死した柳栄(りゅうえい)が生き返ったという話。

「杜預」については慣例として「どよ」と読まれるとのこと。

【03月】
丙寅(へいいん)の日(2月9日?)
呉の孫晧が岑昬(しんこん)を処刑する。殿中の親近者たち数百人が叩頭(こうとう)し、孫晧に「岑昬を誅殺されますように」と乞うたことによるもの。孫晧は震え上がり、彼らの言う通りにした。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

『晋紀』…このときの様子。

訳者注(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉氏)によると「この記事以下、呉の滅亡時の一連の干支(かんし)は本年(280年)3月としてはあり得ないものである」としたうえで、「『晋書(しんじょ)』ではそれを3月に適合するように干支を書き改めているが、ここでは疑問のまま残した」という。

【03月】
戊辰(ぼしん)の日(2月11日?)
呉の陶濬(とうしゅん)が武昌(ぶしょう)から帰還する。孫晧は陶濬を引見したあと残った部隊をひとつにまとめ、陶濬に節(せつ。はたじるし)と鉞(えつ。まさかり。ともに軍権を示す)を授けた。

陶濬の軍勢は翌日に出発する予定だったが、その夜のうちに兵士たちはみな逃亡してしまった。しかも晋の王濬のひきいる水軍は、長江の流れに乗って到着間近であり、司馬伷(しばちゅう)や王渾らの軍勢も都(建業〈けんぎょう〉)の近くまで迫っていた。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

【03月】
(2月?日)
呉の孫晧が光禄勲(こうろくくん)の薛瑩(せつえい)や中書令(ちゅうしょれい)の胡沖(こちゅう)らの意見を容れ、晋の王濬・司馬伷・王渾それぞれに使者を遣わし、降伏の意思を書簡で伝える。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

ここでは干支についての記述はなかった。

『江表伝(こうひょうでん)』…滅亡を前にした孫晧が、舅(おじ。母の弟)の何植(かしょく)や群臣に送ったという手紙について。

【03月】 「孫晧の降伏と呉の滅亡」
壬申(じんしん)の日(2月15日?)
晋の王濬が先頭を切り、呉の都(建業)まで軍勢を進める。都(建業)に入った王濬は孫晧の降伏を認め、孫晧が降伏のしるしとして自らを縛っていた縄をほどいてやったうえ、孫晧が用意していた柩(ひつぎ)を焼き、本陣に招いて会見した。

晋の司馬伷は、孫晧が自分のもとに印綬(いんじゅ)を差し出したことを理由に、自分の部下たちに孫晧を晋の都(洛陽〈らくよう〉)まで護送するよう命じた。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

『晋陽秋(しんようしゅう)』…このとき晋の王濬が呉の孫晧から受け取った呉国の地図や戸籍について。

訳者注(小南一郎氏)によると「敗れた主君は後ろ手に縛られ、口には璧(へき)を含み、喪服を着け、棺桶(かんおけ)を用意して戦勝者の前に出るのが降伏の際の儀礼だった」といい、「『春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)』(僖公〈きこう〉6年)を参照」ともあった。

【04月】 「帰命侯孫晧」
甲申(こうしん)の日(28日)
晋の司馬炎が詔(みことのり)を下し、降伏した孫晧を「帰命侯」に封ずる。さらに、孫晧に生活の糧(かて)として衣服と車馬、田地30頃(けい)を与えたうえ、毎年、穀物5千石(せき)、銭50万、絹500匹(ぴき)、綿500斤(きん)を給付するよう命じた。

また、孫晧の皇太子(こうたいし)であった孫瑾(そんきん)を「中郎(ちゅうろう)」に任じ、そのほかの息子たちのうち王に封ぜられていた者を「郎中(ろうちゅう)」に任じた。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

『捜神記』…呉の永安(えいあん)2(259)年3月に現れた不思議な子ども(その正体は「熒惑星〈けいわくせい。火星〉」だったという)の話。

『晋紀』…吾彦(ごげん)の進言と尚広(しょうこう)の占いについての話。

【04月】 「晋の改元」
晋の司馬炎が「咸寧」を「太康」と改元する。
『参考年表』

⇒04月
晋の司馬炎が「咸寧」を「太康」と改元する。また、州郡の軍備を撤廃して兵士を帰農させる(ただし、大郡には100人、小郡には50人の武吏を残した。反乱が起きたときは中央の禁軍が出動する)。
『正史三國志群雄銘銘傳(増補版)』(『三国志』年表)

カッコ内の部分について、各郡に残したという武吏の数が引っかかる。郡単位にしてはあまりにも少なすぎないか?

【05月】
丁亥(ていがい)の日(1日)
孫晧とその一族が晋の都(洛陽)に到着する。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

⇒05月
晋の司馬炎から「帰命侯」に封ぜられた孫晧が洛陽に護送されてくる。
『参考年表』

【?月】
この年、東夷(とうい)の20か国が晋に朝貢した。
『参考年表』

「この年(280年)に亡くなったとされる人物」
張悌(ちょうてい)・沈瑩(しんえい)・陸晏(りくあん)・陸景(りくけい)。
『正史三國志群雄銘銘傳(増補版)』(『三国志』年表)

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】