278年(晋の咸寧4年・呉の天紀2年)の主な出来事

-278年- 戊戌(ぼじゅつ)
【晋】 咸寧(かんねい)4年 ※武帝(ぶてい。司馬炎〈しばえん〉)
【呉】 天紀(てんき)2年 ※帰命侯(きめいこう。孫晧〈そんこう〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【03月】
晋(しん)の司馬炎が山濤(さんとう)を尚書左僕射(しょうしょさぼくや)に任ずる。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

【06月】
晋の涼州刺史(りょうしゅうしし)の楊欣(ようきん)が、武威(ぶい)で若羅抜能(じゃくらばつのう)と戦い敗死する。
『正史 三国志8』の年表

【06月】
晋の羊祜(ようこ)が病を押して入朝し、司馬炎に平呉の決断を求める。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』(坂口和澄〈さかぐち・わずみ〉著 光人社)の『三国志』年表

【07月】
呉(ご)の孫晧が11人の息子を成紀王(せいきおう)や宣威王(せんいおう)などに封じ、それぞれ3千の兵を配置したうえ大赦を行う。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫晧伝)

273年9月の記事と同様、ここでも孫晧の息子たちの名は出てこなかった。そのころから息子たち11人とあり数が変わっていないので、新たに王に封じたというよりも、移封したという意味合いが強いのだろう。また成紀王と宣威王については、成王・紀王・宣王・威王と4人に解釈する考え方もあるようで、そのあたりもよくわからなかった。

とはいえ、宣威という地名については、張繡(ちょうしゅう)が宣威侯に封ぜられた例がある。

【10月】
晋の揚州刺史(ようしゅうしし)の応綽(おうしゃく)が、呉の皖城(かんじょう)を攻めて損害を与える。
『正史 三国志8』の年表

【12月】「羊祜の死」
晋の羊祜が死去する。
『正史 三国志8』の年表

⇒11月
晋の羊祜が病死する。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』の『三国志』年表

【12月】
晋の司馬炎が杜預(とよ)を都督荊州諸軍事(ととくけいしゅうしょぐんじ)に任ずる。
『正史 三国志8』の年表

⇒11月
晋の司馬炎が杜預を都督荊州諸軍事に任ずる。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』の『三国志』年表

杜預については慣例として「どよ」と読まれるとのこと。

【?月】
この年、東夷(とうい)の9か国が晋に内附(ないふ。内付。服属)した。
『正史 三国志8』の年表

【?月】
この年、傅玄(ふげん)が死去した(217年~)。
『正史 三国志8』の年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 270年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました