255年(魏の正元2年・蜀の延熙18年・呉の五鳳2年)の主な出来事

-255年- 乙亥(いつがい)
【魏】 正元(せいげん)2年 ※高貴郷公(こうききょうこう。曹髦〈そうぼう〉)
【蜀】 延熙(えんき)18年 ※後主(こうしゅ。劉禅〈りゅうぜん〉)
【呉】 五鳳(ごほう)2年 ※会稽王(かいけいおう。孫亮〈そんりょう〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【01月】「毌丘倹(かんきゅうけん)・文欽(ぶんきん)の反乱」
乙丑(いっちゅう)の日(12日)
魏(ぎ)の鎮東将軍(ちんとうしょうぐん)の毌丘倹と揚州刺史(ようしゅうしし)の文欽が反乱を起こす。

戊寅(ぼいん)の日(25日)
魏の大将軍(だいしょうぐん)の司馬師(しばし)が毌丘倹と文欽の討伐に向かう。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・高貴郷公紀〈こうききょうこうぎ〉)

⇒01月
魏の鎮東大将軍(ちんとうだいしょうぐん)の毌丘倹と前将軍(ぜんしょうぐん)の文欽が、淮南(わいなん)の軍勢を挙げて魏に背く。ふたりは西方へ進攻し、楽嘉(らくか)で魏軍と交戦した。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫亮伝〈そんりょうでん〉)

⇒01月
魏の毌丘倹と文欽が寿春(じゅしゅん)で司馬師討伐の兵を起こす。司馬師は内外の兵をひきいて討伐にあたる。その後、毌丘倹と文欽の軍は敗れ、文欽は呉(ご)に投降し毌丘倹は土民に殺害された。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

【01月】「郭淮(かくわい)の死」
癸未(きび)の日(30日)
魏の車騎将軍(しゃきしょうぐん)の郭淮が死去する。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【閏01月】
壬辰(じんしん)の日(9日)
呉の孫峻(そんしゅん)が、驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)の呂拠(りょきょ)と左将軍(さしょうぐん)の留賛(りゅうさん)とともに軍をひきいて魏の寿春に向かう。しかし、東興(とうこう)まで進んだところで文欽らが敗れたとの知らせが届いた。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

【閏01月】
己亥(きがい)の日(16日)
魏の大将軍の司馬師が楽嘉で文欽の軍を撃破する。文欽は逃走し、そのまま呉に出奔した。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

⇒閏01月
壬寅(じんいん)の日(19日)
呉軍が橐皋(たくこう)まで進むと、文欽が孫峻のもとに投降し、残っていた淮南の軍勢数万も呉に逃亡する。その後、魏の諸葛誕(しょかつたん)が寿春城に入ると、孫峻は軍勢をまとめて引き揚げた。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

【閏01月】
甲辰(こうしん)の日(21日)
魏の安風津都尉(あんふうしんとい)が毌丘倹を斬殺し、その首を洛陽(らくよう)に送る。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

安風津都尉については名が記されていなかった。

『世語(せいご)』…大将軍(司馬師)は天子(てんし。曹髦)を奉戴し毌丘倹の征伐に赴いた。項県(こうけん)に着いたとき毌丘倹がすでに敗れ去っていたので、天子は先に還幸した。

裴松之(はいしょうし)の考え…この『世語』の記述について「諸書を調べたが、どの本にもこうした事実は記されていない」とし、「のち(257年)に諸葛誕が反乱を起こしたとき、司馬昭(しばしょう)が初めて皇帝(曹髦)と皇太后(こうたいごう。郭氏〈かくし〉)を伴い行軍したことがあるのみだ」と指摘。

さらに、張璠(ちょうはん)の『後漢紀(ごかんき)』や虞溥(ぐふ)の『江表伝(こうひょうでん)』を評価する一方、郭頒(かくはん)の『魏晋世語(ぎしんせいご。世語)』については「才能に乏しいうえに口調が悪く、最も愚劣ながら、ときどき変わったことが書いてあるためかなり世間で読まれている」と酷評している。

そして「干宝(かんぽう。『晋紀〈しんき〉』の撰者)や孫盛(そんせい。『晋陽秋〈しんようしゅう〉』の撰者)らは『魏晋世語』の叙述から多くのものを採録して『晋書(しんじょ)』を作ったため、その中に嘘や誤りが往々にして存在するのである」とも述べている。

【閏01月】
魏の曹髦が鎮南将軍(ちんなんしょうぐん)の諸葛誕を鎮東大将軍に任ずる。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【閏01月】「司馬師の死」
魏の大将軍の司馬師が許昌(きょしょう)で死去する。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【02月】
丁巳(ていし)の日(5日)
魏の曹髦が衛将軍(えいしょうぐん)の司馬昭を大将軍・録尚書事(ろくしょうしょじ)に任ずる。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【02月】
甲子(こうし)の日(12日)
呉の孫峻らが10万と称する軍勢で魏の寿春を攻めたものの、諸葛誕に撃破される。この際、呉の左将軍の留賛が戦死し、呉の捕虜が洛陽に送られた。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

⇒02月
呉軍が魏の将軍の曹珍(そうちん)と高亭(こうてい)で遭遇し、その軍勢を討ち破る。その一方、呉の留賛は、魏の諸葛誕の別動隊をひきいた部将の蔣班(しょうはん)に菰陂(こひ)で敗れる。留賛は将軍の孫楞(そんりょう)や蔣脩(しょうしゅう)らとともに殺害された。
『三国志』(孫亮伝)

【03月】
魏の曹髦が、卞氏(べんし)を皇后(こうごう)に立てたうえ大赦を行う。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【03月】
呉の孫亮が鎮南将軍の朱異(しゅい)に命じて魏の安豊(あんぽう)を攻めさせたものの、陥すことはできなかった。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

【春】
蜀(しょく)の姜維(きょうい)が成都(せいと)に帰還する。
『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・後主伝〈こうしゅでん〉)

【04月】
甲寅(こういん)の日(3日)
魏の曹髦が卞皇后の父の卞隆(べんりゅう)を列侯(れっこう)に封ずる。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【04月】
甲戌(こうじゅつ)の日(23日)
魏の曹髦が征南大将軍(せいなんだいしょうぐん)の王昶(おうちょう)を驃騎将軍に任ずる。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【07月】
魏の曹髦が、征東大将軍(せいとうだいしょうぐん)の胡遵(こじゅん)を衛将軍に、鎮東大将軍の諸葛誕を征東大将軍に、それぞれ任ずる。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【07月】
呉の将軍の孫儀(そんぎ)・張怡(ちょうい)・林恂(りんじゅん)らが孫峻の暗殺を企てたものの発覚する。孫儀は自殺し林恂らは処刑された。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

【08月】
辛亥(しんがい)の日(2日)
蜀の大将軍の姜維が魏の狄道(てきどう)に侵攻する。魏の雍州刺史(ようしゅうしし)の王経(おうけい)は洮西(とうせい)で大敗し、引き返して狄道城を守った。

戊辰(ぼしん)の日(19日)
魏の曹髦が太尉(たいい)の司馬孚(しばふ)を狄道に遣わし、蜀の姜維に対する魏の後続部隊とする。

この記事は、次の辛未(しんび)の日(22日)の記事のあとに置かれていた。しかし戊辰の日(19日)とあるわりには、鄧艾(とうがい)や陳泰(ちんたい)の後続部隊として遣わされたようにも取れる。やや記事の順番がわかりにくいものの、干支(かんし)の並びは合っている。

辛未の日(22日)
魏の曹髦が長水校尉(ちょうすいこうい)の鄧艾を行安西将軍(こうあんぜいしょうぐん)に任じ、征西将軍(せいせいしょうぐん)の陳泰と協力して狄道に侵攻した蜀の姜維を防ぐよう命ずる。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

⇒夏
蜀の姜維がまたも諸軍をひきいて魏の狄道に出撃し、魏の雍州刺史の王経を洮西で大破する。王経は退却して狄道城に立てこもり、姜維も退いて鍾提(しょうてい。鍾題〈しょうだい〉)に留まった。
『三国志』(蜀書・後主伝)

【09月】
庚子(こうし)の日(21日)
魏の曹髦が『尚書(しょうしょ)』を学び終え、経典(けいてん)を手に親しく講義にあたった司空(しくう)の鄭沖(ていちゅう)と侍中(じちゅう)の鄭小同(ていしょうどう)らに、それぞれ格差をつけて品物を下賜する。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【09月】
甲辰(こうしん)の日(25日)
蜀の大将軍の姜維が侵攻していた魏の狄道から撤退する。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【10月】
魏の曹髦が詔(みことのり)を下し、先の洮西での敗戦で戦死したり、蜀の捕虜になった者たちへの心痛を表したうえ、「関連する郡の典農(てんのう)および安夷護軍(あんいごぐん)、撫夷護軍(ぶいごぐん)は、それぞれ所轄の長に割り当ててこれらの家々を慰問させ、賦役(ふえき)を1年間免除するように」と命ずる。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【11月】
甲午(こうご)の日(16日)
魏の曹髦が隴右(ろうゆう)の4郡(隴西〈ろうせい〉・南安〈なんあん〉・天水〈てんすい〉・広魏〈こうぎ〉)および金城郡(きんじょうぐん)で、連年の敵の侵攻により逃亡したり賊軍に身を投じた者について特別に恩赦を与える。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【12月】
癸丑(きちゅう)の日(5日)
魏の曹髦が詔を下し、先の洮西での敗戦で戦死した者の遺骨が原野に放置されたままになっていることへの心痛を表したうえ、「征西将軍(陳泰)と安西将軍(鄧艾)は、それぞれ部下に命じて戦場や船着き場で遺体を捜索させ、これを収容して埋葬し、死者と遺族の心を慰藉(いしゃ。慰謝)せよ」と命ずる。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【12月】
呉の孫亮が太廟(たいびょう。始祖の孫堅〈そんけん〉の廟)を建てる。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

⇒12月
呉の孫亮が都の建業(けんぎょう)に太廟を建て、孫権(そんけん)を「太祖(たいそ)」として祭る。
『正史 三国志8』の年表

このときに祭られたのが「孫堅」なのか「孫権」なのか、はっきりしなかった。また、翌256年の『三国志』(呉書・孫亮伝)の裴松之注に引く『呉歴(ごれき)』に「呉の孫亮が孫権の廟を建て、それを『太祖廟』と呼ぶ」という記事もあり余計わかりにくい。

【?月】
この年、呉の孫亮が衛尉(えいい)の馮朝(ふうちょう)に命じ、広陵(こうりょう)に城を築かせた。また、将軍の呉穣(ごじょう)を広陵太守(こうりょうのたいしゅ)に、留略(りゅうりゃく)を東海太守(とうかいのたいしゅ)に、それぞれ任じた。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

【?月】
この年、呉はひどい干ばつに見舞われた。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

【?月】
この年、呉の孫亮が馮朝を監軍使者(かんぐんししゃ)・督徐州諸軍事(とくじょしゅうしょぐんじ)に任じた。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

【?月】
この年、呉では民衆が飢え、兵士たちも不満を抱き、その心が呉から離れた。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 250年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました