254年(〈魏の嘉平6年〉→正元元年・蜀の延熙17年・呉の五鳳元年)の主な出来事

-254年- 甲戌(こうじゅつ)
【魏】 (嘉平〈かへい〉6年) → 正元(せいげん)元年 ※少帝(しょうてい。曹芳〈そうほう〉) → 高貴郷公(こうききょうこう。曹髦〈そうぼう〉)
【蜀】 延熙(えんき)17年 ※後主(こうしゅ。劉禅〈りゅうぜん〉)
【呉】 五鳳(ごほう)元年 ※会稽王(かいけいおう。孫亮〈そんりょう〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【01月】「呉(ご)の改元」
呉の孫亮が昨年の決定に従い、「建興(けんこう)」を「五鳳」と改元する。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

【01月】
蜀(しょく)の姜維(きょうい)が成都(せいと)に帰還する。
『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・後主伝〈こうしゅでん〉)

【?月】
蜀の劉禅が大赦を行う。
『三国志』(蜀書・後主伝)

【02月】
己丑(きちゅう)の日(1日)
魏(ぎ)の鎮東将軍(ちんとうしょうぐん)の毌丘倹(かんきゅうけん)が、先(253年)の合肥新城(ごうひしんじょう)での戦いにおける、戦士の劉整(りゅうせい)と鄭像(ていぞう)の活躍ぶりを上言する。

これを受け曹芳は、亡きふたりに関中侯(かんちゅうこう)の爵位を追贈したうえ兵士の名簿から外させた。さらにその息子たちに爵位を継がせ、部隊長が戦死した際の取り決めに従うよう命じた。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・斉王紀〈せいおうぎ〉)
253年(魏の嘉平5年・蜀の延熙16年・呉の建興2年)の主な出来事
-253年- 癸酉(きゆう)【魏】 嘉平(かへい)5年 ※少帝(しょうてい。曹芳〈そうほう〉)【蜀】 延熙(えんき)16年 ※後主(こうしゅ。劉禅〈りゅうぜん〉)【呉】 建興(けんこう)2年 ※会稽王(かいけいおう。孫亮〈そんり...

【02月】
庚戌(こうじゅつ)の日(22日)
魏の中書令(ちゅうしょれい)の李豊(りほう)が、張皇后(ちょうこうごう)の父で光禄大夫(こうろくたいふ)の張緝(ちょうしゅう)らと結託し、大臣を更迭して太常(たいじょう)の夏侯玄(かこうげん)を大将軍(だいしょうぐん)にしようと企てる。この計画が露見したため関係者はことごとく誅殺された。
『三国志』(魏書・斉王紀)

【02月】
辛亥(しんがい)の日(23日)
魏の曹芳が大赦を行う。
『三国志』(魏書・斉王紀)

【03月】
魏の曹芳が張皇后を廃位する。
『三国志』(魏書・斉王紀)

【04月】
魏の曹芳が王氏(おうし)を皇后に立てたうえ大赦を行う。
『三国志』(魏書・斉王紀)

【05月】
魏の曹芳が、王皇后の父で奉車都尉(ほうしゃとい)の王夔(おうき)を広明郷侯(こうめいきょうこう)に封じたうえ光禄大夫・特進(とくしん)に任ずる。また、王夔の妻の田氏(でんし)を宣陽郷君(せんようきょうくん)に封じた。
『三国志』(魏書・斉王紀)

【06月】
蜀の姜維が軍勢をひきい、またも魏の隴西(ろうせい)に出撃する。
『三国志』(蜀書・後主伝)

【夏】
呉で洪水が起こる。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫亮伝〈そんりょうでん〉)

【09月】
魏の大将軍の司馬師(しばし)が曹芳の廃位を企て、その旨を郭太后(かくたいこう)に上奏する。
『三国志』(魏書・斉王紀)

『世語(せいご)』および『魏氏春秋(ぎししゅんじゅう)』…この年(254年)の秋、蜀の姜維が隴右(ろうゆう)に侵入した。このとき許昌(きょしょう)を鎮守していた安東将軍(あんとうしょうぐん)の司馬昭(しばしょう)が姜維征伐のため召還され、洛陽(らくよう)に到着した。中領軍(ちゅうりょうぐん)の許允(きょいん)らは、司馬昭が曹芳にあいさつに来たところを殺害し、大将軍の司馬師をも追放しようと企んだ。しかし、司馬昭が参内したとき曹芳がおじけづき、事を起こそうとしなかった。このことが原因で、司馬師は曹芳の廃位を謀ったのである。

裴松之(はいしょうし)の考え…『三国志』(魏書・夏侯玄伝)および『魏略(ぎりゃく)』を参照したところでは、許允はこの年の春に起きた李豊の事件と関係があった。李豊が誅殺されたあと、許允は鎮北将軍(ちんぼくしょうぐん)として都から転出させられた。その後、許允は出発しないうちに、官品の管理が放漫だったかどで逮捕され廷尉(ていい)に引き渡された。許允は楽浪(らくろう)に流刑となったが、その途中で追手に殺害されている。だから許允がこの年の秋に領軍となり、こうした計画を立てることはあり得ないはずである。

【09月】「曹芳の廃位」
甲戌の日(19日)
魏の郭太后が、好色(こうしょく)を理由に曹芳の廃位を命ずる。このとき23歳だった曹芳は斉王として帰藩することになった。
『三国志』(魏書・斉王紀)

『魏書』…司馬師が群臣らとともに、郭太后に曹芳の廃位と斉への帰藩を求めた上奏について。

『魏略』…司馬師の使いとして郭芝(かくし)が参内し、郭太后に曹芳の廃位に同意するよう迫った話と、郭太后の意見を容れ、彭城王(ほうじょうおう)の曹拠(そうきょ)ではなく高貴郷公の曹髦を帝位に迎えることにした話。

【09月】
丁丑(ていちゅう)の日(22日)
魏の郭太后が令を下す。「東海王(とうかいおう)の曹霖(そうりん)は高祖文皇帝(こうそぶんこうてい。曹丕〈そうひ〉)の息子であり、その曹霖の息子たちは帝室と最も近い縁戚にあたる。曹霖の息子で高貴郷公の曹髦には立派な人物となる器量があるゆえ、彼を明帝(めいてい。曹叡〈そうえい〉)の後継者とする」というもの。
『三国志』(魏書・斉王紀)

『魏書』…高貴郷公(曹髦)を元城(げんじょう)へ迎えに行ったときの話。

『魏世譜(ぎせいふ)』…晋(しん)が魏から禅譲を受けると、斉王の曹芳を邵陵県公(しょうりょうけんこう)に封じた。その後、曹芳は晋の泰始(たいし)10(274)年に43歳で死去し、厲公(れいこう)と諡(おくりな)された。

【10月】
己丑の日(4日)
魏の曹髦が玄武館(げんぶかん)に到着。群臣は前殿(ぜんでん)に宿営するよう要請したが、曹髦は先帝(曹芳)ゆかりの場所だったため遠慮し、西廂(せいそう)に宿を取った。また、群臣は「法駕(ほうが。天子〈てんし〉の御車〈みくるま〉の一種)にてお出迎えしたい」と申し入れたが、曹髦は許さなかった。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀〈こうききょうこうぎ〉)

【10月】「曹髦の即位」
庚寅(こういん)の日(5日)
魏の曹髦が洛陽(らくよう)に入城。群臣が西掖門(せいえきもん)の南で出迎えて拝礼したところ、曹髦は輿(くるま)から降り答拝しようとした。案内役の者が「儀礼では答拝しないことになっております」と伝えたものの、曹髦は「私は人臣である」と言い、そのまま答拝を行った。止車門(ししゃもん)まで来ると曹髦は輿を降りた。

側近の者が「古くからのしきたりでは、輿に乗ったまま入ることになっております」と伝えると、曹髦は「私は皇太后(郭氏)のお召しを受けたのだ。まだどうなるかわからない」と言い、そのまま徒歩で太極東堂(たいごくとうどう)まで行き皇太后に目通りした。

曹髦はその日のうちに太極前殿(たいごくぜんでん)で即位し、席次についている百官はみな喜びに浸った。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

『魏氏春秋(ぎししゅんじゅう)』…このときの曹髦の様子。司馬師が鍾会(しょうかい)に曹髦の資質について尋ねた話。

【10月】「魏の改元」
魏の曹髦が詔を下し、即位にあたっての意気込みを示す。また大赦を行い、「嘉平」を「正元」と改元した。さらに車馬・輿・衣服・後宮の経費を削減し、御府(ぎょふ)や尚方(しょうほう。天子の刀剣や器具を製作する官)の管轄する、各種の職人らが技術を凝らした、華美ながら無益な品物の製作をやめさせた。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

⇒10月
魏の司馬師が高貴郷公の曹髦を帝位に即ける。このとき14歳。曹髦は「嘉平」を「正元」と改元した。
『正史 三国志8』の年表

【10月】
壬辰(じんしん)の日(7日)
魏の曹髦が、配下の侍中(じちゅう)に節(せつ。使者のしるし)を持たせ四方に分遣する。これらの者に各地の風俗を観察するよう命じ、士民を慰労し、無実の罪によって失職している者がいないか調査させた。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【10月】
癸巳(きし)の日(8日)
魏の曹髦が大将軍の司馬師に黄金の鉞(まさかり。軍権の象徴)を貸し与えたうえ、「参内した際に小走りをせず、上奏する際に名前を称さず、剣を帯びたまま上殿してもよい」という特権を与えた。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【10月】
戊戌(ぼじゅつ)の日(13日)
魏の鄴(ぎょう)の井戸の中に黄色い龍が現れる。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【10月】
甲辰(こうしん)の日(19日)
魏の曹髦が担当官庁に詔を下し、このたびの皇帝廃立における功績の調査を命ずる。その結果を受けそれぞれに格差をつけ、封爵や領地の加増、官位の昇進、下賜品の分配が行われた。
『三国志』(魏書・高貴郷公紀)

【11月】
彗星が斗宿(としゅく。いて座の中央部。南斗六星〈なんとろくせい〉)と牛宿(ぎゅうしゅく。やぎ座)のあたりに現れる。
『三国志』(呉書・孫亮伝)

【冬】
蜀の姜維が魏の狄道(てきどう)・河間(かかん)・臨洮(りんとう)の3県を陥落させ、その地の民を蜀の緜竹(めんちく)・繁県(はんけん)の両県に移住させる。
『三国志』(蜀書・後主伝)

⇒06月
蜀の姜維が魏の隴西に出撃し、狄道・河間・臨洮の3県を陥す。この際、張嶷(ちょうぎょく)が戦死した。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補・改訂版』(坂口和澄〈さかぐち・わずみ〉著 潮書房光人社)の『三国志』年表

6月に姜維が隴西に出撃したことは、先の『三国志』(蜀書・後主伝)の記事にも見えた。

【?月】
この年、呉の交趾(こうし)で、稗草(ひえ)が稲に変わるという現象が起こった。
『三国志』(呉書・孫亮伝)の裴松之注に引く『江表伝(こうひょうでん)』

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 250年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました