158年(〈漢の永寿4年〉→延熹元年)の主な出来事

-158年- 戊戌(ぼじゅつ)
【漢】 (永寿〈えいじゅ〉4年) → 延熹(えんき)元年 ※桓帝(かんてい。劉志〈りゅうし〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【03月】
己酉(きゆう)の日(4日)
桓帝が初めて鴻徳苑令(こうとくえんれい)の官を設置する。
『後漢書(ごかんじょ)』(桓帝紀〈かんていぎ〉)

【05月】
己酉の日(4日)
桓帝が大いに公卿(こうけい)以下の百官と会し、それぞれに差をつけて賞賜を下す。
『後漢書』(桓帝紀)

【05月】
甲戌(こうじゅつ)の日(29日)、晦(かい)
日食が起こる。
『後漢書』(桓帝紀)

【05月】
太史令(たいしれい)の陳授(ちんじゅ)が日食にかこつけ、梁冀(りょうき)の専横を非難する上陳を行う。 梁冀は陳授を捕らえて獄死させた。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

【05月】
洛陽(らくよう)で蝗(イナゴ)による害が発生する。
『後漢書』(桓帝紀)

【06月】「漢(かん)の改元」
戊寅(ぼいん)の日(4日)
桓帝が大赦を行い「永寿」を「延熹」と改元する。
『後漢書』(桓帝紀)

【06月】
丙戌(へいじゅつ)の日(12日)
桓帝が、中山国(ちゅうざんこく)を分けて博陵郡(はくりょうぐん)を設置し、孝崇皇(こうすうこう)の園陵に充てる。
『後漢書』(桓帝紀)

『全譯後漢書 第2冊』(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉、岡本秀夫〈おかもと・ひでお〉、池田雅典〈いけだ・まさのり〉編 汲古書院)の補注によると「銭大昕(せんたいきん)は『隷釈(れいせき)』により、博陵郡には少なくとも蠡吾(れいご)・安国(あんこく)・安平(あんぺい)・南深沢(なんしんたく)・高陽(こうよう)の諸県が属しており、もともと安平と南深沢は安平国に、高陽は河間国(かかんこく)に、それぞれ属していたことから、このときの博陵郡は中山国のみから分割したわけではないことを指摘している」という。

【06月】
桓帝が大規模な雩祭(うさい。雨乞いの儀礼)を執り行う。
『後漢書』(桓帝紀)

【07月】
甲子(こうし)の日(20日)
桓帝が太尉(たいい)の黄瓊(こうけい)を罷免し、太常(たいじょう)の胡広(ここう)を太尉に任ずる。
『後漢書』(桓帝紀)

【07月】
己巳(きし)の日(25日)
雲陽県(うんようけん)で地割れが起こる。
『後漢書』(桓帝紀)

【10月】
桓帝が広成苑(こうせいえん)で狩猟を行い、上林苑(じょうりんえん)にも行幸する。
『後漢書』(桓帝紀)

【12月】
鮮卑(せんぴ)が辺境に侵攻する。使匈奴中郎将(しきょうどちゅうろうしょう)の張奐(ちょうかん)が、南匈奴(なんきょうど)の単于(ぜんう)をひきいてこれを討ち破った。
『後漢書』(桓帝紀)

⇒12月
南匈奴の諸部がそろって反乱を起こし、烏丸(うがん)や鮮卑とともに縁辺の諸郡に侵入したものの、張奐がこれを討ち破った。
『正史 三国志8』の年表

【?月】
この年、桓帝が皇女の劉華(りゅうか)を陽安長公主(ようあんちょうこうしゅ)に封ずる。劉華は、のちに不其侯(ふきこう)・輔国将軍(ほこくしょうぐん)となる伏完(ふくかん)に降嫁した。
『後漢書』(皇后紀〈こうごうき〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
150年代 正史年表
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました